絶品!小松菜を使った洋風レシピ5選

どちらかといえば中華料理や和食に使われるイメージが強い小松菜。実は洋食にもぴったりです。今回は小松菜を使った洋風レシピを集めてみました。普段の献立のマンネリ解消にもおすすめですよ。

洋風レシピの定番と言えばこれ「小松菜と鶏肉のクリーム煮」

まろやかなクリーム煮は、大人にも子どもにも人気のメニュー。小松菜を使えば色鮮やかに仕上がります。
作り方は、鶏肉と小松菜を、牛乳や生クリーム、洋風スープの素などで煮込むだけ。小松菜は茎を先に入れてから葉を加えましょう。小松菜の根元についた土は、水の中で振り洗いすると簡単に取れますよ。生クリームを入れることで、全体が濃厚かつクリーミーに。
トロリとしたクリームは甘みのある小松菜と相性抜群。淡白な鶏肉ともよく合います。ホッとする味わいで、寒い季節に思わず食べたくなる一品です。バゲットを添えてもおいしく食べられますよ。

炒め物も洋風で「小松菜とベーコンの卵炒め」

サッと作れる炒め物は、忙しい時でも活躍してくれるメニュー。今回は、食卓が華やかになりそうな、鮮やかな色合いの小松菜とベーコンの卵炒めをご紹介します。栄養豊富なので、育ち盛りのお子さまにもおすすめです。
バターとにんにくで小松菜とベーコンを炒めたら、あらかじめ炒めておいた卵と合わせて出来上がり。味付けはハーブソルトとコンソメ、胡椒で。
バターの香りが良く、にんにくの風味が食欲をそそります。ハーブソルトを使うことで、本格的な味わいに。朝食はもちろん、お弁当のおかずとしても最適です。時間のある時に作り置きしておくと楽ですよ。

朝食にぴったりの洋風レシピ「小松菜のポタージュ」

体を芯から温めてくれる、小松菜のポタージュはいかがですか。冬の寒い朝でも、ほっこりした気持ちにさせてくれそうです。
入れる具材は、玉ねぎ、きのこ、小松菜。玉ねぎときのこを先に炒めてから牛乳で煮込み、小松菜は最後に加えます。味付けはクリームシチューの素を使うので、料理初心者さんでも簡単。テクニックいらずでお店の味が作れますよ。
食欲のない時でも食べやすい優しい味わいで、普段朝食を食べない人や、朝を軽く済ませたい人にもおすすめ。また、ちょっとした夜食にもぴったり。

七草がゆをアレンジしたレシピ「小松菜の洋風リゾット」

緑の野菜たっぷりの七草がゆにヒントを得た、洋風リゾットのレシピのご紹介です。小松菜をはじめ、水菜やほうれん草など、お好きな葉物野菜で作れますよ。
セロリ、玉ねぎ、米を炒めて、葉物野菜を加え、白ワインとコンソメスープで炊きます。仕上げに粉チーズを加えて軽く混ぜたら完成。
コクのあるチーズはリゾットと好相性です。オリーブオイルやピンクペッパーをかけるとより本格的に。おもてなしにも喜ばれそうな一皿に仕上がります。しっかり炊き上げ甘みを引き出すことで、青菜たっぷりでも青臭さが気になりません。腹持ちが良く、食べた時の満足感も抜群ですよ。

濃厚な味わいのパスタのレシピ「小松菜とベーコンのクリームパスタ」

生クリームを使った濃厚なクリームパスタ。実は生クリームがなくても、牛乳だけで作れます。ポイントは薄力粉。バターとにんにくでベーコンを炒めたら、薄力粉を入れてよく混ぜます。牛乳を数回に分けて加え、とろみがついたら調味料で味を調えて。最後に茹でた小松菜とスパゲティを和えましょう。
生クリームを使ったパスタに勝るとも劣らない、濃厚でまろやかなクリームパスタの完成です。お好みで粉チーズをかけると、一層コクがアップしますよ。ベーコンの代わりにエビやイカを入れてもおいしく作れます。自由なアレンジで楽しんでくださいね。

小松菜を使った洋風レシピを5つご紹介しました。色鮮やかで栄養価の高い小松菜は、食卓をグッと豊かにしてくれます。今回の記事も参考に、ぜひ小松菜を活用してみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部