コロッケだけじゃない!里芋を使った揚げ物レシピ5選

火を通すとホクホクになる里芋は、揚げ物にするのにぴったりの食材。今回は里芋を使った揚げ物のレシピを集めました。コロッケをはじめとした定番レシピから、変化球レシピまで、バリエーション豊かなメニューが勢ぞろいです。

里芋を揚げた人気のレシピ「里芋とベーコンのコロッケ」

大人もお子さまも大好きな里芋のコロッケ。ベーコンを入れると一層おいしくなりますよ。
つぶした里芋に、炒めたベーコン、玉ねぎ、アンチョビペーストを加えてタネを作り、衣をつけて揚げたら完成。ザクザクした衣とねっとり柔らかな里芋の食感にやみつきになりそう。アンチョビペーストとベーコンが、味にうまみをプラス。思わず箸が進む仕上がりに。
しっとりと重みのあるコロッケは食べごたえも抜群。メインディッシュとしてはもちろん、お弁当のおかずとしても活躍してくれます。衣を作る時のパン粉は新しいものを使うと、おいしく作れますよ。

チャレンジしてほしい揚げ物レシピ「フライド里芋のカルダモン風味」

カレーなどに使われるスパイス、カルダモン。手に入ったらぜひ作ってみてほしいのが、カルダモン風味のフライド里芋です。
茹でた里芋を、カルダモンやカレー粉をはじめとする調味料類に漬け込みます。薄力粉を全体にまぶして揚げれば完成。表面がカリッとするくらいまで揚げることがポイントです。外はカリカリ、中はホクホクの食感に仕上がりますよ。
シンプルな調理法のメニューですが、調味料に漬けることで、しっかりとした味付けに。スパイシーな風味が食欲をそそります。お酒のおつまみとしてもぴったりで、特にビールとの相性は最高。晩酌のおともにぜひどうぞ。

豪華な揚げ物レシピ「里芋の肉巻きコロッケ」

普通のコロッケじゃ物足りない、という人におすすめしたいのが里芋の肉巻きコロッケ。食べ盛りのお子さまも喜ぶ、ボリューミーなレシピです。
加熱した里芋をつぶして俵型に整え、豚肉で巻いて衣をつけて揚げます。牛乳、味噌、マヨネーズで作ったソースをつけて召し上がれ。里芋を加熱する際は電子レンジを使うと簡単です。
しっとりとした里芋と豚肉が相性ぴったり。衣で豚肉のジューシーさをギュッと閉じ込めて。噛めば噛むほど豚肉のうまみが広がります。
普段より豪華なコロッケは、おもてなしにも最適。サニーレタスやミニトマトを添えると彩りもアップしますよ。

人気の青のり味で「里芋の竜田揚げ」

スナック感覚でつまめる、里芋の竜田揚げはいかがですか。コロコロとした一口サイズで、食卓にもう一品プラスしたい時や小腹が空いた時にぴったりです。
和風だしや醤油などの調味料で里芋を煮込み、片栗粉をまぶして揚げます。揚げたての状態で青のりを絡めたら出来上がり。揚げる前に煮ておくことで、調味料の味がよく染みます。
食べやすい和風の味付けに、青のりがアクセント。白ご飯と合わせてもおいしく食べられます。ピックをさせばおしゃれなパーティーメニューに早変わり。フィンガーフードとしてテーブルに華を添えてくれますよ。

心も体もほっとするレシピ「里芋の揚げだし」

外はカリッと、中はふんわりとした食感が癖になる、里芋の揚げだし。優しい和風の味付けで、心も体もほっこりしそう。
レンジで加熱した里芋に片栗粉を絡ませて揚げます。鍋で調味料を沸かし、大根おろしと里芋を入れたら完成。盛り付ける時は汁も一緒に。大葉とかいわれも添えましょう。
みりんとはちみつでほんのり甘く仕上げた揚げだしは、世代を問わずおいしく食べられますよ。お好みで七味唐辛子をかけると、良いアクセントに。ピリっとした風味が醤油ベースの味付けとぴったりマッチします。和風のメニューとの相性が最高で、献立の完成度を上げてくれる名脇役です。

今回は里芋を使った揚げ物のレシピを5つご紹介しましたが、いかがでしたか? 柔らかな里芋と衣との、食感のコントラストが楽しめるのが揚げ物メニュー。ぜひ毎日の食卓に取り入れてみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部