名前の通りの万能野菜!万能ねぎをたっぷり使ったレシピ5選

軽い食感と扱いやすさが魅力的な万能ねぎ、小口切りにして冷凍保存すれば気軽にそのまま使うこともできるので、日々の食事作りに欠かせない存在ですよね。薬味としての登場頻度が高くなりがちな食材ですが、メイン級の食材としても活躍してくれますよ。今回は、万能ねぎを使ったレシピを集めてみました!

車麩でボリュームを加えたさわやかな和え物「万能ねぎと車麩のザーサイ梅和え」

万能ねぎを存分に味わいたい時にぜひ作って頂きたい、さっぱりとした和え物をご紹介します。
ボウルにザーサイ、種を取ってちぎった梅干し、ごま油を入れて混ぜたら、斜め切りの万能ねぎと水に戻して手でちぎった車麩を加えてよく和え、塩胡椒で味を調えて出来上がりです!
万能ねぎは大き目に切ることが食感と見映えよく仕上げるポイントですよ。葱や車麩、ザーサイの異なる食感が楽しめる副菜メニューです!

まるでお店のような絶品がんもどき 万能ねぎたっぷり「カリふわ自家製がんも」

煮物やおでんの具材として頂くことが多いがんもどき、市販品も多く出回っていますが、ご自宅で作ってみるのもおすすめです。作り立ての自家製がんもは高級割烹のような味わいですよ!
豆腐はペーパータオルでよく水切りし、絞ってからボウルに入れて混ぜたら、溶き卵、長芋、片栗粉、塩を加えてさらに練り混ぜます。そこに、小口切りの万能ねぎと千切りのにんじんを加えたら、手にサラダ油をつけながら丸めてフライパンで揚げてできあがりです!
ふんわりアツアツのがんもどきは主役級のおいしさです。少々手間をかけて作れば、おもてなしの一品としても喜ばれますよ!

鶏レバーと万能ねぎで栄養満点 こってり甘辛!「鶏レバーの薬味炒め」

スーパーでお手頃価格で手に入る栄養満点の鶏レバー、ご自宅でぜひ活用した食材のひとつですよね。たっぷりのねぎと合わせればクセのない一品に仕上がりますよ。
フライパンにごま油を熱し、鷹の爪と生姜の千切りを入れて香りが立ったら一口大に切った鶏レバーを加えます。表面の色が変わったら、オイスターソース、はちみつ、酒を加えとろみがつくまで炒めて出来上がりです!たっぷりの小口切りの万能ねぎをのせて召し上がってください。
オイスターソースとはちみつのコク、たっぷりの薬味がレバーのクセを和らげてくれて食べやすいお味です。レバーが苦手な方にもおススメしたいレシピですよ!

油揚げにたっぷりの万能ねぎをのせた和風メニュー「油揚げのねぎきのこのせ焼き」

オーブンで作れる、油揚げを使ったお酒にぴったりのおつまみレシピをご紹介します。
油揚げは三辺を落として開き、縦半分に切りましょう。開きにくい時は菜箸をコロコロと転がすとはがれやすくなりますよ。
フライパンにごま油を熱して、切り落とした油揚げのみじん切り、小房に分けたまいたけとしめじ、小口切りの葱をしょうがとともに炒めます。2分ほど炒めたら塩胡椒、酒、醤油、とパルミジャーノチーズを加えて絡め、油揚げに乗せます。さらに上からパルミジャーノチーズを振って200度のオーブンで7分ほど焼いて出来上がりです!
カリカリの油揚げと葱ときのこの香ばしさが相性抜群です。お好みで七味唐辛子を振っても美味しいですよ。

豆板醤の辛味が後を引く「万能葱の肉巻き照り焼き」

こちらは豚肉のねぎ巻きを、豆板醤の甘辛だれで照り焼きにしたこってり味がたまらない一品です。
まな板に豚肉を広げ、7,8cmに切った万能ねぎを肉を斜めにずらしながらきっちりと巻き、豚肉巻きを作っておきます。
フライパンにサラダ油を熱して、巻き終わりを下にして並べ入れ、転がしながら焼きます。全体に焼き色がついたら、みりん、水、醤油、豆板醤を合わせた照り焼きダレを加えて煮詰め、照り焼きにしましょう。最後に白ごまを振って出来上がりです!
濃厚な味付けなので冷めても美味しく、お弁当にもおススメの一品です。

いかがでしたか。万能ねぎをたっぷり堪能できるレシピが沢山ありますね。薬味にしておくだけではもったいない万能ねぎ、気になったレシピをぜひお試しくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  2. 2がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4旬を味わう♪春パスタ特集moguna編集部
  5. 5短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部