れんこんと鶏肉の人気レシピ5選

れんこんといえば蓮の花の根の部分で、切り分けると中に空洞が空いている独特な根菜です。根菜だけあり、食感の良さは特段によくシャキシャキとした噛み応え。和食や中華料理によく使われています。そのれんこんと相性の良い肉といえば鶏肉がピッタリ。淡白な味わいがお互いの味を打ち消すことなく、絶妙にマッチします。今回はこの2つの食材を組み合わせた人気のレシピを5つ探してみたので紹介します。

さっぱりと楽しめる!「れんこんと鶏肉の黒酢炒め」

片栗粉をまぶすことで食感がよりジューシーな仕上がりとなった鶏肉がたまらないこちらの黒酢炒め。れんこんとの相性も良く、さっぱりといただくことができ、ご飯が進む一品です。
食材の艶やかな見た目も、視覚から食欲を刺激してくれそうですね。カットして下準備したれんこんと鶏肉は、ポリ袋に入れて片栗粉を加えてよく揉み込んでおいてください。具材をしっかりと炒めて水気が飛ぶまでに絡めれば完成です。
ピーマンはひと手間かけて素揚げにしても美味しいですよ。お時間があれば、そちらもお試しください。

味噌を使った甘辛味付けが美味しい「れんこんと鶏肉の甘味噌煮」

味噌を使った甘辛な味付けがまったりとした味わいで、おかずにもピッタリな甘味噌煮。
味噌の落ち着くような口当たりと、独自のシャキシャキ食感のれんこん、しっとりとした鶏肉の食感が相性バッチリ。味付けに使う調味料は味噌、砂糖、蜂蜜、味醂、醤油、和風だし。甘めの調味料がいくつか入っていますが、しょうがの辛みでピリッとした辛さを演出しています。具材はしっかりと炒めたら、調味料を加えて煮汁が少なくなるまで煮込めば完成です。
味噌は焦げやすいので、火加減には注意しましょう。

あっさりとした薬膳風スープ「れんこんと鶏肉のスープ」

じっくり煮込んだ薬膳風のスープであっさりとした味わい。調味料は家庭に備わっているシンプルなものだけで作ることができ、具沢山で様々な食感を味わえるスープです。
れんこんはカットしたら酢水に晒す。鶏肉は塩をまぶして手で擦り込んでおきましょう。鍋に調味料とれんこん、鶏肉、しょうがを入れて強火で火にかけます。アクを取り除いたら、他の具材も加えてさらに中火で煮込みます。最後は塩胡椒で味を調え、トッピングを散らせば完成。
しょうがはよく洗って皮ごと使うので生ゴミの削減にも。

フライパンで作れる簡単レシピ「鶏肉しそつくねのれんこん焼き」

鶏肉は挽肉を使い、大葉と合わせてしそつくねに。使うのはフライパンだけで、手軽に作れる鶏肉しそつくねのれんこん焼きのレシピです。
つくねとれんこんの食感がコリコリと楽しく美味しい一品となっています。大葉と長ねぎ、しょうがが加わっているので料理に良い香りを醸し出していますよ。
フライパンに並べた時、肉がれんこんの穴の中まで入るように押し付けるときれいに仕上がりますので、その点を丁寧に行なってみてください。熱々の美味しいうちにお召し上がりくださいね。

食感が楽しい「鶏肉とれんこんのハンバーグ」

木綿豆腐と鶏肉を組み合わせてフワフワのハンバーグに仕上げるこちらのレシピ。
食感のアクセントとして中の具材に入っているれんこんの粗みじん切りが、噛むたびに口の中でシャキシャキと心地のよい食感を楽しませてくれます。木綿豆腐が入ることで柔らかい食感となり、より食感に差が出ます。木綿豆腐は先に潰しておくことで具材が混ぜやすくなりますよ。ハンバーグの他、エリンギ、絹さやを炒めて調味料を加えて炒め合わせたら完成です。
木綿豆腐が加わることでリーズナブルにハンバーグの大きさをカサ増しできそうですね。

どれも人気の高いレシピで作ってみたい方も多いのではないでしょうか。どちらの食材も比較的リーズナブルに購入することができるので作りやすいのではないかと思います。
炒め物、煮込み、スープと様々な料理ができそうですね。献立を考える際には、今回紹介したレシピを参考にしてみてはいかがでしょうか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1鶏肉のおいしさを引き出す!はちみつを使った鶏肉レシピ12選あやママ
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部