夜食にぴったり おにぎりと一緒に食べたいお味噌汁レシピ4選

勉強、習い事、仕事などで夜遅くなった時に遅い時間に食べる夜食。胃腸への負担をできるだけ少なくして、寒い季節に身体を温めてくれるお味噌汁とおにぎりはいかがでしょうか。今回は夜食にオススメのお味噌汁をご紹介します。

かぼちゃの甘みが美味「まったりかぼちゃと卵の味噌汁」

1品目はかぼちゃの甘みが疲れた身体に優しい「まったりかぼちゃと卵の味噌汁」です。疲れた時に欲しくなるのが甘い物ですが、かぼちゃの甘みはいかがでしょうか。
鍋に水、顆粒和風だし、かぼちゃ、もやしを入れて中火にかけ、かぼちゃに火が通ったら長ネギを入れて火を止め、味噌を溶かして混ぜます。卵を流し入れてサイド中火にかけ、卵が浮いてきたら火からおろし、器に盛れば完成です。溶き卵が入る事でお味噌汁がまろやかに仕上がっています。

手間なくサッとつくれる「2種のきのことお豆腐のお味噌汁」

2品目は遅い帰宅時などとにかく早く食べたい。そんな時にオススメなのが少ない調理でサッと作れる「2種のきのことお豆腐のお味噌汁」のご紹介です。
沸騰したお湯にしめじ、しいたけのスライス、角切りにした豆腐を入れて中火で煮ます。ひと煮立ちしたら味噌を溶き入れ、顆粒和風だしをいれたらサッと混ぜて火を止め、器に盛って青葱を乗せれば完成です。しめじの石づきを取ってバラバラにしたもの、しいたけのスライスなど冷凍しておくと使いたいときにはポンと入れるだけなので、更に少ない手間で作れます。他のきのこでも美味しくできますよ。

ゴロゴロ野菜で食べごたえバッチリ「根菜の具だくさん味噌汁」

次にご紹介するのは、大きめに切った野菜がたっぷり入って食べごたえがある「根菜の具だくさん味噌汁」のご紹介です。
大きめの鍋を中火にかけごま油を熱し、みじん切りにした生姜半分を炒めます。次に一口大にちぎってアク抜きしたこんにゃく、大きめの一口大に切ったごぼう、人参を入れて強火で炒め、大根とグリルで焼いたしいたけを入れて中火に戻します。蓋をして蒸し煮にし、水を野菜の頭から2cm程度上のところまで入れて弱火にします。だし昆布を1cm程度ハサミで切りながら入れ、豆腐を手で一口大にちぎりながら入れます。蓋をして5分ほどしたら醤油を入れ、6分中火にかけます。煮立ったらとろ火にし、更に醤油、残りの生姜、かぼちゃ、グリルで焼いておいた葱を入れて蓋をし、グツグツしてきたら味噌を溶き入れ、白すりごまを加えて味を整えれば完成です。生姜も入っているので身体が温まります。

まろやかでコクのある「かぶと油揚げの豆乳味噌汁」

最後のレシピは、豆乳でコクがある仕上がりになった「かぶと油揚げの豆乳味噌汁」のご紹介です。
かぶの葉は水でサッと洗ってカットして電子レンジで火を通し、しっかり水分を絞っておきます。鍋にかぶ、油揚げ、だし汁を入れて火が通るまで煮込み、火が通れば味噌を溶き入れて豆乳、かぶの葉を加えて煮込みます。煮立つ前に火を止めて器に盛れば完成です。豆乳は沸騰して煮立ってしまうと分離するので注意しましょう。

いかがでしたか。味噌汁は具から出る出汁で味が変わるので、中に入れる食材を変える事で毎日食べても飽きずに楽しむ事ができます。今日の夜食何を食べようかと思ったときには、ご紹介したレシピで作ってみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5晩酌に、おもてなしに!簡単に作れる♪人気のおつまみレシピ12選もちもち