玉ねぎプラスで美味しさ倍増!サバを使った極上レシピ4選

脂がのったサバは、玉ねぎとの相性が抜群です。生の玉ねぎではピリッとした辛みがアクセントになり、加熱した玉ねぎではまろやかさがプラスされ、サバの美味しさが引き立てられます。 今回はサバと玉ねぎを組み合わせたレシピを厳選してご紹介します。前菜からサラダ、メインディッシュまで、多種多様なレシピをどうぞご活用ください。

サバと玉ねぎのソースが合う!「サバの酒蒸し」

まず最初にご紹介するのは、玉ねぎとサバの相性の良さを実感できる「サバの酒蒸し」です。電子レンジを使って簡単にインパクトのある美味しさに仕上がりますよ。
サバは塩こしょうをふり、酒をかけて5分ほど置いたあとで電子レンジで蒸し煮にします。にんじんやごぼうも千切りにして、電子レンジで加熱しましょう。玉ねぎはすりおろして、黒ごま、レモンと合わせてソースを作ります。加熱したにんじん、ごぼう、サバの蒸し汁と混ぜ合わせて、蒸しサバの上にたっぷりとかけます。
しっとりとしたサバと野菜を合わせて食べると、玉ねぎソースのピリッとした辛みが程よく、レモンの香りも良いアクセントになって、さっぱりと美味しくいただけます。

洋風のおしゃれなサバレシピ「サバのアグロドルチェ」

次にサバと玉ねぎのシンプルな美味しさを堪能できる「サバのアグロドルチェ」をご紹介します。
アグロドルチェはイタリア語で「甘酸っぱい」という意味の言葉で、シチリア地方では甘酸っぱく仕上げた料理をそう呼ぶことが多いようです。
作り方をご紹介しましょう。にんにくと玉ねぎをオリーブオイルで炒め合わせ、ワインビネガー、砂糖、塩こしょうを加えて手早く炒めたら、鍋に水を加えて下処理をしたサバを加えます。沸かないくらいの火加減で5分ほど煮たら火を止めて、15分ほど余熱で置いておくことでサバにしっかりと火を通します。
玉ねぎとサバを合わせただけのシンプルなレシピですが、玉ねぎの甘みとワインビネガーの酸味が程よくマッチし、しっとりとやわらかいサバが絶品です。

冷凍玉ねぎとサバ缶で時短煮込み「サバのとろとろトマトソース煮」

次にご紹介するのは、カフェご飯のようなおしゃれな雰囲気の一皿です。サバ缶とトマトの水煮缶という、意外性のある組み合わせで作る時短レシピです。
今回は冷凍玉ねぎを使って炒め時間を短縮していますが、生の玉ねぎを使ってもOKです。その場合は、いったん電子レンジで加熱してから使うと炒め時間を短縮できますよ。
にんにくの香りも良いアクセントになり、トマトの酸味や玉ねぎの甘みがマッチし、サバが一層美味しく味わえます。仕上げにパセリを散らして、彩り良く仕上げましょう。
パルメザンチーズをかけるとコクが増して美味しいですよ。

サバ缶を使った新しいポテトサラダ「サバ缶のじゃがマヨサラダ」

最後に、新玉ねぎとサバ缶を合わせたお手軽でボリューム満点のポテトサラダをご紹介します。いつものポテトサラダに飽きたら、こんな目新しいレシピはいかがでしょうか。
じゃがいもを電子レンジで加熱して塩こしょうで味つけしたら、水にさらした新玉ねぎ、サバ缶、マヨネーズ、粒マスタードを加えて混ぜ合わせるだけで完成です。
サバ缶を活用することで下処理やむずかしい工程を省き、あっという間にできるお手軽レシピです。新玉ねぎのフレッシュな辛みが、サバのこってりとしたうま味を引き立ててくれ、箸が止まらない美味しさです。

サバと玉ねぎを合わせた多彩なレシピをご紹介してきましたが、いかがでしたか。
生でも加熱しても美味しい相性抜群の玉ねぎと合わせて、サバの美味しさを味わい尽くしましょう。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部