ごぼうの煮物レシピ5選

食物繊維豊富な根菜、ごぼうは、さまざまな栄養素を含む滋味深い食材ですね。ごぼうの調理方法としては、和風の煮物がメインといえるのではないでしょうか。今回は、そんなごぼうの定番煮物料理をご紹介しましょう。

相性抜群の組み合わせ「牛肉とごぼうのしぐれ煮」

ごぼうと牛肉は相性抜群の組み合わせ。しっかりした味付けのしぐれ煮は、しょうがも効いてご飯にもお酒にもよく合います。作り置きができるのもうれしいですね。
水に醤油、味醂、料理酒で味付けし、煮立たせたら牛肉とささがきにしたごぼう、千切りにしたしょうがを加え、アクを取りながら煮ます。煮汁がなくなるまで煮詰めたらできあがり。
熱々の炊きたてご飯にも、お弁当のご飯にも、うれしくなる1品ですね。

ごぼうを使った人気定番レシピ「筑前煮」

野菜たっぷりで栄養も彩りもバランスのいい筑前煮は、ごぼうを使った煮物料理の代表選手ですね。お正月の煮物は筑前煮が外せない、という地域の方も多いのではないでしょうか。
鶏肉、ごぼう、にんじん、レンコン、こんにゃくを鍋で炒めたら、調味料と水を加えて煮込むだけ。簡単ながら、一度にたくさん作ることができ、来客のおもてなしやごちそうにも、普段の食卓にも大活躍するレシピです。余ったら、1日経って食べると味がしみて、またさらにおいしいといううれしいおまけ付き。
野菜が苦手なお子さまでも、筑前煮は好き、ということも多いのではないでしょうか。

さっぱり奥深い味わいの牛すきレシピ「牛こまとごぼうの梅すき煮」

すき焼きの甘辛い味付けとごぼうは好相性。お互いを引き立て合う組み合わせです。すき焼きは、牛肉に砂糖と醤油で味をつけ、はくさいを中心とする野菜をたっぷりと加えて作ることが多いですが、このレシピでは梅干しと酢を加えてさっぱりとした味付けに。また、野菜も、ごぼうとししとうがらしだけとシンプルに。
小鉢に盛れば、茶、緑、赤の彩りも見た目も上品な1品のできあがりです。晩酌のおともにもおすすめ。
ごぼうと梅干しの組み合わせは意外に感じるかもしれませんが、梅干しの塩気と酸味はごぼうの甘みを引き出すすばらしい隠し味ですよ。

根菜の旨みをギュッととじこめた「ごぼうとこんにゃくのピリ辛炒め煮」

ごぼう、こんにゃく、にんじんを炒め、鷹の爪の入った調味料で煮含めるだけのお手軽レシピは、もう1品欲しい時にぴったりです。ピリッと辛い味付けは、こんにゃくともごぼうとも相性抜群。時間がある時にたっぷり作っておけば、忙しい時にも頼りになりますね。仕上げにごまをたっぷり加えると、香ばしさがアクセントになって、甘辛い味付けにも飽きずに箸が進みますよ。
にんじんを加えることで、彩りがプラスされますが、ごぼうとこんにゃくだけでも充分おいしくいただけます。

鶏肉と根菜の旨みたっぷり煮物レシピ「鶏ごぼう煮込み」

肉も野菜もたっぷりとりたいときにおすすめのレシピです。何を作ろうか迷った日のメインディッシュは、これで決まり!材料は、鶏肉、にんじん、だいこん、こんにゃく、ごぼうと筑前煮によく似ていますが、はじめに炒めず、鍋に水と調味料とたっぷりのしょうがを加えて煮立てたら、具材を全て加えてじっくりアクをとりながら煮込みます。鶏肉の脂が強く感じる場合は、サッと茹でることで余分な脂を落としてから使いましょう。仕上げにお好みで七味唐辛子をかけていただきます。

ごぼう単体で食べることは少なくても、肉や他の根菜と組み合わせるとメインディッシュから、副菜、おつまみにお弁当のおかずと幅広く活躍してくれますね。ぜひこの機会に、お気に入りのレシピを増やしてみてくださいね。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部