今すぐ作りたい!ぶりの絶品レシピ5選

ぶりは大きさによって名前が変わる出世魚ですが、中でも最大サイズのものがぶりと呼ばれています。脂が乗ったものが旨いといわれ、特に冬の時期に獲れるものは格別な美味しさを備えています。今回はそんなぶりを使った絶品レシピを5つご紹介します。

今すぐ作りたい!ぶりの絶品レシピ5選
出典: moguna

簡単でも本格的「ぶりだいこん」

ぶりを使った煮物といえばやはりぶりだいこんを想像する人が多いのではないでしょうか。今回紹介するのは手間のかかるイメージがあるぶりだいこんを簡単に作り、尚且つ本格的な味わいに仕上げるレシピとなっています。濃厚な味付けがご飯にピッタリで、夢中になって食べてしまいそうです。
濃厚な味付けにするポイントとして、水は多く入れずに砂糖と日本酒が多めにする事で美味しく仕上げることができますよ。しっかりと味の染みたぶりとだいこんが堪らない味わいで、色良く染みています。温かい作り立ても美味しいですが、冷めても味が染み込んでいて美味しさは変わりません。

黒胡椒がポイント「ぶりのペッパーステーキ」

ぶりといえば焼いたものも定番の美味しさで人気がありますよね。ですが今回紹介するのは黒胡椒を効かせて、ピリッとパンチある味わいに仕上げたぶりのステーキです。
ぶりは軽く塩を振って、粗く潰した黒胡椒をまぶしてから焼きます。あとはブランデーやバター、醤油などを合わせた調味料を煮立ててソースをかければ完成です。
お好みでクレソンやレモンを添えるのも良いですよ。ブランデーが無ければ料理酒でも構いません。ぶりと黒胡椒の組み合わせをお楽しみください。

食欲そそる味噌風味の鍋「ぶりのみぞれ鍋」

ぶりを使った鍋物レシピなら、みぞれ鍋がオススメ。食欲をそそる味噌風味で、食べれば体がポカポカと温まってきますよ。たっぷりのだいこんおろしが入っているので、出汁まで食べることができる食べ応え抜群の1品です。
ぶりは食べやすいように1切れを3つにに切り分けましょう。ぶりは鍋が煮立ったタイミングで加えます。再び煮立ったらだいこんおろしを汁ごと加えて完成です。
ゆずを絞ってさっぱりといただきましょう。 白菜やきのこ類などお好みの食材を追加して、ボリュームアップしてみるのもおすすめです。

さっぱりといただく定番レシピ「ぶりとだいこんの梅照り煮」

定番のおかずとして人気があるぶりとだいこんの照り煮。そのままでも旨みがギュッと詰まって美味しい味わいですが、少しアレンジを加えてみました。アレンジで使うのは梅。梅を使うことで照り煮がさっぱりとした味わいで、より食べやすくなります。梅には料理の味をさっぱりとさせる他、魚の臭みを抑える効果もあるので、ぶりのクセを抑えてくれますよ。梅は最後の煮詰めるタイミングで加えます。
煮汁が少し残る程度を目安に煮詰めれば完成。よりさっぱりと食べたい方は煮汁にしょうがの千切りを加えてみるのも良いでしょう。

染みわたる味わい「ぶりと三つ葉のみぞれ煮」

ぶりの旨みを存分に味わえる体ポカポカの煮物は、ぶりと三つ葉のみぞれ煮。三つ葉の緑色とゆずの皮の黄色が映えて色鮮やかで華やかです。
クセのあるぶりも三つ葉の香りと組み合わさってスッキリと味わうことができますよ。ぶりは水気を切ってから、沸騰した出汁に加えて煮込みます。仕上げにだいこんおろしを加えて温めれば完成です。器に盛り付けたらゆずの皮を添えましょう。温かく優しい味わいは心もお腹も満たしてくれそうですね。

いかがでしたか。焼き物、煮物、鍋物など様々なレシピで楽しむことができるぶりは魅力的な食材ですね。今回紹介したものの中で気になるものが見つかりましたら、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

魚介
ぶり

切り身や刺身で手軽に買えるぶり。調理法はいつも同じでマンネリ気味というママも多いのでは? 今回は簡単に作れる定番ぶりレシ...
moguna編集部
美味しいぶりを子どもが大好きな味つけで作ってみませんか? 定番人気のぶりの照り焼きからぶり大根、ぶりの竜田揚げなど、子ど...
moguna編集部
ジューシーな味わいで子どもから大人まで人気の食材であるぶり。その旨味の強さから、炒め物でも煮物でも、あらゆる料理で使うこ...
moguna編集部
出世魚として知られるぶりですが、骨が少なくて食べやすく栄養も豊富な魚なので、ぜひ積極的に食べたい食材ですよね。今回は夜ご...
moguna編集部
ぶりを使ったレシピと言えば、ぶり大根や照り焼きが定番ですが、洋風アレンジも簡単に作れますよ!定番だからこそ失敗したくない...
moguna編集部