マグロを使った絶品丼ものレシピ5選

スーパーなどで年中手軽に手に入るマグロは、生でそのまま食べても美味しい魚のうちの1つ。そんなマグロは、ご飯との相性が良いので、丼ものとして夜ご飯にいかがでしょうか。今回は、マグロを使って作れる絶品丼ものレシピをご紹介します。

火を使わず簡単レシピ「たたきマグロの納豆丼」

マグロと納豆をたたいてご飯に順に乗せ、ねぎと白ごまを散らして、醤油をかけるだけで作れる簡単楽チンレシピ。マグロに納豆のねっとり感が絡まり、ご飯との相性が抜群です。火を使わずにあっという間に作れるので、忙しい時に助かりますよね。
材料は、マグロと納豆のみと、とてもシンプルで醤油のみで味をつけているので、さっぱりと食べられます。夜ご飯だけでなく、朝ごはんにもおすすめですよ。
好みでごま油をかけるとコクが出るので、ぜひ試してみてくださいね。

味噌のコクで美味しさUP「マグロと長芋の味ダレ丼」

味噌を使ったタレと、ねばねばの長芋にマグロがよく絡み、コクがある1品。にら・ごま油・味噌・砂糖を合わせたオリジナルの味噌ダレは、甘辛い味でついついご飯が進んでしまいます。
マグロは、塩・黒胡椒で下味をつけて1度焼くことで、黒胡椒のピリッと感と風味がプラスされて、より一層美味しく仕上がります。タレがよく絡むよう、長芋とマグロは小さめに切りそろえることがポイントです。焼きのりの代わりに、刻みのりや味付きののりを使用しても良いです。

ピリ辛キムチで食欲増進「マグロキムチ丼」

キムチの辛さが食欲をそそる、マグロキムチ丼。きゅうりと白菜キムチのシャキシャキとした食感が楽しめます。きゅうりのナムル・マグロ・白菜キムチを乗せるだけで作れるスピード調理です。
ナムルは、ごま油・塩・すりごまを加えて和えるだけで作れますよ。きゅうりはピーラーで薄く広げて切ることで、包丁を使わず調理が可能に。もちろん、きゅうりは包丁でぶつ切りにして調理しても良いですよ。その場合は、味が染み込みにくいので、調味料の量を調整して、味をしっかりと染み込ませましょう。辛味がさらに欲しい方は、糸唐辛子や一味を加えても良いです。

オリジナルのタレがクセになる!「マグロのユッケ丼」

にんにく・しょうが・コチュジャン・ごま油などの調味料を合わせて作るタレが、味の決め手のユッケ丼。青じそが入っているので香りが良く、ピリ辛な味わいで、ご飯を沢山食べられます。
マグロの大きさにばらつきがある場合は、タレが均等に染みるように、同じくらいの大きさになるように切りそろえましょう。ボウルにコチュジャンやごま油などの調味料とマグロを入れた時はしっかりと味をなじませるように混ぜることがポイントです。丼ものとしてだけではなく、おつまみにもおすすめですよ。

あっさりとした味わい「マグロの酢味噌丼」

あっさりとした味わいで、食欲がない時にもおすすめの丼ものレシピ。
酢・味噌・醤油・ごま油などを合わせて作る酢味噌ダレが、マグロに馴染んでとても美味しく食べられます。細かくたたいたマグロと、調味料を合わせるだけの簡単調理が嬉しいポイントですよね。マグロは細かくしすぎず、適当な大きさが残る位が食感も楽しめるのでおすすめです。
刻み海苔・白ごまの他に、かいわれ大根を乗せると彩りが◎。好みで卵を乗せると、コクのある味わいになります。

あっさりとした味わいのものから、おつまみにぴったりのものまで、マグロを使った絶品丼ものレシピをご紹介しました。どのレシピも簡単に調理できるものばかりなので、時間がない日はマグロを使った丼ものを作って、ご家族で楽しんでください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部