ピリ辛キムチときゅうりがマッチ!寒い日に食べたい辛レシピ5選

少し酸味の効いた辛さが特徴のキムチとみずみずしい風味のきゅうり。2つの食材を和えるだけでもおいしいですが、他の食材を組み合わせることでさらにおいしくなります。肌寒い日にはきゅうりとキムチを使ったピリ辛レシピで、体の中から温まりましょう。

豚キムチソースを豆腐にオン!シャキシャキきゅうりがアクセントの豆腐レシピ

淡白な味わいの豆腐を利用すればヘルシーにボリュームアップできるので、普段の料理に使わない手はありません。「キムチだれのカリッと豚豆腐」は豆腐と豚キムチを合体させた、簡単豆腐レシピです。
豚肉は表面がカリッとするまで焼いて、酢やごま油を加えたキムチソースと合わせておきます。お皿に木綿豆腐をのせたら、青じそ・きゅうり・長ねぎを散らしましょう。最後に豚キムチソースをたっぷりとかければできあがり。
青物野菜のさわやかな風味が豚キムチのうまみを引き立てますよ。

きゅうりとキムチでいなり寿司パーティー!いなり寿司風そうめんレシピ

きゅうりとキムチはどちらも料理にそのまま使える便利な食材です。
「いなり寿司風そうめん」はそんなきゅうりとキムチを使った、変わりだねのいなり寿司レシピ。酢飯の代わりにそうめんを使用することで、いつものいなり寿司とは違った食感が味わえます。そうめんを大量消費できるため、 余ったそうめんの使い切りレシピとしても重宝しますね。
いなり寿司はキムチときゅうりのトッピングとは別に、ツナマヨコーンときゅうりの2種類を用意。手軽に食べられるので、ホームパーティーやおもてなしにもおすすめです。

ごま油の風味で食欲アップ!きゅうりとキムチがまぐろにからむ丼レシピ

きゅうりとキムチのおいしさを存分に味わいたいなら、丼レシピはいかがでしょうか。
「まぐろキムチ丼」は調理時間5分で作れる海鮮丼です。まずはきゅうりをピーラーで削るように薄く切ります。千切りではなく薄く切ることで、丼にした時に食べやすくなりますよ。カットしたきゅうりは白ごまとごま油で和えておきましょう。また、まぐろは塩で軽く下味をつける程度で十分です。
下準備ができたら、あとは器に盛り付けるだけ。キムチの辛みがまぐろと相性抜群なので、ご飯がすすみます。

鶏ささみでも代用OK!キムチときゅうりを和えるだけの簡単レシピ

鶏肉はお手頃価格で購入できるのもうれしいポイント。でも食卓に登場する機会が多い食材ゆえに、レシピがマンネリ化しているかもしれません。「きゅうりと鶏むねのキムチ和え」は火を通した鶏むね肉にきゅうりとキムチを和えただけの簡単レシピです。鶏むね肉はお湯で数分茹でた後に、火を止めた状態でそのままにしておきましょう。少し時間はかかりますが、このひと手間でしっとりとした食感になります。鶏むね肉の代わりに鶏ささみを電子レンジを加熱すれば、忙しい時でも手早く作れますね。

ピリ辛レシピでお酒がすすむ!たこ・きゅうり・キムチで作るお手軽おつまみ

きゅうりとキムチを使ったレシピなら、おかずとしてだけではなくおつまみとしても活躍してくれます。「きゅうりとたこのピリ辛酢のもの」は酸味と辛味が絶妙にマッチした酢のものレシピです。用意する食材はたこ・きゅうり・キムチの3つだけ。この3つの食材に、酢やごま油などを混ぜ合わせた特製だれを加えれば完成です。
使用するキムチによっては酸味が強い場合があります。そんな時は使用する酢を減らして、お好みの味に仕上げてください。

お店で購入したキムチを使用している人は多いと思いますが、唐辛子やだしを利用すれば自宅でも手軽にキムチが作れます。定番の白菜や大根だけでなく、らっきょうやにんにく、小松菜などの食材を漬け込めば、さまざまなキムチを楽しむことができますよ。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5旬を味わう♪春パスタ特集moguna編集部