調理方法で七変化!れんこんで作るお弁当にオススメのおかず5選!

ぽっかり開いた穴が可愛いれんこん。よく火を通してホクホク食感にした煮物や炒め物、歯ごたえを残しつつ作る和え物、すりおろして粘りと弾力感を楽しむ材料として使ったりと、調理方法によって自由自在に食べられます。今回は、お弁当のおかずにぴったりのれんこんを使ったレシピを5つご紹介していきます。

お弁当のおかずにぴったり!「れんこんサンドバーグ」

まるでお花のように見えるれんこんの切り口を生かして作る「れんこんサンドバーグ」は、甘辛い醤油味で、お弁当に入っていると喜ばれるおかずです。
作り方は、いつものハンバーグを作る手順に、れんこんをプラスして焼くだけなので、簡単ですよ。ハンバーグには合挽肉を使っていますが、ヘルシーに作りたい方は鶏ひき肉を使うとさっぱりとした味に仕上がります。
ハンバーグをサンドするれんこんは、あらかじめ酢水に5分浸けておくと変色せずに済みます。ハンバーグをれんこんで挟むので、れんこんはできるだけ太くて丸い形のものを選ぶと作りやすいでしょう。焼く際は、調味料と一緒に蒸し焼きにすることで、照りの効いた見た目とふっくらとした食感の「れんこんサンドバーグ」になります。

あっさり味のお弁当おかず!「大豆とれんこんのつくね焼き」

次にご紹介するのは、あっさりとした味で食べやすい「大豆とれんこんのつくね焼き」です。
大豆は水煮を使うことで、調理時間も工程もグッと短縮できるので、いつもお弁当作りで忙しい方にもオススメのレシピです。つくねの中に、大豆がたっぷり入っているので歯ごたえもあって、育ち盛りのお子さまのお弁当のおかずにぴったりです。
つくね焼きそのものの味はあっさりしているので、食べる際にマスタードやからしを付けて食べても美味しいですよ。

食べ応えのあるお弁当おかずを作りたい時にオススメ!「ウインナーとれんこんのきんぴら」

いつものれんこんきんぴらに少し飽きてしまった方にオススメなレシピが、「ウインナーとれんこんのきんぴら」です。
ウィンナーを加えることで、コクと食べごたえが増します。作り方もとても簡単。半月切りにしたれんこんと斜めに切ったウィンナーをごま油で炒めて、調味料で味付けするだけです。仕上げに七味唐辛子やゴマを散らせば、洋風のきんぴらの完成です。
トッピングはお好みで、ブラックペッパーや山椒に変えると、風味が変わってアクセントになります。

食べ盛りのお子さまのお弁当のおかずに!「れんこんと鶏ももの味噌炒め」

次にご紹介するのは、味噌のコクが効いた「れんこんと鶏ももの味噌炒め」です。鶏もも肉とシャキシャキとした食感のれんこんがたっぷり入った味噌炒めは、ご飯が進む味でお子さまから大人まで人気のお弁当おかずになるでしょう。
いんげんやつきこんにゃくを加えることで、お弁当に彩りを加えるだけでなく、食べ応えもアップしてくれます。今回は、味噌炒めにいんげんを加えましたが、お好みでにんじんやごぼう、グリーンピースなども入れてもお弁当の彩りがアップしますよ。

和風おかずでお弁当をグレードアップ!「モチモチれんこんの蒲焼き風」

最後は、すりおろしたれんこんで作る「モチモチれんこんの蒲焼き風」のご紹介です。
すりおろしたれんこんを小判形に成形して、フライパンで焼くだけでできるので忙しい朝のお弁当作りにも役立つレシピです。れんこんそのものは苦手だけど、すりおろすことでモチモチとお餅のような食感に変化した「れんこんの蒲焼き風」なら、食べられる方も多いのではないでしょうか。
一緒に添える野菜は、ししとうやエリンギ以外にも、ミニトマトやにんじんなどを使うとさらに見た目も華やかに仕上がりますよ。

いかがでしたでしょうか。
れんこんは、見た目、食感ともに楽しめる野菜なので、お弁当のおかずにぴったりですよね。野菜が苦手な方でも、れんこんなら食べられるという方もいるくらい、どなたでも食べやすい野菜です。
調理方法も簡単で忙しい方でもパパッと作ることができるおかずも多数あるので、本記事を参考に美味しいお弁当のおかず作りの参考にしてみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部