鶏肉と小松菜を使った絶品!人気レシピ5選

緑が鮮やかな小松菜。その彩りに加えてシャキシャキとした食感も魅力の一つ、今回はそんな小松菜と鶏肉を使ったレシピをご紹介します。鶏肉のジューシーな肉汁は、スープなどのだしにも大活躍。忙しい主婦の方でも簡単に作れる、人気のレシピ5選です。

シャキシャキの食感の小松菜で食欲アップ!「鶏肉と焼きエリンギの和風リゾット」

日本人の主食である米。そのみんな大好きな米を使って「鶏肉と焼きエリンギの和風リゾット」を作ってみましょう。見た目もオシャレでとても美味しいですよ。その秘訣は、鶏肉の旨味をたっぷり含んだだし汁。塩胡椒と料理酒で、鶏肉からじっくり旨味を引き出しておきましょう。だし汁で米をトロトロになるまで煮込んだら粉チーズ。コクが出て、チーズの香りもフワッと香りますよ。小松菜を加えると、彩りだけでなく食感もプラス。シャキシャキした食感に、思わずまた一口、また一口と手がとまらなくなるかも。緑に映える、赤のミニトマトなどを添えるといっそう綺麗な仕上がりに。レストランで出てくるような、上品な一品です。

小松菜たっぷり、コクが決め手の「鶏肉のクリーム煮」

小松菜をしっかり食べたいのなら、鶏肉の旨味をたっぷり吸わせた「鶏肉のクリーム煮」で決まり。このレシピでは生クリームを使った、コクのあるクリームソースがポイントです。クリームソースは、他のレシピでも頻繁に出てくる人気のソースなので、これを機にマスターしてしまいましょう。このレシピでは、牛乳、生クリーム、水、洋風スープの素でクリームソースを作ります。そして、とろみをつける為に、鶏肉に片栗粉をしっかりまぶしておくのも忘れずに。鶏肉の旨味が溶け出したら、小松菜もたっぷり加えましょう。じっくり込めば完成です。クリーミーなコクと鶏肉の旨味で、優しい仕上がりに。

鶏肉の旨味を吸ったタレと相性の良い、さっぱり小松菜を添えて「手羽先の甘辛煮」

骨周りの肉が美味しい手羽先。人気のレシピの一つですが、今回はそんな手羽先を甘辛のタレでしっかり煮詰めていきます。一口食べれば、ジューシーな旨みが口いっぱいに広がりますよ。重要な甘辛のタレは、醤油、酢、砂糖、水、料理酒で作ります。鍋に手羽先を敷き詰めたら、ゆでたまご、にんにく、鷹の爪も加えましょう。そしてそこへ、先ほどのタレを加えます。しっかり、じっくり煮詰めたら出来上がり。ほのかに香るにんにくの香りと、鷹の爪のピリ辛の風味が良いアクセントに。茹でた小松菜がさっぱりしているので、手羽先の合いの手にどうぞ。

人気の親子丼をアレンジ!鶏肉と小松菜の「親子ライススープ」

和食の丼ぶりで、人気のメニューといえば親子丼ですよね。だしの味と鶏肉の旨味がたまりません。今回はそんな親子丼をアレンジした「親子ライススープ」のご紹介です。まずは、薄切りにした生姜と一緒に、鶏肉を煮込みましょう。あくを取ったら、中華スープの素を加え、小松菜を加えます。醤油、塩、胡椒で味を整えたら、いよいよ卵の登場です。すると、さっぱりとした優しい風味がたまらない仕上がりに。お酒を飲んだ後などには、もってこいなのではないでしょうか。

小松菜、にんじんの歯ごたえに、鶏肉の旨味をプラス!「焼き油揚げのいなり」

このレシピでは、人気のいなり寿司を少しアレンジ。ご飯のいなり寿司と、おかずのいなり寿司を作ります。レンジで火を通した鶏肉に、小松菜、にんじんを和えます。そこへすりごまとめんつゆを加え、味を整えましょう。それらを油揚げの中に入れ、フライパンで熱します。油揚げの香ばしい香りが食欲を刺激してきますよ。これがおかずのいなり寿司。ご飯のいなり寿司は同様に、油揚げの中になめたけ、黒ごまを和えたご飯を詰めましょう。お子さまのお弁当にも使えるこのレシピ、ぜひお試しあれ。

味はもちろん、見た目も本格的に仕上がるリゾットや、甘辛のタレが絶品の手羽先など、幅広くご紹介しました。どれもお手軽に作れるのが嬉しいですよね。ライススープは、おかゆのように消化にもよく、食べ応えもあるので朝ごはんにもってこい。小松菜でしっかり野菜が摂れるので、家族の健康も気遣うことができますね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部