辛味と甘味をたっぷり味わう!長ネギを使った人気レシピ5選

日々の食卓に欠かせない長ネギ、辛味はもちろん、細かく切ったり加熱すると甘味やうまみも引き出されますよね。薬味としていただくだけではもったいない魅力的な野菜です。今回は、そんな長ネギをたっぷり味わえるレシピを集めてみました!

長ネギたっぷりの本格派!おつまみにも人気のレシピ「カツオのタルタルユッケ」

スーパーで気軽に手に入るカツオのたたきをひと手間加えていつもと違う一品に仕上げてみませんか。ご飯のお供にも、お酒のおつまみとしてもおすすめのカツオのタルタルユッケをご紹介します。
長ネギをみじん切りにしてごま油、醤油、豆板醤、白ごまと和えてネギだれを作っておきます。カツオのたたきを1.5cm角の角切りにしたら、ネギだれによく和えて器に盛り付け、卵黄をのせて出来上がりです!
最後に白ネギをトッピングして、シャキシャキの食感を楽しんでくださいね!卵黄を絡めながらいただくとコクのある濃厚な味わいに仕上がります。たっぷりのネギとカツオが相性抜群で、刺身の臭みが苦手な方にもお試しいただきたいレシピです!

コクのある甘辛味噌味 お弁当に人気の長ネギレシピ「鶏肉の甘辛味噌焼き」

ゴロゴロの長ネギを甘辛味噌味の鶏肉といっしょにいただく、ご飯と相性抜群の一品がこちらです。
鶏モモ肉は余分な脂肪や筋を取って半分に切り、みりん、砂糖、酒を加えた甘辛味噌を塗りつけておきます。フライパンにサラダ油を熱し、味噌を塗った鶏肉を皮目を下にして並べて蓋をし、焼き色がついたら裏返します。フライパンの空いているところに5cm長さのネギとエリンギを入れて再び蓋をし、十分に火が通ったら出来上がりです!
鶏肉は食べやすく切って野菜と共に器に盛り付けましょう。甘辛味噌と鶏の甘い脂が長ネギの辛味とよくマッチする上品な一品ですよ。

鯖がカリッとジューシー♪長ネギの消費にも人気のレシピ「鯖のおろし竜田」

ジューシーな鯖の竜田あげを、たっぷりの長ネギと大根おろしトッピングでいただく一品をご紹介します。
骨抜きしてヒレを取り一口大に切った鯖を、にんにく、しょうが、麺つゆ、酒を合わせたタレに漬けて20分おきます。下味がしっかりとついたら片栗粉をまぶして、170度の揚げ油でうっすら揚げ色がつくまで揚げます。器に盛り付けたら、麺つゆベースのだし汁をかけ、たっぷりのネギを加えた大根おろしをトッピングして完成です!
カラリと揚がった竜田揚げは、ジューシーでクセのない味わいです。魚が苦手なお子さまも、から揚げ感覚でパクパクと食べてくれそうですよ!

たっぷりの長ネギが決め手 おつまみに人気のレシピ「ささ身と長ねぎのさっぱり和え」

たっぷりの長ネギをささ身とともに和える、さっぱりした副菜レシピがこちらです。
鶏ささ身は筋を取ってひと口大のそぎ切りにして耐熱容器に入れ、ふんわりラップをしてレンジ加熱し、さらに余熱で十分に火を通します。ネギは斜め切りにしてレンジで3分加熱します。ささ身とネギを一緒に器に盛り付け、ポン酢、醤油、ごま油、柚子胡椒を合わせたタレをかけて出来上がりです!
長ネギを大き目にカットすることがポイントです。レンジ加熱でくったりした長ネギは、甘味が引き出されて美味しく仕上がっていますよ。火を使わずに完成するスピードレシピなので、あともう一品!というシーンで活躍させたいですね!

長ネギの甘味が楽しめる あつあつ人気レシピ「ねぎのマヨグラタン」

グラタンといえば、マカロニ、鶏肉、えびなどの食材を使ってメインの一品として作るのが定番ですね。目線をいつもと変えて、長ネギを主役の、副菜やお酒のおつまみになりそうなグラタンはいかがでしょうか。
長ネギを3cmの長さに切ってサラダ油を塗ったグラタン皿に並べ、マヨネーズと南蛮味噌を合わせたソースを掛けます。オーブントースターで7分ほど焼き色がつくまで焼いたら完成です!糸唐辛子をトッピングして召し上がってくださいね。
じっくりとトースターで加熱したネギは十分に甘味が引き出されています。手軽な食材で簡単に作れるレシピですが、意外性のある一品なのでワインと合わせておもてなしでお出しすれば、ゲストが喜んでくれますよ!

いかがでしたか。お酒のおつまみ、お弁当のおかず、メイン料理など幅広くご紹介しました。新しいネギの魅力に出会えるレシピばかりです。ぜひお試しくださいね!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1鶏肉のおいしさを引き出す!はちみつを使った鶏肉レシピ12選あやママ
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部