味噌を使った、里芋の人気レシピ5選

ほのかな甘い風味が特徴の里芋。様々なレシピに使われる、汎用性のある食材です。今回はそんな里芋と相性の良い味噌を使って、今夜の献立を考えていきましょう。大人はもちろん子どもにも喜ばれる、絶品レシピが登場しますよ。 人気のものから、ちょっと変わったアレンジメニューまで。里芋を使って、料理のレパートリーを増やしてみましょう!

子どもも喜ぶ!チーズのコクがたまらない「里芋の味噌チーズ焼き」

里芋のホクホク感に味噌とチーズをプラス。大人から子どもまで美味しく食べられる「里芋の味噌チーズ焼き」はいかがでしょうか。オーブンから出した時の、チーズの香ばしい香りは、その匂いだけでお腹が減ってきそうですよ。
里芋の甘みを引き出す味噌ソースが名脇役に。味噌ソースのレシピは、味噌、みりん、料理酒、砂糖。他のメニューでも応用できる絶品ソースなので、これだけでも覚えておきましょう。
とても簡単に作れるので、忙しい中でもササッと作れてしまいますよ。

里芋が美味しい、鶏肉と味噌を使ったシチューのレシピ「おいしいチキンと里芋の味噌シチュー」

里芋と鶏肉を使って絶品ホワイトシチューを作ってみましょう。きっと家族にも驚かれますよ。
ポイントは、牛乳ではなく豆乳を使うこと。優しいコクが味噌と相性抜群。玉ねぎ、鶏肉、にんじんの旨味が染み出したシチューは、極上の仕上がりに。里芋のほのかな甘い風味もしっかり馴染んでいますよ。とにかく濃厚な旨味がギュッと詰まったこのシチュー、その味わいはお家の定番メニューになるかもしれません。

お酒のアテにもピッタリな胡麻味噌のコク「里芋と牛肉の胡麻味噌煮」

おかずとしてはもちろん、お酒のアテにもぴったりな「里芋と牛肉の胡麻味噌煮」のご紹介。
だしとねり胡麻、料理酒で、胡麻味噌を作りましょう。濃厚な胡麻の香りが里芋と絶妙にマッチしますよ。牛肉を加えて煮詰めることで、肉の旨味が溶け出します。さらにそこへ砂糖と味噌をプラス。ほのかな甘みは和食に必要不可欠ですよね。
濃厚な仕上がりに、旦那さまの晩酌もいつもよりすすむかもしれません!

隠し味の味噌が決め手の人気レシピ「ひき肉と里芋のカレー煮」

カレーライスは子どもに人気のメニューですが、今日はちょっとアレンジを加えた「ひき肉と里芋のカレー煮」はいかがでしょうか。
みじん切りにした、にんにく、しょうが、にんじん、長ねぎ。さらにそこへ牛豚合いびき肉も加えます。炒めていると肉の甘い香りと、野菜の香ばしい香りが立ち込めてきますよ。里芋を加え、カレー粉、薄力粉を入れてカレー風味に仕上げていきましょう。
だしは、チキンスープの素をベースにしていますが、隠し味の味噌がポイント。より味わい深い仕上がりになっていますよ。

味噌マヨネーズでバッチリ!お手軽レシピで作る「里芋の肉巻きコロッケ」

外はサクサク、中はホクホクなコロッケは人気のレシピですよね。今回は甘みを含んだ里芋を、豚バラ肉で巻いた「里芋の肉巻きコロッケ」のレシピです。
作り方は簡単で、潰した里芋を俵状に丸め、豚バラ肉で巻きます。そしてそれを薄力粉、卵、パン粉の順で衣をつけたら揚げるだけ。豚バラ肉の旨味が詰まった里芋は、よりいっそう甘く感じられますよ。
ジューシーな味わいで食べ応え満点のひと品。味噌、牛乳、マヨネーズで作る味噌マヨネーズは、コクがあってよく合います。

カレーやコロッケという、大人から子どもまで喜ばれるものや、鍋ごとドカッと食卓に置きたい絶品シチューなどをご紹介しました。
里芋の甘みを引き出す為に、豚肉や鶏肉を使うのはもちろんですが、味噌も重要な要素だというのがお分かりいただけたでしょうか。和食の基本の味噌を使いこなせれば、様々な料理に応用できますよ!

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部