カニ缶でお手軽料理から本格料理まで!人気のアレンジレシピ5選

お中元やお歳暮で頂く高級カニ缶や、おつまみ用に購入したカニ缶を持て余していることはありませんか。
カニ缶は、身をほぐすだけで調理に使える便利な食材です。鍋のシメのおじやに入れたり、卵焼きに混ぜてみたり…と、定番の使い方から少し手を伸ばして、リゾットやパスタなど、いつもと違う美味しい一品に変身させてあげましょう。

カニ缶でお手軽料理から本格料理まで!人気のアレンジレシピ5選
出典: moguna

お弁当おかずレシピ カニ缶を使った「カニクリームコロッケ」

お弁当に入っていると嬉しいおかずの人気ランキングによく登場するコロッケ。
今回は身近な材料だけで作れる、自家製のコロッケのレシピをご紹介します。鍋にバターを入れ、玉ねぎとマッシュルーム、カニ肉を炒めます。薄力粉、牛乳を順番に加え、コンソメを足して混ぜて、煮詰めましょう。ゆで卵を加え、粗熱が取れたら1個ずつラップに包み、冷蔵庫で冷やします。
成形ができたら、衣をつけて揚げ、ソースをかけたら出来上がり。お弁当用には、ソースが無くても食べられるように塩加減を調整するといいですよ。
手作りコロッケは、子どもも喜びますよね。お弁当の蓋を開けた時の、喜ぶ顔が目に浮かびますね

カニ缶で本格イタリアンレシピ「カニのチーズリゾット」

カニ缶を使ったリゾットは、美味しい、SNS映え、簡単調理、の全てを叶えてくれる一皿。オリーブオイルとニンニクを入れ、具材を炒めたら、水、ブイヨン、塩胡椒を加え煮込みます。ハム、カニ肉を加えひと煮立ちさせた後、ドライバジルと粉チーズを入れ、さっと炒めて完成。
鍋の蓋を開けたら、カニ缶の旨味エキスがたっぷりしみ込んだ、とろとろのチーズリゾットの香りがいっぱいに広がります。一口食べただけで、舌も頬も溶けてしまいそう。子どもやパパが何かを頑張ったご褒美時に作るご馳走ディナーにいかがですか。

カニ缶と生クリームで贅沢な味わいに「トマトクリームパスタ」

イタリアンから、スペシャルなメニューをひとつ。
フライパンにオリーブオイルをひき、玉ねぎをしんなりするまで炒めます。トマトの水煮缶、生クリームなどソースの材料を順に入れ、ひと煮立ちしたらカニ、ベーコン、茹でたスパゲッティを加えてよく絡めましょう。
お皿に盛りつけパセリを振りかけたら出来上がり。カニ缶と生クリームを使うことで、香りが引き立ちコクのあるクリームパスタになります。
こちらのレシピはカニ缶が無い場合、カニカマで作ることもできますよ。

カニ缶で手間いらず!チャーハンの人気レシピ「カニ風味チャーハン」

パラパラッとしたお米の食感がたまらないチャーハン。
カニ缶を使って風味の高いカニチャーハンを作りましょう。こちらのレシピも、カニ缶が無い場合はカニカマで代用することができます。フライパンで卵を炒め、いったん取り出します。
新たに長ねぎ、ご飯、カニ肉、枝豆を入れ、炒め合わせましょう。調味料と先ほど炒めた卵を加え、さっと混ぜたらお皿に盛り付けます。
盛り付け用のカニ肉をのせて、小口切りした小ねぎを振りかけたら完成。
ウインナーやシーフードミックスを加えると、ボリュームを増やせますよ。

すぐに作れて美味しい!カニ缶の簡単スープレシピ「カニのたまごスープ」

寒さが厳しい季節の朝食に、温かなスープを一杯追加しませんか。鍋に、水、鶏がらスープの素、調味料を入れて、ひと煮立ちしたら具材を加えて煮込みます。溶き卵、ごま油を回し入れたら、ほんの少しだけ時間を置いて箸でかき混ぜましょう。
こうすることで、ふわとろ食感のたまごスープに仕上がります。にんじんとカニ肉のほのかな甘みが、身体にじんわりと伝わり、一日元気に頑張れそうな活力が湧いてきますよ。
カニカマでも作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

カニ缶を使ったアレンジレシピはいかがでしたでしょうか。
簡単おかずから、贅沢な味わいを感じる一品など、実に様々な楽しみ方がありましたね。
旨味がつまった贅沢なカニ肉を、人気のレシピで美味しく召し上がってください。

魚介
かにかま

冬のごちそう「カニ」。その上品なうまみを味わえて、手頃に手に入る「カニ缶」は主婦の強い味方です。今回は、カニ缶を使った簡...
moguna編集部