チーズを使った夜食にオススメのご飯物5選

味にコクをだし、濃厚で食べごたえのある仕上がりにしてくれるチーズ。加熱するとトロッとした食感に、そのまま食べても美味しいので子供から大人まで好きな方が多い食材です。今回はチーズを使った夜食にぴったりのご飯物をご紹介します。5~25分程でできてしまうお手軽レシピです。

トマトを贅沢に味わう「熱々!トマトの焼きリゾット」

まず1品目は、ゴロッと大きなトマトが入ったリゾットのご紹介です。
トマトを湯剥きし、一つは角切りに、もう一つは半割にしておきます。鍋にオリーブ油を熱し、みじん切りにした玉ねぎを炒めます。米を洗わずに加えて混ぜながら1分ほど炒め、トマトを加えて煮詰めます。米が半透明になったら水を加え、固形スープの素を加えます。時々混ぜながら弱火で15分ほど煮て、最後にピザ用チーズを加えて塩、胡椒で味を整えます。器に盛って粉チーズと乾燥パセリを加えれば完成です。
加熱する事で甘くなったトマトととろけるチーズは相性抜群です。

5分で手軽に作れる「チーズ入りピリ辛スープごはん」

次にご紹介するのは電子レンジを使って5分もあれば完成する、「チーズ入りピリ辛スープごはん」のご紹介です。
マグカップに温かいごはんとシーフードミックス、ピザソース、オリーブオイル、ラー油、水を入れ、全体をよく混ぜ合わせます。ラップをかけて電子レンジ600Wで3分半加熱します。ピザ用チーズを入れ、塩、胡椒で味を整えてパセリを入れ、全体をよく混ぜ合わせれば完成です。材料があればすぐにできてしまうので、ちょっと小腹が空いた時にサッと作れるお手軽レシピです。

素材の出汁を味わう「グリーンピースと桜海老のリゾット」

次にご紹介するのは、ブイヨン不要。グリーンピースと桜海老から出る出汁を味わうリゾットのご紹介です。オリーブ油を熱し、みじん切りにした玉ねぎを入れて炒めます。しんなりしてきたら米を洗わずに加えて透き通るまで炒めます。白ワインを入れて煮立て、お湯、桜海老を加え、煮立ったらグリーンピースも加えます。粘りが出ないようにかき混ぜて、水分がなくなってきたら残りの水を3回に分けて加えます。かき混ぜながら炊き、仕上げにオリーブ油と粉チーズ、バターを加え、塩、胡椒で味を整えれば完成です。シンプルなリゾットながら素材の味が楽しめます。

お腹が空いてしっかり食べたい時にオススメ「じゃことチーズの炒飯」

次にご紹介するのは、リゾットよりももう少ししっかり食べたい。そんな時にオススメの「じゃことチーズの炒飯」です。
フライパンにごま油を入れて熱し、とき卵を流し入れて全体を大きくかき混ぜてふわっとした半熟になったら皿に取り出します。再度フライパンを熱し、しらすを炒め、香りが立ってきたらほうれん草、温めたご飯、プロセスチーズ、半熟卵を入れます。切るようにざっくりと混ぜ合わせ、醤油を鍋肌から回し入れ、塩、胡椒で味を整えれば完成です。
じゃこの香ばしい香りが食欲そそります。

食べごたえ抜群「カニカマとチーズのおむすび」

最後にご紹介するのは、味がしっかり目について素材がゴロゴロ入った「カニカマとチーズのおむすび」です。バター醤油味でペロッと何個でも食べられそうなおにぎりです。
ボウルにご飯、細かく刻んだカニカマ、角切りにしたプロセスチーズ、有塩バター、醤油、白ごま、コーン、鰹節を混ぜ合わせ、おにぎりの形に握れば完成です。カラフルな彩りのおにぎりで、疲れた時にもうひと踏ん張り頑張りたい。そんな時に目からも元気がもらえそうなおにぎりです。

いかがでしたか。リゾット、チャーハン、おむすびと夜食にオススメのチーズを使ったご飯物をご紹介しました。1品でも満足できるものばかりですので、夜食を作るのが面倒だな。そんな時にもぜひチャレンジしてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1ウキウキ♪運動会のお弁当レシピ特集深月あかり
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部