家庭菜園でも大人気!ラディッシュを使った絶品レシピ5選

爽やかな辛みが味のポイントになるラディッシュ。株が小さく、土の深さも必要ないので、プランターなどで気軽に栽培できる家庭菜園での栽培も人気です。今回は、そんな育てやすいラディッシュを使った人気レシピを選んでみました。

家庭菜園でも大人気!ラディッシュを使った絶品レシピ5選
出典: moguna

子どもと一緒に簡単に作れる「ラディッシュのベジサンド」

3~4歳になってくると、「ママのお手伝いをしたい」という子どもも多いはず。でも、一緒に作るとなると包丁や火を使うことも多く、安全性に難ありな料理がほとんどですよね。
そんな時にオススメなのがこのメニュー。火を使わずに安全に調理できるオープンサンドで、子どもと楽しくクッキングしてみませんか。
子どもの手の届かないところで予め野菜をカットしておけば準備万端!ボウルにアボカドを入れ、レモン汁などで味付けしてフォークで潰していきます。食感を楽しみたい方は粗めに潰してくださいね。フランスパンはトースターで焦げ目が付くまで焼いたら、ペースト上になったアボカドを塗り、生ハム、スライスしたラディッシュを並べて皿に盛り付けたら出来上がり。
オリーブオイルとパセリを飾ってオシャレに仕上げましょう。

野菜をたくさん食べられる人気メニュー「ラディッシュといかの塩辛バーニャカウダ」

野菜不足でお悩みの方に朗報!ビストロやバルなどで人気のバーニャカウダを、ご自宅で作っていただけるお手軽レシピをご紹介します。にんにくの効いたソースで、野菜をたくさん摂れますよ。いかの塩辛を使って仕上げていく、和と洋が融合した驚きの1品です。
まずは、きゅうり、パプリカ、ルッコラをカット。鍋ににんにく、牛乳を入れ、茹でこぼす作業を3回繰り返したら、にんにくといかの塩辛を投入。ミキサーに鍋の中身、エクストラヴァージンオリーブオイル、パルメザンチーズを入れて撹拌します。ボウルに移し生クリームを入れて混ぜ、滑らかになったら塩、胡椒で味を調えましょう。これを鍋で温め直したら出来上がり。
盛り付ける器は、バーニャカウダソースを温めておける容器が望ましいですが、なくてもOK。生野菜をディップして温かいうちに召し上がってくださいね。

ラディッシュと醤油を使ったオシャレな漬物「たっぷり野菜のピクルス」

ピクルスといえば酢の酸味が効いたものが主流。その酸味が美味しいポイントですが、人によっては苦手な場合もありますよね。そんな酢の風味が苦手な人も美味しく食べられそうな、醤油ベースの漬けダレが野菜とマッチするピクルスをご紹介します。
鍋に赤唐辛子、醤油、酢、砂糖、塩を入れて沸騰させたら冷まして、漬けダレが完成。冷凍用保存袋に乱切りした大根、にんじん、セロリの茎、きゅうり、ラディッシュ、パプリカを入れ、漬けダレを注ぎましょう。封を閉じて全体を軽く揉んだら、一晩おいて味を馴染ませて出来上がり。
色とりどりの野菜が食卓を華やかに彩るメニューです。

子どもにも大人気!ラディッシュの赤みが綺麗な「変わり衣のいかのフリッター」

サクサクでふわふわな食感が楽しめる、いかのフリッター。2種類の味を付けた衣が、きっと子どもも気に入るはず。
ふるいに小麦粉、片栗粉、ベーキングパウダーを合わせてふるいます。するめいかは皮を剥いて輪切りにし、塩、胡椒で下味を付けましょう。ボウルに卵、水、塩を入れ、ふるった粉類を入れて混ぜ合わせ、サラダ油を入れたら別のボウルに半量を移し、2つのボウルに分けます。1つめのボウルには辛子明太子を混ぜ入れ、いかの半量を絡めます。もう1つのボウルには青のりを混ぜ入れ、残りのいかを全て入れて絡めましょう。これを、2つの味が混ざらないようにそれぞれに揚げて油を切ったら、出来上がり。
くし切りのレモンと、半分に切った葉付きのラディッシュを飾れば、皿の上が美味しそうな色合いに仕上がります。もし、食事時に余ったら冷凍したり、お弁当のおかずとして活用することもオススメ。

ラディッシュが漬けダレによく絡むレシピ「野菜の豚巻き南蛮漬け」

南蛮漬けなのに油で揚げない、さっぱりとした味付けのメニューです。
まずは漬けダレを作るため、鍋にだし汁、米酢、薄口醤油などを入れて沸かし、スライスした紫玉ねぎを入れて煮立てたらバットに全て移します。そこにミニトマト、ラディッシュを投入したら冷やしておきましょう。その間に豚肉を縦に広げて、なすやズッキーニを巻いていきます。片栗粉を表面にまぶしたら、オリーブオイルを引いたフライパンで焼きましょう。焼き上がったら漬けダレに入れて出来上がり。
皿に、漬けダレに入れたミニトマトやラディッシュ、紫玉ねぎを飾って豚肉と一緒に召し上がってくださいね。豚肉の中に巻いた野菜や漬けダレが豚肉の甘みとよく絡み、何とも言えないジューシーな美味しさが口いっぱいに広がります。

いかがでしたか。ラディッシュを使った人気のレシピを5つご紹介しました。さまざまな野菜や肉、魚介類とも相性が良いので、いろいろな調理法に活用できますね。素材の味を引き立たせる薬味のような役割も果たしてくれるラディッシュを、積極的に使ってみてくださいね。

野菜
変わり種・珍しい野菜
ラディッシュ

家族には野菜を毎日食べてほしい!でも、毎日のことだからなるべく手間をかけずに野菜を取り入れたいですよね。今回は簡単で、お...
moguna編集部
高菜を使ったレシピと言えば、ご飯のお供やおにぎりの具材にしか使えないと思っている方も多いのではないでしょうか。高菜は、そ...
moguna編集部
チコリという野菜をご存知でしょうか。日本ではあまりメジャーではないですが、ヨーロッパでは一般的家庭の食卓によく登場する野...
moguna編集部
様々な料理の中でも見た目が豪華で食卓が華やかになる一品は、知っていると何かと便利です。ホームパーティーにも、お客さまが来...
moguna編集部
毎日料理をしていれば、忙しくて簡単な料理で済ませたい日もありますよね。そんな時でも家族の健康のために野菜はしっかりと食べ...
moguna編集部
数々の野菜料理がありますが、今回はその中でもピリ辛な野菜料理のレシピを厳選しました。 ピリ辛味のレシピが増えると料理のレ...
moguna編集部
トマト、なす、ピーマンなどに代表される「夏野菜」。 旬ならではの美味しさがつまったみずみずしい夏野菜を贅沢に使った料理...
moguna編集部
「しそ」は様々な料理に風味をプラスしてくれる嬉しい野菜。そんな「しそ」を使った爽やかな野菜料理をご紹介します。 暑くて...
moguna編集部
常備菜として、冷蔵庫に一品置いておくと便利なピクルス。さっぱりとした味わいがお酒のお供にもぴったりですよね。 今回はそ...
moguna編集部
意識して食べたい野菜料理のオススメレシピを集めてみました。 レンジでチンするだけで美味しく調理できますよ!レンジで簡単...
moguna編集部