あと一品に!簡単にできる、あんかけ副菜レシピ5選

毎日の食卓にあと一品あると嬉しい、「あんかけ」のレシピをご紹介します。 熱々のあんかけは体がじんわりと温まりますね。 また、舌触りの良いあんかけは胃にも優しく、体調がすぐれない時にもおすすめです。 今回は、定番の中華風あんかけ、惣菜レシピ、料亭風レシピ、冷えても美味しいレシピなど、バリエーション豊かなあんかけレシピを揃えてみました。 どれも簡単にできるので、ぜひトライして、毎日の副菜レパートリーを増やしてみてください。

フライパンだけで作れる「ブロッコリーのシーフードあんかけ」

ブロッコリーを卵が包み込む「ブロッコリーのシーフードあんかけ」。
魚介の旨味がブロッコリーを引き立てる、見た目にも鮮やかな一品です。
調理は「ブロッコリーを茹でる」「あんかけを作る」の2工程をフライパン一つでできるので、手軽にできて洗い物も少ないのが嬉しいですね。
みりんを使うことで、あんが丸みのある味となります。丼に乗せたり、焼きそばにかけるアレンジももちろんおススメです。
簡単で豪華な一品をお楽しみください!

野菜もたっぷり食べられるメニュー「タラの和風彩り野菜あんかけ」

カリッと焼かれたタラとあんの組み合わせが美味しい「タラの和風彩り野菜あんかけ」。
野菜は火を通しすぎないように炒めて、シャキッとした食感に。
タラは片面ずつ焼き色がつくまで動かさずに焼き、裏返して焼くとカリッと仕上げるのがポイントです。
あんも煮込み過ぎに注意しながら作ってください。
冷蔵庫に残った野菜を使っても作れるのが嬉しいですね。
野菜がたくさん食べられて嬉しい、美味しい、ヘルシーなメニューです。
タラ以外のお魚でも応用可能。
オリジナルのレシピを作ってみてはいかがでしょうか。

きれいな緑色の蒸しなす「翡翠なすのかにあんかけ」

レンジで蒸しなすにして、かにのあんをかければできる上品な一品「翡翠(ひすい)なすのかにあんかけ」。
温かいままはもちろん、夏場は冷やしても美味しく食べられます。
翡翠色のなすが美しい一品です。
なすは皮をむくと色が変わるのですぐにラップに包んでください。
レンジにかけたらラップの上から串で刺して、すんなり通ったらOK。
あんをかけたら、お好みで大葉を乗せてもよさそうです。
カニの代わりにホタテを使うのもおすすめです。毎日の食卓が上品に変わります。

ボリューム満点ローカロリー「豆腐のきのこあんかけ」

たっぷりときのこを使った食べ応えのある、「豆腐のきのこあんかけ」。
手軽に手に入る豆腐を使って、あと一品を作りませんか。
豆腐はしっかり水気をきって蒸すことでふわふわな食感に。
きのこは、えのき以外でもお好みでOK、複数組み合わせると旨味がアップします。
豆腐ととろとろのあんが絶品です。
薬味にネギや、生姜を使うのもおすすめ。
いろんなアレンジが楽しめそうですね♪

簡単でおもてなしにぴったり 「長芋の京風あんかけ」

手軽にできる本格派おもてなしメニュー「長芋の京風あんかけ」。
長芋にこんな使い方があるのかと新鮮になりますね。
上品な見た目と、やさしい味わいが楽しめる一品です。
白だしと千切りにした野菜と、すりおろした山芋を焦がさないように火にかけたあと、冷蔵庫で冷ます。
その後、ボイルしたエビとネギを乗せれば完成。
出汁の香りがとてもよく、料亭に来たような気分になれる一品です。
薬味はネギの代わりに三つ葉でも楽しめそうです。

いかがでしたか。あんかけのいろんなバリエーションに驚かされますね。
具材の旨味をぎゅっと閉じ込めたあんかけレシピを覚えれば、忙しい毎日でも、食卓が豊かになりそうです。
ぜひさまざまなアレンジを試して、自分なりの味を作ってみてくださいね!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部