刺身をさらに美味しく!こだわりのアレンジレシピ5選

刺身は醤油とわさびで食べるのが一番!と思われる方も多いかもしれませんが、今回ご紹介するアレンジレシピを試していただければ、その概念が覆るかもしれませんよ。生の刺身の良さはそのままに、他の食材とみごとに融合したアレンジレシピばかりです!

まぐろの刺身に、にんにくの香ばしさと梅の酸味でアレンジを加えたレシピ

まずは日本人が大好きなまぐろの刺身のアレンジレシピをご紹介します。半生のまぐろのたたきに、にんにくの芳ばしい香りと梅の酸味がよく合い、刺身の旨みを引き立てています。タレは、梅干しのペースト・酢・胡椒・水・オリーブオイル・たまねぎのすりおろしを混ぜ合わせて作ります。まぐろのサクはにんにくの香りを移したオリーブオイルで、強火で両面を15秒ずつ焼き、塩・黒胡椒をふります。焼き過ぎると半生の軟らかい食感が損なわれてしまうので注意しましょう。粗熱が取れたらそぎ切りにして、タレとニンニクチップと絡め、水菜の上に盛りつけて完成です。なお、刺身を美味しく切るには、包丁の刃元を刺身に当てて、手前にスーっと引きながら刃の元から先まで全体を使って1回で切ります。こうすると身に負担がかからずに崩れません。

まぐろの刺身を丼ぶりにアレンジして、ボリュームアップするレシピ

刺身は美味しいですがお値段も張りますよね。そこで、丼ぶりものでボリュームアップするアレンジレシピをご紹介しましょう。まず、きゅうりはピーラーで薄く幅広く削ります。こちらもカサ増しに一役買います。このきゅうりをごま油・塩・白すりごまと和えます。まぐろのぶつ切りは塩少々をふっておきます。丼ぶりにご飯・きゅうり・まぐろ・キムチを盛って、お好みで塩を振って、あっという間に完成です。キムチの味が前面に来ますが、ぶつ切りのまぐろの食感は存在感があります。噛むほどにキムチとまぐろの旨みがマッチして、5分で作ったとは思えない美味しさです。

脂の乗ったとろけるようなサーモンの刺身と新鮮野菜を使った絶品サラダレシピ

大人も子供も大好きなサーモンの刺身を、具だくさんの贅沢なサラダにアレンジしました。サーモンは両面を各1分と切り口を30秒ほど焼きつけますが、お好みで加熱時間の長さは変えて下さい。同じフライパンでズッキーニも焼くことで、サーモンの旨みがズッキーニに移ります。ベビーリーフ・ミニトマト・ズッキーニをオリーブオイル・塩こうじで和えて、塩で味を調えます。サーモンを和えるドレッシングは、オリーブオイル・酢・醤油・柚子胡椒・レモン果汁・塩で作る柑橘系の爽やかな味わいです。最後にサーモンと野菜をざっくり混ぜて出来上がりです。

半生のかつおを楽しめるのはたたきだけじゃない!サクサク衣が美味しいレアカツのレシピ

続いては、断面の赤とピンクのグラデーションがきれいな、かつおのレアカツをご紹介します。外はサクサクで香ばしく、中はしっとりと軟らかいレアなかつおを楽しめます。サクのかつおに塩・胡椒をして、薄力粉・水溶き薄力粉・パン粉の順にまぶし、190度に熱した深さ2cmほどの油で転がしながらきつね色になるまで揚げます。こちらのアレンジレシピを美味しく作るポイントはなんと言っても加熱の加減です。くれぐれも火の通し過ぎに注意しましょう!

焼肉のタレを使って、かつおの刺身をスタミナ丼にアレンジ!

甘辛い焼肉のタレとまったり濃厚な卵黄が、かつおに絡んでたまらなく美味しい丼ぶりです。かつおはサクの刺身を買ってきて、フライパンで表面に焼き目を付けてもいいですが、あらかじめたたきになっているものを使えばより簡単に作れます。そぎ切りにしたかつおを、焼肉のタレ・ポン酢・ラー油と絡めます。そぎ切りにすると断面が広くなるので味がなじみやすくなります。このとき少し寝かせれば味が染み込み漬け丼になります。器にご飯・かつお・三つ葉をのせて、タレを回しかけたら完成です。

刺身のアレンジレシピに加え、刺身の切り方についても簡単にご紹介しました。ご参考になったでしょうか。この他にも刺身のアレンジレシピがたくさん載っていますので探してみて下さいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1鶏肉のおいしさを引き出す!はちみつを使った鶏肉レシピ12選あやママ
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部