受験勉強中のお子さまを夜食で応援!簡単にできるご飯の夜食レシピ

受験シーズンに入ってくると、勉強を頑張っているお子さまへ夜食で応援したいと考えるお母さまが多いのではないでしょうか。今回は、お子さまのお腹を満たして簡単にできる、夜食におすすめのご飯レシピをご紹介します。

本格的な炊き込みご飯を簡単に!

市販の鶏ごぼうの炊き込みご飯もおいしいのですが、自分で作ってみたいという方はこちらのレシピで作ってみてはいかがでしょうか。

味がよく染みた鶏ごぼうの炊き込みご飯を作るためには、炊く前に鶏肉に味付けをすることが大切です。鶏肉を調味料で漬け込んだら、ごぼう、にんじんなどを、洗っておいた米と一緒に入れて炊くだけです。しょうゆの優しい味が、心もほかほか元気にしてくれます。

常備すればいつでもできる炊き込みご飯

缶詰を買い置きしていれば、いつでもできる炊き込みご飯のレシピがこちらです。
こちらのレシピのポイントは、ツナ缶の汁も一緒に使うことです。そうすることで、コクやだしが加わってさらにおいしい炊き込みご飯ができます。お子さまも大好きなコーンとツナでできますので、定番の夜食レシピになるかもしれませんね。

人気のさば缶を炊き込みご飯で!

人気のさば缶を使って炊き込みご飯を作ってみませんか。さばのうま味が凝縮した炊き込みご飯ですよ。

洗った米に、しょうゆ、みりん、料理酒を加えてください。次にさば缶の汁だけを米の中に入れたら、味が均一になるように混ぜましょう。水を加えたあとに、さば、千切りにしたにんじん、しょうがを加えて炊けば完成です。さば缶で簡単にできる炊き込みご飯、ぜひお試しください。

ボリューム満点の炊き込みご飯

夜食にガッツリ食べたいときは、こちらのレシピを作ってみてください。厚切りベーコンで食べ応え満点です。
研いだ米に、しょうゆ、料理酒、だしの素などを加え、水を入れたらよく混ぜてください。最後に、しめじと切ったベーコンを加えて炊きましょう。米に入れる水の量ですが、しめじから水分が出ますので規定の水よりも少なめにしてください。

とろとろしたなすがたまらない丼

夜食に丼を食べたいときは、こちらのレシピで作ってみましょう。なすのとろっとした食感と甘辛だれが絡んだ、おいしい丼です。
片栗粉をまぶした薄切りのなすをフライパンで炒め、しんなりしてきたらいったん皿に取り出します。なすを炒めたフライパンに、みじん切りにしたしょうがを入れて、香りがしてきたらしょうゆ、みりんを加え、なすを戻して絡めてください。とろみが出てきたら、ご飯になすをのせ、タレをかけましょう。最後に温泉たまごをトッピングしたら完成です。
料理が苦手という方でも、レシピどおりに作れば簡単にできますので、挑戦してみてください。

混ぜて炊くだけの簡単にできる炊き込みご飯や、丼をご紹介しました。材料も少なく簡単に作れるレシピなら、お母さまも気軽に作れるのではないでしょうか。お子さまが夜食を食べて、集中して勉強ができるように気になるレシピを作ってみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部