秋の味覚さんまを楽しむしょうがを使ったレシピ5選

秋の味覚の代表格のさんま。旬の時期は9月~10月の約2ヶ月弱と短いので、そんな時期には毎日でも食べて美味しいさんまを楽しみたいですね。そのまま塩焼きにして食べてももちろん美味しいですが、アレンジする事で毎日食べても飽きずに楽しめるしょうがを一緒に使ったレシピをご紹介します。

秋の味覚さんまを楽しむしょうがを使ったレシピ5選
出典: moguna

旬の時期には一度は食べたい「焼き魚より食べやすいさんま飯」

旬の脂がのったさんまが手に入る時期には一度は食べたい、秋の香りが存分に楽しめるさんま飯のご紹介です。
さんまの表面に塩を振ってトースターで両面こんがり焼き上げ、粗熱が取れたら身をほぐして骨と内臓を取り除きます。醤油、白いりごま、塩と共に炊きたてのご飯に混ぜ合わせ、上にねぎとしょうがの細切りを乗せれば完成です。
さんまを塩焼きにしてそのままいただくのも美味しいですが、身をほぐしてご飯に混ぜ込む事でお子さまにも食べやすくなりますよ。鮭フレークは食べるけど、魚はほとんど食べないというお子さまにもぜひチャレンジしていただきたい一品です。

魚嫌いも食べやすい「カレー風味のさんま春巻き」

カレー粉としょうがでさんまの臭みを取り除き、春巻きに包んで揚げることで魚が苦手な方にも食べやすくなったカレー風味のさんま春巻きのご紹介です。
3枚おろしにして骨を取り除いたさんまを3~4cmの長さの棒状に切り、みじん切りにしたしょうがと塩、醤油、料理酒、カレー粉、砂糖、片栗粉、ごま油と一緒に混ぜます。にらとねぎと一緒に春巻きの皮でしっかり包み、油で揚げれば完成です。
さんま1尾で2人前の春巻きができるので、食べる人数に対してさんまの量が少ない時にもボリュームのあるおかずができてしまいます。

青じその風味が美味しさを引き立てる「さんまの梅じそロール揚げ」

梅干しと青じその風味が美味しいさんまの揚げ春巻きのご紹介です。
さんまを3枚おろしにして腹骨を取り除き、醤油、料理酒、しょうが汁で下味をつけます。さんまと一緒に青じそ、マヨネーズを混ぜた梅干しの果肉を巻き、爪楊枝で止めて片栗粉をまぶし、フライパンで揚げます。一口サイズにカットして素揚げしたなすと一緒に器に盛れば完成です。
お弁当のおかずにも、おつまみにも色んなシーンで楽しめそうな一品です。

野菜の彩りがキレイな「揚げさんまの甘酢がけ」

一品で野菜もきのこもさんまと一緒にたっぷり食べられる、彩りもキレイな揚げさんまの甘酢がけのご紹介です。
さんまの頭を切り落とし、はらわたを取り出したら食べやすい大きさにカットします。料理酒、醤油、みりん、砂糖で下味をつけて10分ほど置きます。水分をふき取り、両面に片栗粉を振り、油で揚げます。
別のフライパンで人参、玉ねぎ、えのき、しめじを炒め、しんなりしてきたら砂糖、料理酒、酢、醤油、唐辛子、なめこを加えて4分炒め、しょうが汁と枝豆を加えて火を止め、全体を混ぜあわせます。油を切ったさんまをお皿に盛り、炒めた野菜をかければ完成です。
フライパンに少量の油で揚げ焼きにすればその後の油の処理も簡単ですよ。

フライパンで煮るだけ「さんまの辛味噌煮」

最後にご紹介するのは、ピリッと辛い味噌味でご飯が何杯でも食べられそうなさんまの辛味噌煮のご紹介です。
フライパンにだし汁、料理酒、砂糖、みりん、にんにく、しょうがを入れて中火にかけ、沸騰したら頭を落として半分に斜め切りしたさんまを加え、中火で煮込みます。火が通ったら味噌と豆板醤を加えて更に煮汁が少なくなるまで煮込みます。煮汁と一緒に器に盛り、上に白髪ねぎをのせていりごまをふれば完成です。
フライパンに材料を入れて煮込むだけなので、他の料理と一緒同時進行で作れます。冷めても美味しいので作り置きにもおすすめです。

いかがでしたか。ご飯物、揚げ物、煮物と色んなレシピをご紹介しました。お子様が食べる際にはさんまと一緒に使ったしょうがの量を調整して家族みんなで楽しんでみてください。

魚介
さんま

秋の代表的味覚、さんま。塩焼き以外に食べ方が分からないという方も多いのではないでしょうか。実は今回ご紹介する「さんま×オ...
moguna編集部
そのまま焼いただけで十分ごちそうになるさんまですが、少し手を加えると全く違った魅力を見せてくれます。 今回は、さんまの...
moguna編集部
さんまは身近な魚ですね。塩焼きにする事が多いと思いますが、にんにくと合わせることで、和から洋までレパートリーが広がります...
moguna編集部
秋に旬を迎える食材は多くありますが、中でもさんまは代表的な秋魚です。脂が乗ったさんまなら、おもてなし料理として大活躍して...
moguna編集部
みなさんご存知の通り、さんまは秋の魚と書いて「秋刀魚」です。秋になったらぜひ食べたい魚ですよね。 旬のさんまは脂がたっ...
moguna編集部
旬を迎えて脂がのった「さんま」は、塩焼きしただけでご馳走になりますが、もっとさまざまな料理に活用すれば、まったく違った魅...
moguna編集部
漢字で表現すると秋という文字が入る魚といえば、真っ先に思い浮かべるのがさんま(秋刀魚)ですね。腹ワタも取らずにそのまま丸...
moguna編集部
夕食の食卓の定番、安くて美味しい手軽な魚のさんま。 そんなさんまもちょっとひと工夫すると立派なおもてなし料理に変身しま...
moguna編集部