寒い日に食べたい!絶品クリームシチューレシピ5選

寒くなってくる季節には、シチューが食べたくなる方も多いのではないでしょうか。定番のクリームシチューから、牡蠣が入ったご馳走シチュー、少し目先が変わったトマトクリームシチューまで、いずれも美味しいクリームシチューレシピを厳選してご紹介します。心も体も温める美味しいシチューのレシピをどうぞ。

これぞ定番、基本の絶品クリームシチューレシピ

まず最初にご紹介するのは、にんじん、ブロッコリーの色味が映えるひと皿。クリームシチュー好きにはたまらない、「これぞ定番」というクリームシチューです。手作りのホワイトソースを使った丁寧な作り方で、期待を裏切らない美味しさですよ。
具材を個別に炒めて、それぞれの美味しさを具材の中に閉じ込めたあと、コンソメスープで煮込みます。これをバターと小麦粉、牛乳から作るシンプルなホワイトソースの中に加え、サッと煮たら完成です。ジューシーな鶏肉、ホクホクと美味しいじゃがいもに甘みが際立つにんじんなど、それぞれの素材にクリーミーなソースがからんで絶品です。手間をかけただけの価値ある美味しさをぜひご堪能ください。

牡蠣が入って風味豊かなクリームシチューレシピ

次にご紹介するのは、牡蠣を使ったクリームシチュー。ホワイトソースではなく、生クリームを使ってコクあるシチューに仕上げます。
牡蠣の下ごしらえをしっかりとすることで、プリッとジューシーな仕上がりになりますよ。長時間加熱すると、身がかたくなってしまうので、牡蠣を加えた後は手早く仕上げましょう。小松菜を電子レンジであらかじめ加熱してから料理に活用すれば、さらに手早く仕上がります。ベーコンを入れれば、さらにコクたっぷりなシチューになりますよ。小松菜をほうれん草に変えてもOK。お好みでアレンジしてお楽しみください。

きのことさつまいもで食べ応えのあるクリームシチューレシピ

次にご紹介するのは、市販のルウを使った手軽なクリームシチューのレシピです。定番の鶏肉、玉ねぎに加え、さつまいもやきのこを複数入れて、目新しさのあるクリームシチューに仕上げます。
すべての食材を一緒に炒め合わせて水で煮込んだら、市販のルウを加えるだけなので、とても簡単に仕上がります。しめじやマッシュルーム、エリンギなど複数のきのこを入れることで、より深い味わいになるのも、このレシピの魅力です。しいたけやまいたけを入れると、和風の味わいになりますよ。さつまいものホクホクとした甘さもコクあるクリームシチューとマッチし、新しい定番食材になりそうな美味しさです。

ベーコン&帆立で特別感!具沢山なクリームシチューレシピ

クリームシチューの具材の定番は「鶏肉」ですが、「ほたて」も人気の食材の1つです。今回ご紹介するレシピは、ほたてをベーコンで巻き、コクと風味豊かなシチューに仕上げます。魚介の香り豊かなシチューは、1度食べたらトリコになる美味しさですよ。
アスパラガスやかぼちゃも入った色鮮やかな見た目で、子どもウケもバツグンです。市販のルウを使った手軽なレシピですが、具材にひと工夫することで、いつものものとはまったく違った雰囲気になるのも楽しいですね。

トマトが入って新感覚!トマトクリームシチューレシピ

最後にご紹介するのは、トマトを使った赤いクリームシチューです。たまには目先を変えて、こんなシチューはいかがでしょう。
鶏肉、玉ねぎ、じゃがいもと定番の具材をにんにくと一緒に炒め合わせて、パンチのある風味に仕上げます。具材にバターと小麦粉を絡めて、牛乳を注いでとろみを出すので、ホワイトソースを別立てする手間を省けますよ。トマトジュースも加えて弱火でコトコト煮込んだら完成です。仕上げに加えた粉チーズの風味も良く、こってりとしたコクある味でご飯にもパンにも良く合いますよ。

定番から少し変わったものまで、さまざまなクリームシチューレシピをご紹介してきました。クリームシチュー好きの人はもちろん、そうでない方もきっと楽しめるレシピの数々です。
献立のレパートリーに加えて、ぜひご活用ください。

※調理器具の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。
※料理の感想・体験談は個人の主観によるものです。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部