【しいたけの簡単おかず】時間がなくても大丈夫!アレンジレシピ5選

一年中、簡単に手に入る身近な食材、しいたけ。その旬は実は春と秋。 お料理の引き立て役や脇役になることが多いしいたけですが、調理方法次第でしっかりボリュームのあるメインのおかずにもなります。 今回はごはんのお供に、そのままやお肉や魚介とあわせてメインに、ちょっと変化をつけてさっぱりカルパッチョ風に、そんなおかずレシピをご紹介します。

おいしいご飯にぴったり「しいたけのしぐれ煮」

「しいたけのしぐれ煮」は、ごはんのお供に、酒の肴に、普段の食卓にもおもてなしにちょっと添えても、などなどいろいろなシーンで喜ばれます。
しいたけはよく佃煮などに加工して販売されていますが、作り方は実はとってもシンプル。
自分で作れば味も自分の好みに仕上げられるのでおすすめです。
薄切りにしたしいたけを、昆布の戻し汁に調味料で味付けしたものに入れ、落とし蓋をして煮詰めるだけ。
最後にさっとお酢を入れ、味をしめると出来上がりです。
このレシピはみりんのみで甘みを出していますが、好みで砂糖を加えても。
ぜひ自分好みの味を探してみて下さいね。

フライのようなサクサク食感「しいたけのフライ風ごまパン粉焼き」

肉も魚もなくても安心!
キノコだけでもご馳走になるという「しいたけのフライ風ごまパン粉焼き」のレシピです。
フライパンでさっと作れて、揚げ油を使わなくてもいい気楽さがうれしいですね。
産直や道の駅で、春と秋の旬の時期にしっかりと身のしまった肉厚なしいたけを見つけたら、もうメインのおかずは決定です!
もちろん『今日のおかず何にしよう』というときにもリーズナブルで大活躍のレシピです。
しいたけに醤油とおろし生姜で下味をつけたらパン粉をつけ、油をひいたフライパンでかりっと焼くだけ。
ポイントは、パン粉に存在感を感じるくらいたっぷり炒りゴマを混ぜること。
ゴマの香ばしい風味としいたけがよく合いますよ。

和食のおもてなしに「しいたけの海老すり身揚げ」

短時間で作れるおもてなし料理、「海老すり身揚げ」、「海老しんじょう揚げ」とも言われます。
サクッとしてジュワッとあふれる海老としいたけの旨味と香りが、ちょっとした料亭感を演出してくれます。
海老のすり身は、海老の殻をむいて背わたをとったら包丁の背で叩くだけのやや粗い感じに仕上げるのが、ぷりぷりした食感を楽しむコツです。
このレシピでは、しいたけの軸を刻んですり身に加えることで、さらに食感と風味をプラスしています。
しいたけの傘にタネをのせ、片栗粉をまぶして揚げるだけ。こちらももちろん旬の原木しいたけと新鮮な海老が手に入ったらぜひ作ってみてくださいね。
そのワンランク上のおいしさにびっくりすると思いますよ!

あっさりなのに椎茸のうまみを味わえる「しいたけの鶏ひき肉詰め」

定番ともいえる、「しいたけの鶏ひき肉詰め」。
小ぶりのしいたけがたくさんあるときにおすすめです。
鶏肉と小口切りにした万能ネギ、調味料を混ぜて作ったタネをしいたけにつめたら、少な目の油で揚げ焼きにするだけ。
コツはタネとしいたけが分離しないように、しいたけにタネを詰める前に片栗粉を振っておくことです。
また、フライパンで焼くときにはまずタネ側を焼いて、ひっくり返したら油を足して、しいたけ側を揚げるように焼くこと。
そうすることで、タネはかりっとふっくら、しいたけにはしっかり火が通ってジューシーに出来上がります。

カルパッチョ風の副菜メニュー「きのこと刺身のマリネ」

最後はカルパッチョ風のレシピです。
手間がかかって豪華に見えるけれど、実はとっても簡単。
このレシピでは、食べやすくほぐしたきのこに下味をつけたらレンジで加熱、調理器具もひとつですみますよ。
きのこはしいたけ、エノキ、マイタケを使っていますが、お好みで種類を減らしても、エリンギなどに変えてもいいですね。
レンジで加熱&味付けしたきのこは冷蔵庫で1時間、しっかり冷やしてから刺身と和えます。
きれいに盛り付けて出せば、それだけでテンションが上がりますね!
おうちで飲み会♪というときにも活躍してくれますよ。

いかがでしたか。どれも手に入りやすい食材と簡単な調理器具で作れるので、定番のおかずにぴったりですし、旬の良いしいたけが手に入ったときにはご馳走としても大活躍!
今回は、そんなしいたけのおかずレシピをご紹介しました。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部