もちもち食感がたまらない!お餅の簡単味付けレシピ5選

現代ではスライス餅など、いつでも手軽に食べられるようになった「お餅」。
昔はサツマイモなどの作物が主流で、お米から作られるお餅は貴重なものでした。
お祝いごとの時にしか食べることができなかったそうですよ。
お餅の定番の味付けといえば、砂糖醤油、きなこ、甘く煮たおしるこなどを思い浮かべますよね。
今回は、ちょっとマンネリ化してしまいがちな味付けを変えたい、ストックしていた切り餅を消費したいという時に役立つ簡単レシピを集めてみました。
少し違った味付けにするだけで、簡単にお餅料理をもっと楽しんでいただけるレシピをご紹介します。

もちもち食感がたまらない!お餅の簡単味付けレシピ5選
出典: shutterstock

余ったお餅のアレンジに♪「餅と牛肉の中華風炒め」

余ってしまったお餅のアレンジレシピにもぴったり!
材料は大根・葱・牛肉・お餅と、とってもシンプル。
お餅のモチモチ食感がアクセントになっていて、とっても美味しいです。
牛肉の旨味が大根にもしみて、中華風の味付けがお酒にもよく合いますよ。
葱と白ごまはお好みでアレンジするのもおススメです。
お餅はぷくっと膨らむ直前くらいまで焦がさないように焼くことがポイントです。
そうすることで、炒めた後もカリッとモチっとした食感が残ります。
お餅の大きさはお好みで調整してみてくださいね。

秋田名物の甘いお菓子「やわらかバター餅」

秋田の郷土料理「バター餅」はご存知でしょうか。
今秋田の新名物としてじわじわと人気が出てきているバター餅。
お餅を茹でて湯切りするときは、水分が少し残る程度に軽く切ることがポイントです。
バターの香りとモチモチ食感がたまらなく、クセになります!
簡単に作れるので、お菓子のバリエーションの一つになること間違いなしです!


おもちがとろ〜り♪「カニクリームきんちゃく」

クリームコロッケをきんちゃくで包んだ、一風変わったお餅レシピ!
お餅のクリームが中からとろ〜りとしてたまらない一品です。
油揚げはきちんと油抜きをして、冷ましてからクリームソースを包むと、油っぽさもなくなります。
つまようじの代わりに、パスタで巾着をとめると、そのまま食べられるのでオススメです。
お餅を溶かしてクリームソースにアレンジなんて、なかなか思いつかないですよね!
お弁当のおかずにもいかがでしょうか。

お餅とチーズでWでとろーり「お餅ラザニア」

マカロニとスライス餅を茹でて焼くだけ!
短時間で味付けも簡単なお餅ラザニア。
マカロニがない人はスライス餅だけでもOK。
余ってしまったお餅を使いたい…!
そんな時は、お餅を小さくちぎって調理してもいいですね。
ぱっとできるので、ランチにいかがですか。
忙しい人でも簡単におしゃれランチが楽しめますよ。
大皿で調理すれば、大勢でシェアもでき、どんなシーンでも使えそう!

残ったお餅をアレンジ「もちもちトッポギ」

韓国では屋台などで売られており、家庭料理でも定番のトッポギ。
そんな韓国の人気料理を、お餅を使って切って煮るだけの簡単レシピでお手軽に調理が可能に。
まず、お餅を5等分に細長く切ることで、トッポギの形に近づけます。
お餅は煮込みすぎずに、少し固めに仕上げることがポイントです。
韓国料理に必須のキムチを入れますが、辛さが足りない方は、コチュジャンを加えて辛さを調整してみてくださいね。
韓国料理パーティーの一品にもいかがでしょうか。
きっと喜ばれるはずです♪

今回は、そのままでもおいしく食べられる身近な食材の「お餅」を使ったレシピをご紹介しました。
どれも簡単にできるので、普段の味付けとは違ったお餅料理で、料理が楽しくなりますよ。
どんな食材にも合うので、自分だけのアレンジをぜひ見つけてみてくださいね。


ご飯をのりで巻くお馴染みののり巻き、手づかみで気軽にに食べられるのが良いところですね。 取り分けやすいので来客時などの料...
moguna編集部
どんぶり1つで完結し、作るのも食べるのも簡単などんぶりメニュー。洗い物も少なくて済み、光熱費だって抑えられるので、節約し...
moguna編集部
お正月はもちろん普段だってスイーツにもお料理にもお餅は重宝します。 しかも、お餅はこどもから大人まで人気の食材ですね!...
moguna編集部