シャキシャキ小松菜で作る副菜レシピ5選

寒い時期が旬の「小松菜」は、スーパーで手に入りやすいお手頃な野菜ですよね。炒め物やお鍋の具材として使うのももちろん美味しいですが、今晩は少しテイストを変えて、お弁当の常備おかずや食卓にあると喜ばれる副菜を作ってみてはいかがでしょうか。今回は、洋風から和風まで幅広くアレンジの効く小松菜を使った副菜おかず5選をご紹介いたします。

副菜にぴったりのレシピ!「小松菜のふんわり卵とじ」

1つ目にご紹介するレシピは、小松菜を使った、緑と黄色が色鮮やかなフワフワ食感の卵とじです。小松菜と一緒に炒めたツナが良い出汁となって、小松菜が苦手なお子さまも食べやすい味付けになっています。
作り方のポイントですが、小松菜は火が通りやすく、すぐにシナシナになってしまうので、長時間炒めないようにしましょう。サッと手早く炒めることで、小松菜のシャキシャキ食感を保つことができます。

和風だしがじんわり染みるおかず!「小松菜と厚揚げの煮浸し」

続いてご紹介する料理は、小松菜の定番おかずとも言える「小松菜と厚揚げの煮浸し」です。ホッと落ち着く和食が食べたい時にオススメです。
使う材料は、小松菜と厚揚げのたった2つなので、冷蔵庫にある食材でいつでも作ることができる副菜の1つです。
作り方もとても簡単で、醤油とみりんの基本の和風だしに、食べやすい大きさに切った厚揚げと小松菜を入れてあとは煮るだけです。小松菜がしんなりしてきたら、和食の定番おかずの小松菜の煮浸しの完成です!
野菜を使った副菜を作りたい時や、「あともう1品欲しい!」という時に役立つおかずです。

食べ応え満点の副菜レシピ!「小松菜としめじのとろろ和え」

小松菜で食べ応えのあるおかずを作りたくなったら、しめじととろろを使った和え物を作ってみませんか。
すりおろしたとろろと合わせて作る小松菜としめじの和え物は、食欲がない時やさっぱりしたおかずを食べたい時にオススメの1品です。辛味が苦手な方は、唐辛子を入れずに作りましょう。唐辛子抜きなら、お子さまでも食べられる味付けになります。
単品で食べても美味しいですが、ご飯に乗せてもさらにおいしいですよ。

さっぱりとした味付けのおかず!「茹で豚と小松菜の和え物」

小松菜を使った定番おかずに飽きてしまったら、豚肉と小松菜を茹でて作る、ゴマの香りが香ばしいさっぱり味の和え物はいかがでしょうか。
甘辛いゴマ醤油ダレで作る茹で豚と小松菜の和え物は、ひと口食べれば食欲をそそるおかずになっています。タレの香ばしいゴマと生姜の香りが、小松菜の苦味やクセをマイルドにしてくれるので、小松菜自体が苦手な方でも食べやすい味付けになっています。

洋風の味付けの副菜レシピ!「小松菜と鶏肉のクリーム煮」

冷蔵庫の中に中途半端に残ってしまった鶏肉が眠っていませんか。そんな時には、余った鶏肉と小松菜でほっこり温まるクリーム煮を作りましょう。
作り方もとても簡単で、煮立った牛乳と合わせた調味料の中に、切った鶏肉と小松菜を入れて、あとはトロトロになるまで煮込めば完成です。
クリーム煮は、お子さまにも人気の味付けですね。クリーミーな味わいの「小松菜と鶏肉のクリーム煮」は、スープ感覚でも食べられるので、寒い日や朝ごはんにもオススメです。

いかがでしたでしょうか。小松菜は、味自体にクセがなく、小さなお子さまから野菜が苦手な大人まで食べやすい食材の1つです。味や香りにクセが無い分、多種多様にアレンジが効くので、冷蔵庫にストックしておくと便利ですよ。是非、今晩のおかずとしてお役立てください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部