様々なシーンで使える、鮭とチーズで鉄板の組み合わせレシピ5選

スーパーで手に入る鮭は、食卓に並ぶ機会が多い魚の一つではないでしょうか。 この記事では、和食に使われることが多い鮭を、洋食でよく使われるチーズと組み合わせ、様々なシーンで使えるレシピを集めました! 用途別に色々活用してください。

彩りきれい!「ごろごろポテトサラダレシピ」

チーズの風味漂う、具材がごろごろ、具沢山ポテトサラダのご紹介。
トマトのプチッと食感や、きゅうりのパリパリ食感など、具材の食感が様々楽しめるポテトサラダです。
じゃがいもはレンジで加熱し、潰しておきます。きゅうりはレモン汁をまぶしておきましょう。ボウルに、潰したじゃがいも、スモークサーモン、たまねぎ、きゅうり、マヨネーズ、黒胡椒を合わせて完成。
たまねぎを水にさらすと、辛みを軽減することができるので、お好みで辛みを調節してくださいね。茹で卵を入れると、まろやかになり更においしくなりますよ。
彩りばっちりなお酒のおつまみにも最高な一品をどうぞ!

見た目も斬新!「鮭とじゃがいものチーズ焼きレシピ」

鮭とチーズの相性抜群、鮭をじゃがいもの上にそのままのせる斬新なチーズ焼きの紹介です。
白ワインと塩胡椒しか使わない、食材本来の味を楽しめる一品です。
鮭は、白ワイン、胡椒で下味をつけておきます。じゃがいもはレンジで加熱し、輪切りにしましょう。
耐熱皿に、じゃがいも、塩胡椒、鮭を順にのせ、オーブンで焼きます。ピザ用チーズを散らし、さらに焼いたら完成。
じゃがいもを先にレンジで加熱しておくと失敗しにくいです。食べる際にレモンを絞って食べると、酸味がプラスされ、あっさりテイストになり、また違った味が楽しめてGOOD!

きのこの出汁と鮭の旨みがおいしい「チーズたっぷり味噌ドリアレシピ」

ホワイトソース不要!混ぜて焼くだけ、鮭のうま味をギュッと閉じ込めたドリアを作りましょう。輪切りにしたピーマンを飾る事で、見た目も華やかなドリアです。
ボウルに、マヨネーズ、水、味噌、塩胡椒、温かいご飯、鮭、ピーマン、しめじを混ぜ合わせておきます。
内側にバターを薄く塗った耐熱皿に、混ぜ合わせた具材を入れ、ピザ用チーズを散らしましょう。
輪切りにしたピーマンをのせてオーブンで焼いたら完成。鮭の皮は、皮と身の間に包丁を寝かせ入れ、皮の端を引っ張りながら身を引き離すと、とりやすいです。
焼き鮭が苦手な方も、ドリアにすると食べやすいですね。

人気の組み合わせと市販のホワイトソースでグラタンレシピ「チーズたっぷりじゃがいもの鮭グラタン」

市販のソースを使うことで、手間のかかるホワイトソース作りをカットする、時短レシピです。
たまには家事の手を休めて、時短料理に頼りましょう。じゃがいもはサイコロ状にカットし、レンジで温めます。フライパンにバターを熱し、鮭、たまねぎを炒めたら、じゃがいも、コンソメ、塩胡椒を入れ、ホワイトソースも混ぜ合わせましょう。
耐熱皿に入れて、チーズを散らし、トースターで焼いたら完成。
チーズの上に、パン粉を散らして、マヨネーズをかけて焼くと、サクサク食感がプラスされ、さらにコクが出て美味しいですよ。
色味が欲しい時は、赤パプリカを角切りにして入れてください。

型抜きチーズがかわいい!ごはんケーキ「 パーティーお寿司」

型抜きチーズが可愛い、アレンジ可能なパーティー向けお寿司の紹介です。見た目も豪華なので、一品で食卓が一気に華やかになります。
酢、三温糖、塩を混ぜ合わせたものを、温かいご飯混ぜ合わせて酢飯を作ります。アボカド、炒り胡麻、天かすを混ぜ合わせましょう。
ドーナツ型に成形したご飯の上に、まぐろ、鮭、きゅうりを順に並べていき、型抜きをしたパプリカ、スライスチーズ、ピンクペッパーを散らして、合わせたソースを真ん中に添えれば完成。ソースは、マヨネーズ、醤油、三温糖、わさび、牛乳を混ぜ合わせて作りましょう。
切り分け時は、切り身に沿ってカットすると崩れにくいです。お子さまの誕生日会など、ごはんケーキとして食卓に並べても良いですね。

いかがでしたでしょうか。最後に紹介したごはんケーキは、今すぐにでも作りたくなるような華やかさでしたね。
魚が苦手な子どもでも、チーズと組み合わせるとこで食べやすくなるかもしれません。
是非この機会に、ご家庭にあった鮭とチーズの組み合わせレシピを見つけてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部