【里芋の簡単おかずレシピ】初心者でも大丈夫!人気アレンジ料理5選

独特の粘り気が特徴の里芋。 下処理も大変だし、ヌメリもあるので、サツマイモやじゃがいもに比べて、あまり料理で使わないという方も多いかもしれませんね。 でも里芋は栄養もあり、食材との組み合わせでとても美味しくなれる野菜。 今夜のおかずは里芋を使ってみようと思ってしまう美味しい里芋レシピを5つ集めました。

香りから楽しめる『ゴマ風味の鶏肉と里いものこってり煮』

定番煮物とちょっと違うのが、豆板醤と練りゴマが調味料に入っているところです。
鶏肉はしっかり焦げ目がつくぐらい焼いてから煮ると味がギュッと濃縮されてとても美味しくなるので試してみてください。
また、里芋も煮る前に油で炒めてあげると甘みが加わるので美味しさが倍増しますので、こちらの2点は忘れずにやってみてください。
全てを上手に活かしたお料理で、とても美味しいですよ。
ぜひ、朝食や晩御飯のおかずに作ってください。

カルダモンっていい香りだもん♪フライド里芋のカルダモン風味

『カルダモン』を初めて耳にする方も多いのではないでしょうか。
カルダモンとは、さわやかで上品な香りが特徴で『スパイスの女王』と言われているインド料理にかかせないスパイスです!
こちらは、そんなカルダモンを使ったフライド里芋です。
作り方は簡単です。
茹でた里芋を調味料に漬け込んで、揚げるだけ。
あっという間に、カルダモンの香りが広がる美味しいフライド里芋のできあがりです。
揚げた里芋は、外はカリカリ、中はホクホクでやみつきになる一品ですよ。
副菜の一品でとしてもオススメです!
いつもと変わったおつまみがほしい時にもgood♪

今度の餃子パーティーの主役!『里芋でカレー味の揚げ餃子』

里芋のねっとり感が美味しく、餃子の皮との食感の違いが楽しいおかずです。
カレー粉にマヨネーズを足すことでコクがでて、とても美味しく仕上がります。
また、ウィンナーを入れるので、食べた瞬間に嬉しさ倍増かもしれません。
餃子の皮のパリッとした食感と里芋のねっとりほくほくした食感とウィンナーのパリっとした食感が後を引く美味しさです。
餃子パーティーの変わり種としてぜひ、お使いいただけたらと思います!
栄養もバッチリなのでお子様もパクパク食べますよ!

里芋で本格中華!『ねっとり里芋麻婆』

里芋を中華料理に使うなんてなかなか想像ができませんが、里芋の食感が中華の味付けにぴったり合います。
麻婆味なので、ごはんが進む一品です。
ひき肉と里芋でボリュームがあり、お腹も満たされるおかずです。
ひき肉を豚バラ肉等にアレンジしてもいいですよ!
ひき肉が余っている時等にぜひプラスの一品として作ってみてください。
他に野菜を足してアレンジしても美味しく頂けます。
おつまみとしてもお酒との相性抜群ですよ!

紅茶が美味しい『豚肉の紅茶煮込み』

紅茶の香りが引き立つとても美味しいおかずレシピのご紹介です。
洋風と和風のコラボ料理でマーマレードジャムの甘さが豚肉の強い味を品良く仕上げてくれます。
味が染みた里芋と豚肉を食べたら、箸が止まらなくなるかもしれませんね。
マーマレードジャムを使った味付けなので、お子様も食べやすい一品ではないでしょうか。
お子様が食べる場合は、ペッパーを抜いて調整してくださいね。
おかずとしてもおつまみとしてもオススメの一品です。ぜひ、つくってみてくださいね♪

里芋を使った美味しいレシピを紹介しました。
里芋はコクがあり、料理のアクセントとしても優秀です。
毎日のおかずに上手に取り入れて、料理の腕をアップさせましょう。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部