1瓶あれば便利!ねっとりなめたけで作る人気レシピ5選

スーパーでは、調味料に漬け込んだなめたけ瓶が売られていますね。この記事では、なめたけ瓶を使用したものから、えのきで作るレシピまで人気のなめたけレシピを紹介します!

子供に人気のなめたけレシピ「なめたけの肉巻き」

えのきに豚肉をプラスして、ボリュームを出した、なめたけの肉巻きを作りましょう。豚肉がえのきの旨みを包み込み、シャキッと食感が楽しめる1品です。
醤油、ハチミツ、みりん、白ワインを合わせて、タレを作っておきます。豚バラ肉に、えのきを巻き、塩胡椒、ガーリックパウダーで味をつけ、片栗粉をまぶしましょう。フライパンで焼いて、タレを絡めれば完成。
油が多すぎる場合は、キッチンペーパーで吸い取ってください。えのきを豚肉に巻いて、焼く前の状態で冷凍保存が可能です。冷めてもおいしいので、お弁当用にも沢山作って保存してくださいね。

人気の厚切りステーキを豚こまでアレンジ!「豚こまのステーキ なめたけソースがけ」

特製なめたけソースが絶品、豚こま肉でお財布に優しい、厚切り風ステーキを作りましょう。まるでお店で食べているような気分になる1品ですよ。
薄力粉をまぶした豚肉を、ハンバーグのような形に成形し、フライパンでしっかり中まで火を通しておきます。ソースは、フライパンにバターを溶かし、にんにく、えのき、しいたけを炒め、みりん、醤油を煮込めば出来上がり。
豚ステーキにかけて、青じそを散らして食べて下さい。スキレットで焼いてそのまま食卓に出すと、見た目もお洒落ですね。特別な日のメインディッシュにいかがでしょう。

レンジで簡単 あっさりなめたけが人気のレシピ「なすとなめたけの中華サラダ」

日本酒に合う、さっぱりおつまみをレンジで簡単に作りましょう。しっかり冷やしたなめたけとなすに、ピリッと辛い味付けが絶品の1品です。
ボウルに、ツナ、醤油、麺つゆ、ごま油、酢、一味唐辛子、ごまを合わせておきます。レンジで加熱したえのき、なすを加えて混ぜ合わせましょう。冷蔵庫で冷やして完成。
きゅうり、にんじん、しめじ等の野菜を入れてもおいしく出来上がり、彩りも良くなります。あっさりしているので、夜遅い晩酌のお供にも良いですね。一味唐辛子を抜いて作ると、子どもの副菜にもなる万能レシピです。

なめたけと麺つゆの相性抜群!子どもに人気の皮パリいなりレシピ

なめたけの旨みでしっかり味のいなり寿司を作りましょう。野菜たっぷりいなりも一緒に作って、栄養満点なおかずいなりです。手でパクパク食べられるので、休日のランチにオススメの1品。
こまつな、にんじんをレンジで加熱し、冷水につけアク抜きをします。ボウルに、水気を切ったこまつな、にんじん、レンジで火を通した鶏肉、麺つゆ、すりごまを混ぜ合わせ、油揚げで包みましょう。別のボウルに、ご飯、なめたけ、黒ごま、塩を合わせたら、こちらも油揚げで包みます。フライパンで皮がパリッとなるまで焼いたら完成。
子どもと一緒に作る工程から楽しめる、栄養満点レシピをどうぞ!

サッと作れるあと一品!人気のお助けレシピ「ほうれん草となめたけの和え物」

たったの10分で出来る、和えるだけの簡単副菜を作りましょう。サッと作れるので、時間のない時や、あと1品で困っている際に役立つ、お助けレシピです。ほうれんそうは茹でておきます。水気を切ったほうれん 草に、塩昆布、なめたけ、麺つゆを合わせて完成。
ほうれん草を茹でた後、冷水にさらすことでシャキシャキ食感が残ります。
塩昆布と麺つゆを合わせるだけなので、1度作ると次からはレシピを見なくて済む簡単レシピ。塩昆布と麺つゆはお好みで調節し、自分好みのなめたけ和えにしてください。

子どもが食べやすいものから、旦那さまの胃袋を満たしてくれそうなボリューミーな、なめたけレシピまで様々ありましたね。えのきは、汚れをキッチンペーパーで拭き取って、生のまま冷凍保存できます。沢山買ってこの機会に様々ななめたけ料理を作ってくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部