絶品!鯛の切り身で簡単・贅沢レシピ5選

春や秋に旬を迎える「鯛」。風味が良く、格別の旨みを楽しむことが出来る魚の1つです。また、クセも少ないので和・洋さまざまな料理で使われる食材ですね。今回は、そんな「鯛」の切り身を使って、手軽に調理しやすい、贅沢レシピをご紹介します。普段の食卓にももちろん、おもてなしにもおすすめのメニューをピックアップしました。

鯛とあさりの旨みが広がる!おもてなしにもぴったり、華やかアクアパッツァ

こちらはおもてなしにもぴったりの、テーブルが華やぐ鯛のアクアパッツァレシピです。金柑、芽キャベツを使用して、見た目も味もひと味違うアクアパッツァですよ。鯛、あさりに、金柑のさわやかな風味が絶妙にマッチしています。
鯛はさばいてももちろん良いですが、切り身を使用すれば手間がかかりませんよ。鯛には粗塩と甜菜糖で下味を付け、旨みをアップさせます。オリーブオイルでニンニクを熱して、鯛、あさりを入れて火を通し、ニンニクの風味を染み込ませます。そして、芽キャベツと金柑を入れて煮込んだら、彩りの良い、おしゃれな絶品アクアパッツァの完成です。

炊飯器で簡単に出来る!だしがしっかり染み込んだ鯛めしのレシピ

鯛の上品な風味と旨みが贅沢に楽しめる鯛めしは、特別な日にもぴったり!家族のお祝いの日などに振る舞ってみませんか。こちらは、炊飯器で作る、簡単鯛めしのレシピです。
スイッチを押したら、別の料理にとりかかることが出来るのは嬉しいですよね。炊飯器に米、水、昆布を入れたら、塩を振った鯛を入れて普通炊飯します。炊けたら、昆布を取り出してください。刻んだ万能ネギを散らしたら、昆布と鯛のだしがしっかり染み込んだ絶品鯛めしの出来上がりです。

中はふっくら、外はパリパリ!鯛を包んだ贅沢な春巻きのレシピ

こちらは、鯛の身を贅沢に包んだ春巻きのレシピです。一緒に包んだねぎの甘みが、ふっくらとした鯛の身と絶妙にマッチしますよ。鯛の香り高い風味が広がる春巻きは、贅沢でおもてなしでもとても喜ばれそうです。
下処理をして小さく切った鯛に、下味をつけて片栗粉をまぶしたら、春巻きの皮にねぎと一緒に巻いて、油でカラッとするまで揚げましょう。下味のごま油の風味も効いて、香り良く仕上がり、ご飯も進みそうです。味付けは塩胡椒でシンプルにすることで、具材の旨みが引き立ちます。

鯛の旨みがギュッと凝縮!手軽に出来る、金目鯛とトマトの絶品ブイヤベースレシピ

魚介類を香味野菜などで煮込むフランスの寄せ鍋、ブイヤベース。こちらは、金目鯛を贅沢に使い、トマト缶、冬瓜を一緒に煮込んで作る、イタリアンのブイヤベースレシピです。
オリーブオイルでにんにくを熱し、そこへ下味をつけた金目鯛を入れて焼き、香りと旨みを引き出します。そして、カットトマト缶、冬瓜を加えて炒め合わせ、白ワインやコンソメ、オレガノなどの調味料を入れて煮込みます。
スープに金目鯛とトマトの旨みがギュッと溶け出して絶品。簡単に作れる贅沢なメニューなので、是非お試しくださいね。

家庭で作れる本格フレンチ!鯛で作る、お洒落なおもてなしレシピ

見た目も味も本格的な、鯛を使ったフレンチを振舞ってみませんか。こちらは、ハーブで下味をつけた鯛と、こんがりと焼いたじゃがいもを交互に重ねてミルフィーユのようにし、にんにくやパセリ、マスタードなどを合わせたソースと一緒に頂く、素材の旨みを味わえる1品です。このレシピでは、盛り付けもお店のようにお洒落に仕上がる方法をご紹介していますよ。
タイム、バジルといったハーブや、にんにく、パセリなどの香り高い食材を使って、アクセントがあり、洗練された味わいが楽しめます。これなら、お客様にも評判のメニューになりそうです。

鯛の切り身を使って簡単に作れる、贅沢レシピを5つご紹介しました。どれも鯛の上品な旨みを最大限に引き出した、絶品のメニューです。秋頃に旬の美味しい鯛で、贅沢なおもてなし料理を是非作ってみてはいかがでしょうか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部