【生姜で味付けばっちり!】簡単にできるしょうがの人気レシピ5選

薬味や料理の下味の食材として多々使われる生姜は、お馴染みの食材です。 刻んだり、すりおろしたりと使い方によっても香りや味の特長が大きく変わってくる生姜。 今回は簡単に作れる生姜の味が効いた、美味しい味付けのレシピを探しました。

紅白の彩りがきれいなメニュー「いかの生姜ソースかけ」

ふっくらと柔らかく茹でたイカとサッパリしたトマトを盛り付けて、生姜をベースに混ぜ合わせたソースをかけるだけの簡単な一品。
生姜の風味が効いたソースが素材の美味しさをより引き立てて、食欲をそそります。
美味しく仕上げるポイントの1つはイカに火を通し過ぎない事!
程々に茹でる事によりイカの柔らかさが保たれます。
イカとトマトを器に並べたら、青ねぎと生姜ソースをかけて完成。
色とりどりな見た目は食卓を華やかにしてくれます。

香味野菜で風味よく「エビとセロリの香味野菜炒め」

殻付きのエビに香味野菜の風味が凝縮したこちらの一品は、パリパリで噛み応えが抜群!
長ねぎ、生姜、ニンニクなど香味野菜の風味が豊かでついついお箸が進んでしまいそうです。
エビはしっかり炒めることで食感と風味がより良くなります。
炒める際は中火が基本。焦げ過ぎないように、しっかり炒めることで香りが引き立ちます。
エビは下ごしらえの段階で背ワタを取り除いておきましょう。
香味野菜の風味とエビの旨みが抜群なこちらのレシピをどうぞご賞味ください!

はちみつのこってりだれが魅力「鶏肉とキャベツのはちみつしょうが焼き」

はちみつの甘さと生姜のスパイシーな香りが絶妙なハーモニーを楽しめる鶏肉とキャベツの炒め物。
サッパリとした鶏の胸肉とシンプルなキャベツに、こってりとした濃厚な味わいのたれが相性ピッタリです。
それぞれで炒めた鶏肉と野菜を合わせて、たれを絡めながら炒めるだけと、とてもお手軽なのに美味しく仕上がります!
鶏肉は繊維に対して直角に包丁を入れて削ぎ切りにすると、焼き上がりが柔らかく仕上がります。
こってりだれが食欲をそそり、メインのおかずにも良いですね。

主菜がレンジで5分♪「お手軽しょうが焼き」


お子さんから大人までみんな大好きな定番の豚肉料理、生姜焼きがレンジを使って5分で作れる時間がない時のお助けメニュー、お手軽な生姜焼きです。
フライパンは一切使わないので洗い物もラクラクですね。
ボウルに入れた豚肉に香味野菜と調味料を混ぜ入れるだけ。
しっかり混ぜたらラップをしてレンジに入れれば完成です!
簡単ボリューミーでご飯に合うお肉のおかずです。
豚肉が大きい場合は食べやすいサイズにカットすることで火の通りも良くなりますよ。
コンロを使わないので簡単に料理の品数を増やしたい時にも良いですね。

しょうがとにんにくで風味よく「鶏レバーの香味煮」

独特の臭みがちょっと気になってしまうレバーも、香味野菜の生姜とニンニクと一緒に煮込むことで風味良く、美味しく食べることが出来る一品です。
鶏レバーは下ごしらえの段階で臭みの元となる部分をしっかりと取り除く事でより臭みが抑えられます。
香味野菜と調味料で風味と味をつけたレバーは濃厚な旨味が凝縮!
余分な汁が無くなるまで煮込めば完成です。
しっかり煮込まれたレバーはほろほろとした食感でご飯のおかずやお酒のお供にもピッタリ。
レバーの臭いが苦手な方もこれなら食べられるかもしれません。
一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

いかがでしたでしょうか。
万能な生姜は様々な食材と組み合わせることができ、食欲をそそりつつ、料理を美味しく変身させてくれます。
今回は、簡単で美味しく味付けができるレシピを紹介しました。
身近な食材として馴染みのある生姜を上手く使いこなせば、美味しく仕上げる事ができる料理のレパートリーが増えていきそうですね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4絶品!クリスマス料理レシピmoguna編集部
  5. 5自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部