お正月に食べたい&作りやすいスイーツレシピ5選

お正月はおせちや来客準備に大忙しですね。お子様の為にもスイーツを準備してあげたいところですが、この時期は菓子店も休みのところが多く、人の多い外での買い出しも面倒です。ならば、自分で作ってみましょう。お正月らしい和菓子から簡単なケーキまで、厳選のスイーツレシピをご紹介します。

冬の到来を告げるお菓子「亥の子餅」

2019年はいのしし(亥)年ですね。冬の到来を告げる「亥の子餅」をご存知ですか。11月あたりから和菓子店に出回る亥に似せた餡を包んだお餅です。作り方は簡単なので、手作りを楽しんでください。
20gずつ分けたあんこを細長く丸めておきます。耐熱容器に白玉粉と水を混ぜ、電子レンジで加熱しましょう。一度取り出しヘラで混ぜ、再び再加熱します。この作業を生地が透明になるまで繰り返します。 生地が透明になったらベタつかないように、きな粉にまぶします。あんこを包んで形を整えたら完成です。
金串をガス火で焼いて焼印を付ければ本格的な亥の子餅になりますよ。意外と簡単にできる和菓子です。黒豆やイチゴを入れると、黒豆大福や、イチゴ大福にもなりますよ。

余ったパン耳で簡単デザート!パン耳で「バナナブレッドケーキ」

年末の冷蔵庫のお掃除でパンが余っていたらお正月のデザートに使いませんか。薄力粉は不要です。バナナとクッキーとヨーグルトという、お子様が大好きな味で仕上げます。
まず切ったバナナを潰しておきます。卵、砂糖、ヨーグルトは混ぜ合わせ、パンの耳を加えるだけで、生地は完成です。生地→クッキー→バナナ→クッキー→生地→クッキーの順で型に入れ、トップには飾りのバナナを乗せてオーブンで焼きます。焼きあがったらチョコソースをかけて完成です。
濃厚なバナナと、サクサククッキーはお子様の大好物ですよね。

ちょっと大人なスイーツドリンク♪スパイス香る「ココナッツ甘酒」

お正月と言えば甘酒を用意してる家庭も多いと思います。こちらのレシピはなんと、甘酒に、ココナッツとスパイスを加えて大人スイーツ風の甘酒にします。
作り方も簡単です。冷やしておいた甘酒とココナッツミルクをグラスに注ぎ、ホイップクリームを絞ります。シナモン、ジンジャー、黒胡椒を振り、仕上げはオリーブオイルを掛けて完成です。
暖かいお部屋で飲む冷たい甘酒をは格別。スパイシーで大人味の甘酒で新年を祝うのもお洒落ですね♪

麩がスイーツに!「麩のラスク」

揚げた麩を焦がした砂糖に絡めるだけで、サクサクのラスクが出来上がります。
フライパンに水、砂糖を中火で熱します。泡が出て色づいたら火を止め麩を絡ませてください。色づきが薄ければ甘く、濃いければ苦く仕上がるので、お好みの味に合わせて焦がし加減を調節してください。水にバターや生クリームをプラスすると、キャラメルミルクの様に濃厚になりますよ。
香ばしくカリカリの麩をスナックがわりにどうぞ。

栗が入った豪華なスイーツ♪一口サイズの「スイートポテトパイ」

おせちに入ってる栗の甘露煮と黒豆を拝借して…サクサク甘い、一口サイズのポテトパイです。
さつまいもは電子レンジで加熱し、潰します。バター、生クリーム、砂糖、卵黄を入れて火にかけ滑らかになるまで練ります。塩少々が入ると甘さが引き立ちますよ。このあんに、栗甘露煮を包み、冷凍パイシートでさらに包みます。オーブンで焼いた後、黒豆を乗せて完成です。
作り置きスイーツにも便利ですよ。温め直しはアルミホイルに包んで5分程オーブンで焼けば、焼きたて状態に戻ります。冷めてもおいしいので手土産にも便利です。

お正月は忙しいながらも、特別なことはしたいものです。これらのレシピなら材料も揃えやすく、簡単なので安心です。親戚の集まりでの場で、お子様同士で作って貰っても楽しそうですね。訪問する側としても、手土産に持っていけば話題の一つになりますね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部