秋に食べたい!すぐにでも作りたい人気のさんまレシピ5選

秋が旬のさんまですが、いつもどんな料理で召し上がっているでしょうか。どうせなら色々なレシピでさんまの料理を作ってみたいですよね。今回は、人気のさんまレシピを5つご紹介します。和食や洋食で手軽に作れるレシピが多いので、ぜひお試しください。

やみつきになる人気のレシピ「さんまの蒲焼丼」

さんまを一匹全部使って作る蒲焼丼は、ボリュームたっぷりでご飯がすすみます。
まずは、さんまの準備です。頭を落とし内臓を取り出したら冷水で洗います。洗い終わったら、三枚におろしましょう。食べやすいように腹骨を丁寧にとり、小麦粉をまぶしてフライパンで両面を焼きます。さんまが焼けたら、しょうゆ、砂糖、みりんなどを混ぜた合わせ調味料を加え、さんまと絡めれば蒲焼のできあがりです。最後にご飯にさんまの蒲焼をのせタレをかけたら、みょうがや大葉、ごまをのせましょう。
旬のさんまをおいしく味わえるレシピです。

簡単すぐできる炊き込みご飯「サンマ缶の炊き込みご飯」

続いてご紹介するレシピは、さんまの蒲焼缶を使って作る炊き込みご飯です。さんまは好きでもさばくのは苦手、という方にとって缶詰は大助かりですね。炊飯器で一緒に炊くだけですので、簡単にできるレシピになっています。
研いだ米を炊飯器に入れたら、さんまの蒲焼缶を汁ごと入れてください。次にめんつゆ、しょうが、料理酒を加え、通常の米を炊く水の量より少し多めの水を入れ炊飯器で炊きましょう。ご飯につやが出るように炊き上がり後に全体を混ぜ、バターを加えてしばらく置きます。最後にご飯を器に盛って、梅干しとわさびを添えましょう。さんまのうま味が詰まった炊き込みご飯は格別のおいしさですよ。

和風パスタも簡単!「水菜とさんま蒲焼き缶の和風パスタ」

続いては、さんまの蒲焼き缶を使った和風パスタのご紹介です。さんまの蒲焼はしっかりと味がついていますので、味付けに失敗することなくおいしい和風パスタを作れます。
さんまの蒲焼き缶を汁ごとボウルに移しほぐします。さんまの蒲焼きがほぐれたら、水菜とオリーブオイル、ケチャップを加えてさらに混ぜ、パスタの茹で汁を少し加えて混ぜ合わせます。あとは、茹であがったパスタを加えて和えればできあがりです。簡単に短時間でできますので、時間がないときにも役立つレシピです。

じっくり煮込んでうま味凝縮「さんまのガーリックオイル煮」

さんまをガーリックオイルで煮ることで、うま味をさらに凝縮させたレシピのご紹介です。
まずはさんまの頭を切り落とし、3~4等分に切ったら腹わたを取って水で洗います。水気をよく拭き取ったら、塩こしょうをふり10分ほどおいてください。フライパンに薄切りにしたにんにくとオリーブオイルを入れ、弱火でじっくりにんにくの香りを出します。最後に、さんまを入れて煮ましょう。にんにくの風味が絡み、さんまのうま味もグッと凝縮されています。

イタリアンでおしゃれに!「さんまのイタリアンソテー」

最後にご紹介するのが、「さんまのイタリアンソテー」です。にんにくとパセリの香り豊かなイタリアンソテーで、いつもとは違ったさんまを味わってみてください。
さんまは頭と内臓だけを取ります。内臓を上手に取るコツは、頭に切り込みを入れ頭をそっと引っ張ることです。こうすることで、内臓をスルッと取り出せますよ。次にさんまの両面に8mm間隔で切り込みを入れ、半分に切りましょう。
にんにくとオリーブオイルを熱したフライパンに入れ香りがしてきたら、さんまを焼きます。片面を返したときに、ローリエ、唐辛子、ミニトマトを入れて一緒に焼きます。さんまが焼けてきたら、ワインと塩こしょうで味をととのえ、1分ほど炒め合わせましょう。表面がカリッとしたさんまのイタリアンソテーは絶品です。

人気レシピは和食が並びましたが、洋食のレシピも人気があります。さんまをさばくのが苦手な方にとっては作りやすい、缶詰を活用したレシピも人気がありましたね。ご紹介したレシピの中から、ぜひ作ってみたいと感じたさんまレシピを作ってみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部