酢で美味しいれんこんのレシピ5選

そのシャキシャキとした食感で、日本食において古くから使われてきた根菜であるれんこん。今回は、そんなれんこんと酢を使った、5つのレシピをご紹介します。これを見ればあなたも今夜、れんこんを使ったお料理を作ってみたくなるかも。酢をベースに、様々な味付けで楽しむれんこんのレシピ5選です。

自家製ピクルスが作れる、お手軽レシピ「れんこんのピリ辛酢の物」

酢、水、砂糖、塩、練り辛子、これらを使って、ご家庭で簡単に酢の物を作ってみましょう。今回ご紹介する「れんこんのピリ辛酢の物」は、シャキシャキした食感が心地よいですよ。食卓に副菜として並んだら、自然にお箸が進んでしまうかも。
酢の酸味と練り辛子のピリ辛が、食欲を刺激してくれます。様々な料理の副菜や、お弁当の具としても使える、便利な一品ですね。

酢、梅干しの酸味とみそのコク!本格おつまみを簡単に「れんこんの梅みそあえ」

もっと酸味がきいていて、パンチのある1品が欲しいという方には「れんこんの梅みそあえ」がオススメです。これは副菜としてはもちろん、お酒のアテとしても活躍してくれますよ。
梅干しと酢、二種類の酸味にみそのコクもプラス。さらにごま油、かつお節で香りも加えています。簡単にできるのに、味わいも香りも本格的に。居酒屋さんで出てくるようなおつまみのレシピです。今晩旦那さまに作ってあげたら、驚かれるかもしれませんね。
さっぱりとした後味なので、ちょっとつまみたい気分の時にピッタリです。

南蛮酢のレシピで、人気の天丼をグレードアップ「鶏肉とれんこんの南蛮風天丼」

爽やかな酸味とめんつゆの香りがたまらない南蛮酢。この南蛮酢をつかって、家族に喜ばれる「鶏肉とれんこんの南蛮風天丼」をご紹介します。
天ぷら粉、片栗粉、水で、衣を作ります。れんこんと鶏肉をカラッと揚げたらそこへ南蛮酢を。玉ねぎの甘みを吸った南蛮酢は、酸味や唐辛子のピリ辛もありつつ、上品な甘みを帯びています。ジューシーに揚がった鶏肉の甘みがより際立って感じられますね。
揚げ物なのにさっぱりしているので、大人はもちろん、お子さままで楽しめるレシピになっています。お昼ご飯に作ってみてはいかがでしょうか。

酢醤油が合う餃子に、シャキシャキ食感を加えたレシピ「れんこんギョーザ」

料理のメインとしてはもちろん、ビールなどのアテにもバツグンな餃子。今回はそんな人気のレシピである餃子に、れんこんを加えてみましょう。れんこんのシャキシャキとした食感が、心地よい歯ごたえを与えてくれますよ。
れんこんは、すりおろしと粗みじん切りにしておきましょう。これをタネに練り込むことで、食感だけでなく、味全体にもまとまりができます。豚ひき肉を使って、焼きあがった餃子は、外はパリパリ、中はジューシー。
これには酢醤油の、さっぱりとした酸味が相性バツグン。ごま油の香りが食欲を刺激してくれますよ。

ポン酢で旨さ際立つ、いつもの天ぷらを上品にアレンジ「れんこんの磯辺風天ぷら」

本文テキスト歯ごたえが楽しいれんこんですが、天ぷらにすると、よりその食感を楽しむことが出来ますよ。「れんこんの磯辺風天ぷら」なら、青のりを使うことで、磯の香りがフワッと香る上品な仕上がりに。このレシピを使えば、余ったれんこんも本格的な和食に大変身。今日はポン酢が食べたい気分だなというときは、是非作ってみてください。さわやかなポン酢の酸味が、れんこんの甘みを引き立ててくれていますよ。

れんこんが主役の酢の物や梅みそあえから、「鶏肉とれんこんの南蛮風天丼」のような名脇役まで。その食感があるだけで、ガラッと料理全体の印象が変わってきてしまいますよね。れんこん自体は高いものではないので、家計に優しいのも、主婦には嬉しいポイントのひとつ。これらのレシピを使えば、今夜の食卓が安上がりであることは気付かれませんよ。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部