お弁当に大活躍の鮭を使ったレシピ5選

お弁当のおかずの定番、鮭。切り身をだた焼いただけでも、充分立派にお弁当のおかずになりますが、それだけでは物足りなかったり、地味に感じてしまったり。そんな時に役立つ、手軽に作れて見栄えもする、鮭を使ったお弁当向きレシピをご紹介しましょう。

卵焼きの豪華アレンジレシピ、お弁当にうれしい「鮭フレークとわけぎのだし巻き卵」

鮭も卵焼きも、お弁当の定番おかずですが、たまにはこんなアレンジで、お弁当に変化と華やかさを加えてみるのはいかがでしょうか。白だしをつかって簡単にできるだし巻き卵です。
白だしと酢と水を加えて溶き卵を作り、そこに小口切りにした万能ねぎと鮭フレークを混ぜます。あとはこれを3回に分けて、フライパンで巻きながら焼くだけ。焼きあがったらラップできっちりと巻いて、形を整えれば出来上がりです。
3回目(最後)に焼く部分は一番外側になるので、焦がさないように注意しましょう。具材が多いので食べ応えがあり、育ち盛りの子どものお弁当にも喜ばれますよ。

お弁当で人気のレシピなら「鮭の竜田揚げ」

竜田揚げはお弁当でも人気のおかずのひとつですね。お弁当にはやはり、ご飯のおかずとなるような、しっかりした味付けのメインがほしいもの。
この鮭の竜田揚げレシピは、冷めてもおいしく、白いご飯によく合う、お弁当におすすめのおかずです。
醤油としょうがの下味に、大葉と海苔を千切って加え小麦粉を付けてあげます。大葉と海苔のアクセントで、飽きずにいただけるのもおすすめのポイントです。
前日の晩ごはんのおかずとして多めに作っておけば、翌日は詰めるだけ。忙しい時には、そんな使い方もできますね。

子供に人気のお弁当ご飯レシピ「鮭とまいたけの炊き込みご飯バター風味」

お弁当のご飯は、冷めてから食べるので、どうしても白いご飯は食べにくい…そんな時もありますよね。特に子どもはなおさら。
少し元気がないかな、なんとなく食欲がないかな、そんな時は炊き込みご飯がおすすめです。いつものお弁当が炊き込みご飯になっただけで、元気も食欲もアップする気がしますね。
子どものよろこぶバター醤油風味に鮭とまいたけがよく合う炊き込みご飯は、運動会や遠足など、特別な日のお弁当にも活躍してくれそうですね。まいたけは大きめの房にほぐしたほうが、独特の香りと食感を楽しめますよ。

お弁当でも野菜とたんぱく質がバランスよく摂れるレシピ「鮭とブロッコリーの塩炒め」

お弁当の定番野菜と言えば、ブロッコリーとミニトマト…そんな方も多いのではないでしょうか。野菜の不足しがちなお弁当に、ブロッコリーは重宝する食材のひとつですよね。
とは言え、ただ湯がいただけのブロッコリーは、あまりご飯に合うおかずとは言いがたいもの。
このレシピでは、胡麻油でカリッと焼いた鮭と、小房に分けたブロッコリー、4つ切りにしたしいたけを炒め、少し片栗粉でとろみを付けたおろししょうが、おろしにんにく、料理酒、塩で味付けをすればできあがり。魚と野菜がバランスよく摂れる、おすすめの一品です。

お弁当で活躍、コンパクトさが詰めやすく食べやすい「油揚げの鮭チーズ巻き」

ベーコンや豚肉で野菜を巻いた肉巻きレシピはお弁当によく活躍するおかずですね。
このレシピは、油揚げでチーズとほぐした焼き鮭を巻いた、少し珍しいおかずです。チーズと鮭が相性抜群で、醤油、酒、味醂で照り焼き風の味付けはご飯にもよく合い、お弁当の中で存在感を放ちます。
チーズは冷蔵庫から出しておくと巻きやすいですよ。このレシピでは、しその葉も一緒に巻いてアクセントにしています。お弁当には少しアクセントがあるくらいが食べやすいですが、子ども向けには省略してもよいでしょう。

いかがでしたか。お弁当にはおなじみの食材も、組み合わせや少しの工夫でより食べやすく、人気のおかずにアレンジすることができますね。この機会にぜひ試してみて下さいね。

※調理器具の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。
※料理の感想・体験談は個人の主観によるものです。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2手抜き上手になろう!驚きの高見え晩ごはん12選てんぱちゃん
  3. 3【本日の主役は卵!】家族が笑顔になる☆おすすめの晩ごはんご紹介よこさん
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり