お弁当のおかずに!ごぼうを使ったレシピ5選

風味と歯ごたえの良さが人気のごぼう。毎日の食事だけでなく、お弁当にも活用出来たら嬉しいですよね。今回は、ごぼうを使ったお弁当向きのレシピを集めてみました。今日から取り入れたくなる、冷めてもおいしいレシピです。

お弁当におすすめの煮物「牛肉とごぼうの甘辛煮」

牛肉とごぼうを甘辛く煮たおかずは、白ご飯との相性ぴったり。冷めてもおいしい味付けで、お弁当のおかずにも最適です。
サラダ油を熱して牛肉を焼き、アク抜きをしたごぼう、しいたけを入れて炒めます。調味料とごまを加えて、味を調えたら出来上がり。
加える調味料は、砂糖、醤油、柚子胡椒、塩麹です。しっかりした味付けに、柚子胡椒がアクセント。香りの良さと爽やかさが加わり、飽きのこない味に。塩麹は全体をまろやかに仕上げてくれます。牛肉のうまみとごぼうの風味がマッチしたひと品です

お弁当の定番「きんぴらごぼう」

家庭料理の定番、きんぴらごぼうは作り方をぜひ押さえておきたいもの。ここではベーシックなレシピをご紹介します。
ごま油でごぼう、にんじん、輪切り唐辛子を炒めます。みりんと料理酒を入れ、汁気が飛んだら醤油を加えましょう。味が全体にいきわたったらみりんで照りを出し、白いりごまを振って汁気を飛ばし完成。
輪切り唐辛子が効いた、食欲をそそるきんぴらごぼうです。火を止めた後、ごま油を少々かけると、一層風味豊かに。常備菜として作り置きしておくと、忙しい朝にも便利。サッと詰めるだけでお弁当のおかずが1品完成します。

ひと口サイズがお弁当向き「ごぼうハンバーグのベーコン巻き」

ごぼうが苦手なお子さまでもおいしく食べていただけそうな、ごぼうハンバーグのベーコン巻き。食べやすいサイズでお弁当のおかずにぴったりです。
ひき肉とパン粉、牛乳、調味料を混ぜたものに、ごぼうと玉ねぎを加えて、タネを作ります。タネでピザ用チーズを包み、ベーコンを巻いて焼きましょう。ソースは、肉汁にウスターソースとケチャップを混ぜ煮詰めて。
ジューシーな肉汁があふれるハンバーグの中から、コクのあるチーズがトロリ。ごぼうが香りと味わいに奥深さをプラスします。ごぼうを切る大きさによって食感も変化。お好みに合わせて楽しんでみてくださいね。

たっぷりの野菜が嬉しい「ごぼうとおからの煮物」

食物繊維をおいしく摂れる、ごぼうとおからの煮物。野菜をたっぷり使ったレシピです。鍋でにんじんとごぼうを炒め、おからと油揚げ、サラダ油、調味料を加えます。全体を混ぜながら汁気を軽く煮詰めたら、細ねぎとごまを加えて。ほんのり甘い醤油味が優しい煮物の完成です。
しっとりとしたおからの食感に、ごぼうの歯ざわりがアクセント。サラダ油を少し多めに加えると、よりしっとり感が増し、コクも出ます。お弁当はもちろん、毎日のおかずにもぴったり。作り置きにもおすすめです。

エスニック料理を和風アレンジで「ごぼうのチリコンカン」

人気のエスニック料理、チリコンカン。和風にアレンジして、パンにもご飯にも合うひと品に仕上げました。
フライパンにオリーブ油を引き、しょうが、玉ねぎ、ひき肉、ごぼうを炒めます。トマトジュースをはじめとする調味料と大豆を加え、汁気がなくなるまで煮ましょう。味噌と胡椒で調味したら出来上がり。
具材の食感が楽しく、食べごたえも抜群。トマトの風味と味噌もベストマッチ。しょうがが良いアクセントになり、思わずご飯が進みます。おもてなしメニューとして、パンに添えてもおしゃれ。しょうがは香りが出るまで炒めることで、よりおいしく作れますよ。

お弁当のおかずにおすすめの、ごぼうを使ったレシピを5つご紹介しました。栄養豊富なごぼうは、ぜひとも普段のメニューに取り入れたいもの。今回の記事も参考にしてみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部