小松菜と豚肉の絶品レシピ5選

優しい口当たりで素材の美味しさを感じることができる小松菜と肉の旨みがギュッと詰まった豚肉。どちらもスーパーで気軽に購入することができる食材です。小松菜はクセが無いのでどんな食材とも組み合わせやすいですが豚肉との合性は特によし。味の組み合わせで様々なレシピが作れるので今回紹介するレシピからお気に入りを見つけてくださいね。

マヨチーズが味の決め手「豚肉と小松菜のマヨチーズ炒め」

絶品の組み合わせであるマヨ―チーズ。こちらを使って炒め合わせるのが豚肉と小松菜のコンビです。
マヨネーズとすりおろしたニンニク、醤油を組み合わせてソースを作ります。ニンニクと醤油とマヨネーズは定番の組み合わせ。食欲が刺激されそうですね。
豚肉と小松菜は耐熱皿にのせてソースをかけます。その上から適当な大きさにちぎったチーズをのせ、ラップをして電子レンジで加熱。加熱し終えたらラップを外して味が馴染むまで混ぜ合わせたら完成です。
加熱する際、混ぜるときにチーズがしっかりと溶けている状態まで火を通してください。

ピリ辛かつ濃厚な味わい「豚肉と小松菜のピリ辛胡麻和え」

赤唐辛子のピリ辛とすり胡麻の濃厚な味わいがクセになる豚肉と小松菜のピリ辛胡麻和え。ピリ辛味が病みつきになりご飯がすすむ一品です。
豚肉はしょうがの皮やねぎの青い部分と料理酒、塩と一緒に豚肉を色が変わるまでサッと茹でます。豚肉を取り除いたら、次は小松菜を。茹で上げた豚肉と小松菜は水気を切って調味料としっかりと混ぜ合わせます。
市販のすり胡麻を使えば時短で手軽ですが、炒り胡麻からすって作ると香り豊かな仕上がりになりますので、余裕があればひと手間手ですってみてはいかがでしょうか。

海苔がポイント「小松菜の豚肉巻き照り焼き」

小松菜を豚肉で巻いて食感が楽しいこちらのレシピ。巻いた具材は照り焼きに仕上げるのでタレの味わいが絶品の一品です。
照り焼きのタレは醤油とみりんのみなので味付けがとても簡単ですよ。小松菜は熱湯で茹で、ザルにあげて粗熱をとったら豚肉で巻きます。同時に海苔も巻きます。片栗粉をまぶしてフライパンでタレと絡めながら照り焼きに。タレに軽くとろみがついたら火を止めて完成です。
こんがりと焼き色がついた見た目もまた食欲をそそる刺激的な風合い。ついつい食べすぎてしまいそうですね。

簡単なレシピで気軽に作れる「豚肉と小松菜の和風パスタ」

短時間で簡単に作れて忙しい時にもオススメなこちらのパスタ。パスタは鍋で茹でている間に具材となるソースを作れば、時間が短時間で作れます。
フライパンにごま油を熱し、にんにくを加えて香りが立ったら豚肉を加えます。肉に色が付き始めたら小松菜を加えます。味付けは和風出汁、塩、胡椒と鍋肌から醤油を回し入れて味を決めます。茹で上がったパスタを加えて混ぜれば完成です。にんにくは焦がさないように、小松菜は色鮮やかに炒めるのが美味しく作るポイントですよ。パスタが伸びないうちにお召し上がりください。

シャキシャキ食感がアクセント「小松菜と豚肉のあんかけ焼きそば」

小松菜は手早く炒めれば熱々のシャキシャキ食感を残すことができます。そのシャキシャキ食感を活かしたレシピがあんかけ焼そば。あんがトロッとしたとろみで小松菜の食感といいアクセントになっています。
あんの具材には豚肉、ねぎ、小松菜、たけのこ、パプリカ、干ししいたけ、しょうが、にんにくと様々な具材が加わりボリューミーで楽しめる味わいです。麺は弱火から中火で火加減を調整し、15~20分の時間をかけてカリッと焼きあげるのが美味しく作るポイントです。焼きあがった麺に熱々のあんをかけてお召し上がりください。

いかがでしたか。和洋中と様々な料理に組み合わせることができる小松菜と豚肉のコンビ。火を通して食べるものや茹でるものなど様々な調理法があり、使い方次第で多くのレシピにもアレンジができそうです。どちらも単体で使っても美味しい食材ですが、一緒に組み合わせることでより美味しいレシピが作れそうですね。気になるレシピに挑戦してみてはいかがでしょうか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部