夜食にパスタでほっと一息。夜食に作りたいあっさりパスタレシピ5選

夜遅くまで仕事や受験勉強があると、晩御飯を食べた後でも小腹が空いてきますよね。そんなときに作りたい夜食は、あっさりとした味のものや簡単に作れるものがいいでしょう。今回は、夜食に作りたいパスタ料理をご紹介します。お好みのパスタで、ほっとできる夜食の時間にしてください。

夜食にぴったり!具だくさんパスタ

野菜を多めに食べられて温まるパスタが食べたいときは、こちらの具だくさんスープパスタはいかがですか。たまねぎ、にんじん、しめじなど、多めの野菜で食べ応えのあるスープパスタになっています。スープに使う調味料は鍋に入れる前に、ボウルに入れて混ぜておいてください。野菜は、小さめに切っておきましょう。鍋でスープに入れる具を炒めたら、ボウルに入れた調味料をいれ煮立たせます。煮立ったら、トマトとショートパスタを入れてさらに煮てください。具を煮たスープでパスタを煮ることで、味がよく染みたパスタになります。

トマトの酸味がきいた簡単パスタ

トマトの酸味がほんのりきいて、食べ応えのあるミネストローネがこちらのレシピです。ペンネを使うため、食べ応えもありますよ。パスタを茹でるときはお湯を使うのが一般的ですが、こちらのレシピはコンソメスープで茹でます。そうすることで、コンソメの味が、じっくりとペンネに染み込みますよ。熱したフライパンにオリーブオイルを引き、ミネストローネの具を炒めます。ミネストローネの具ができたらペンネを煮ている鍋に入れ、煮込んでください。パルミジャーノチーズをミネストローネを入れる前と後の両方で器にれることで、まろやかな味わいになります。何度も作りたくなるミネストローネです。

夜食にカレー味のパスタならこれ!

カレー好きな方ならこちらのレシピはいかがですか。ショートパスタを使ったカレースープになります。まず、ショートパスタは先に茹でておきます。こちらのレシピで使うショートパスタは、コンキリエやマカロニなどお好みのものをお使いください。スープに入れるため茹で時間は短くしましょう。カレースープを作ったら茹でたショートパスタを入れてください。カレースープに入れる野菜はさいの目切り、鶏肉は小さめといったように、食べやすい大きさに切りますので、ショートパスタとの相性も抜群です。寒い日にはカレーのピリッとした辛さでぽかぽか体の中から温まりそうですね。

あっさり和風味パスタの時短レシピ

しょうゆと唐辛子のピリッとした辛さがきいた和風のパスタで、ほっと一息つきませんか。こちらは火を使わず電子レンジでできますので、作るのも後片付けも楽なレシピです。
まず器に、水、しょうゆ、唐辛子を入れ混ぜてください。次に、マカロニを入れて軽く混ぜ、えのき、小松菜、ベーコンの順番に入れましょう。ラップをかけずに電子レンジで加熱すれば完成です。手軽に作れて満足できるスープパスタを作ってみてください。

ツナと塩昆布の相性抜群パスタ

もう少しボリュームがあり、あっさり味のパスタを食べたいと思ったら、こちらのパスタを作ってみませんか。塩昆布とツナの和風味は、さっぱりとしていて食べやすいですよ。まず、パスタを茹でるときにきゃべつを一緒に茹でます。一緒に茹でることで時間短縮できます。茹でたパスタときゃべつを、塩昆布、ツナ、バターを入れたボウルに入れて混ぜてください。混ぜるときはバターを溶かすようにしましょう。あとはお皿に盛れば完成です。味が薄いときは、しょうゆや塩で味を調整してください。こちらのレシピは作るのがとても簡単なので、夜食として作るのに最適です!

今回は、夜食にパスタを食べたいときにあっさりとして簡単に作れるパスタをご紹介しました。夜食ですからあまりボリュームがあるものよりも、スープやあっさり目の味の方が、食べやすくていいですよね。どれも簡単に作れるレシピですので、ぜひ作ってみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部