一人分でも作りやすい!鍋レシピ5選

肉や魚介、野菜がバランスよく取れて、体の中から温まる鍋は、寒い季節の人気メニューです。水炊き、チゲ鍋、豆乳鍋とバリエーションが豊富なのもうれしいですよね。かつては一家だんらんの象徴だった鍋ですが、近頃は一人で楽しむ方が増えているようです。自分のペースで食べられて、好きな味がチョイスできるのが一人鍋の良いところ。少量でも作りやすいレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

本格的なチゲ鍋を一人鍋で

寒い時は辛いものが食べたくなりますよね。そこで、まずは日本でもすっかり定番人気のチゲ鍋レシピをご紹介しましょう。
鍋にだし汁を煮立て、魚醤、味噌、コチュジャンを入れて溶かします。豚肉、豆腐、長ねぎなどのお好みの具と一緒に、キムチと納豆を加えて煮ます。仕上げにごま油を少々加えていただきます。
魚醤、キムチ、納豆の3つの発酵食品により、深みのある味わいが生まれます。アサリや牡蠣などを加えると、より本格的な味に仕上がります。

材料の数が少なくて一人鍋にピッタリ

いろいろな材料を一緒に煮込み、その旨味を味わうのが鍋の醍醐味ですが、一人鍋なら材料の数は抑えて手軽に作りたいですよね。こちらのレシピは3種類の具材だけで、手軽にしかもおいしく鍋を楽しめます。
鍋に電子レンジにかけたじゃがいも、くし切りにしたキャベツを並べ、水、料理酒、鶏がらスープの素を加えます。ふたをして火にかけ、キャベツが柔らかくなったら豚肉を加えてさらに煮ます。食べる直前にバターを加えてお召し上がりください。

一人ごはんでもしっかり野菜が取れるスープ鍋

一人の食事はバランスが偏ってしまいがちですよね。鍋物は1品で野菜がしっかり取れるので、野菜不足を解消に一役買います。次にご紹介するのは、スープにもトマト使った野菜たっぷりの洋風鍋です。
鍋にオリーブオイルを熱し、野菜やきのこを加えて炒めます。ホールトマトをつぶしながら入れ、水とタイムを加えます。沸騰したらツナ缶とコンソメ、塩を加え、仕上げにバジルをちぎって入れれば完成です。
ホールトマトは粗くつぶすと具材として、しっかりつぶすとスープのベースとして2通りの食感を楽しむことができます。

一人飲みのおつまみにもピッタリの鍋レシピ

アツアツの鍋にキンキンのビールは冬の楽しみのひとつですよね。ビール片手に一人でつつくなら、こんな鍋はいかがでしょうか。
鍋に水を入れ、中華風の味付けになるよう調味料を加えて溶かします。キャベツを山盛りに入れて、囲むように冷凍餃子を並べます。もやしとにらをのせ、白ごまと唐辛子をふって火にかけます。キャベツがしんなりしたら、ごま油を回しかけて完成です。
一人分だと材料をそろえるのが大変…。そんな時はキャベツやもやしなどが一緒になったカット野菜を使うと、切る手間もいらず便利ですよ。

スライサーを使って簡単一人鍋

こちらの鍋は根菜類たっぷり。うまみがスープに溶け出しておいしく、食物繊維も豊富です。包丁の代わりにスライサーを使えば楽にカットできる上、薄いので調理時間が短く、さらに見た目もきれいです。
鍋に、スライサーでカットしただいこんとにんじんを重ね入れ、ごぼうと豚バラ肉をのせて、水と和風だしを入れ火にかけます。火が通ったら大根おろしを加え、ひと煮立ちしたらできあがりです。ねぎを散らしたポン酢をつけてお召し上がりください。

一人鍋は一人暮らしの方はもちろん、食事の時間が異なるご家族にもぴったりです。帰りが遅くなった日に家で作りたてのアツアツの鍋が食べられたら、一日の疲れも吹き飛んでしまいそう!ご紹介したレシピを、冬の献立作りにお役立ていただけたら幸いです。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部