どれでも使える便利食材!たらを使った絶品レシピ5選

和食から洋食まで、幅広いシチュエーションで使える食材のたら。
あっさりした味わいは、どんな味付けでも馴染んでくれます。今回は、そんなたらを使った様々な味付けのレシピをご紹介します。
この記事を見れば、一通りたらを使いこなすことができるのではないでしょうか。中華から和風、洋風まで。献立のレパートリーが一気に増える、たらのレシピ5選です。

どれでも使える便利食材!たらを使った絶品レシピ5選
出典: moguna

ホイル蒸しのレシピで旨さ閉じ込める「たらの中華蒸し」

白髪ねぎとザーサイのシャキシャキ食感がたまらない「たらの中華蒸し」のレシピをご紹介します。
このレシピは、ごま油や鶏ガラスープの素で味付けしたねぎ、ハム、ザーサイをたらと一緒にホイルに包むだけ。あとはレンジでチンするだけで完成。
忙しい毎日の料理でも、お手軽にできるのが主婦にはありがたいですよね。最後に黒こしょうをかけることで、味にしっかりとしたメリハリが出ますよ。ほろほろになったたらに、優しい中華風味の薬味がたまりません。簡単に作れるのに本格的な香りの一品です。

あんを使って野菜をたっぷり食べられるレシピ「たらの和風彩り野菜あんかけ」

パパや子どもは特に、ついつい野菜が少なくなってしまいがちではないでしょうか。
野菜をたくさん食べて欲しい時は「たらの和風彩り野菜あんかけ」がおすすめです。ピーマンとにんじんは食感はそのまま、味付けはあんを使って優しい和風に。しめじを使って、旨味も強くしておきましょう。
表面をカリッと焼いたたらは、あんをかけても存在感はしっかり残っていますよ。ご飯がすすむあんかけ、自然と野菜がたくさん食べられてしまうレシピです。

バターの香りが贅沢!洋風レシピ「たらと長いものホワイトサラダ〜チーズソースがけ〜」

たらの柔らかな食感と味わいを活かした「たらと長いものホワイトサラダ〜チーズソースがけ〜」は、チーズのコクとたらの相性が抜群です。
チーズとの相性を上げるために、たらはバターで香りをつけながらソテーします。フワッとした食感のたらとバランスを取るために、長いも、れんこん、かぶといった食感のある根菜を使います。
上品な香り、見た目なので、来客の際にも使えそうですよね。

お酒のアテにピッタリ!簡単レシピ「たらのバターソテーをマッシュポテトで」

このマッシュポテトは、たらの旨味がギュッと詰まっているのが絶品です。
バジルの香りが爽やかで、お酒のアテにももってこいです。旨味の秘訣はにんにくバター。香りを移すように、たらと玉ねぎを炒めていきます。レンジで加熱したじゃがいもと崩すようにマッシュしたら出来上がり。レンジを使うことで時短にもつながるので、晩酌でちょっと一品欲しい時にも活躍してくれるレシピですよ。

お手軽レシピ!本格和食の香り「たらのおろし煮」

だし、料理酒、みりんで煮込んだたら。だいこんおろしをたっぷり加えたら、生姜、醤油で味を整えます。
優しい味わいの味付けに、だいこんおろしのピリッとした風味が爽やかに香りますよ。さらにみつばをトッピングすれば、本格的な和風の仕上がりに。お手軽に作れるのに本格的に感じられるのは、主婦としてはありがたいポイントなのではないでしょうか。前菜としても食べられる、あっさりおかずです。

夕食の献立にもしお困りなら、参考になったのではないでしょうか。最後にご紹介した「たらのおろし煮」など、たらの優しい風味を活かしたものから、洋風でチーズのコクが美味しいたらと長いものホワイトサラダまで。
あらゆる場面で使えるのが嬉しいですよね。たら一つでレパートリーが一気に増えますよ。その風味から、白ワインや日本酒とも合うので、お酒好きな方にも知ってもらいたい食材です。

魚介
たら