【生姜でさっぱり♪旨味もUP】子供たちも大喜びの簡単レシピ5選

生姜というと、どのようなイメージをお持ちでしょうか。 きっと、お寿司のガリなど大人の食べ物のイメージが強いですよね。 しかし、今回ご紹介するレシピは子供から大人まで楽しめますよ。 味付けの一つとして加えるだけの簡単、すりおろし生姜を取り入れたレシピを5つご紹介します!

隠し味のしょうがで後味さっぱり「さっぱりかぼちゃクリームパスタ」

なんといってもこちらのレシピ、火を使うのはパスタを茹でる時のみ!
しかも、切ったパプリカも一緒に茹でるので時短にもなります。
茹でている間にカボチャをレンジでチンしてソースも簡単に作れますよ。
パスタとソースを和える時はパスタの茹で汁を少し加えて混ぜると、ソースと馴染みやすくなりますよ。
チーズのコクで満足度も抜群なのに、重たすぎず隠し味の生姜でさっぱりと食べられます。
パプリカも赤を使い、カボチャの黄色とパセリの緑で、お皿の上がとっても鮮やか。
見ただけで食欲が沸いてきそうです。

大見出しはちみつのこってりだれが魅力「鶏肉とキャベツのはちみつしょうが焼き」

その名の通り、はちみつのこってりダレが鶏肉やキャベツの具材とからんで、とっても美味しい魅力の一品です!
鶏肉はむね肉を使っていますが、繊維に対して直角に包丁を入れてそぎ切りにすると、柔らかく仕上がりますよ。
そして、その鶏肉と野菜に絡まる特製ダレも、醤油、料理酒、生姜のすりおろし、はちみつと混ぜるだけで簡単にできちゃいます。
この味付けは他の食材を使ってもいろんなバリエーションが広がりそうですね。
はちみつと生姜の相性も抜群です。

とろ~り温泉卵をからめて「もやしと温たまのしょうがじょうゆあえ」

このレシピはとっても簡単!
もやしに火を通し温泉卵とすりおろした生姜を乗せて、ちょっと醤油をかければ出来上がりです!
温泉卵をあたたかいうちに乗せるとやさしい味わいがアップしますよ。
もやしに卵を絡めて、すりおろし生姜は崩しながらいただくので、自分好みに調節しながらいただけます。
簡単で思い立ったらすぐ作れるので、お子さんだけでなくおつまみにもちょうどいい一品です。

ごま油&すりごまで香り良く「豚ときのこのごま風味生姜焼き」

生姜と言ったら、王道なのは豚の生姜焼きですよね。
ただ、こちらの生姜焼きはいつもとひと味違う生姜焼きです。
ごま油とすりごまを使うことで香りが引き立ち、食欲を掻き立ててくれます!
豚肉はフォークで穴をしっかりあけることで、調味料で下味をつけている間に味がよく浸み込みます。
きのこやネギを切ったら、フライパンにごま油を入れて熱するのですが、この時の香りがまた料理を楽しくさせてくれます。
お肉、きのこに火を通し、漬け汁を回してからめたら、器に盛って最後にすりごまをふりかけて出来上がり!
もう、白いごはんが欲しくなる最高のおかずになりますよ。

食べごたえ満点のしょうが風味の肉団子「豚肉のごまだんご」

こちらもごまと生姜を使ったレシピになりますが、「ごまだんご」といえば、あんこの入った甘くてもっちりしたごまだんごを想像される方も多いと思います。
こちらのごまだんごは、ご想像の団子とは違います!
しっかりとした食べごたえ満点、おかずとしての肉だんごです。
しかも使うお肉は細切れ肉。
挽肉を使わなくても丸めて軽く押さえて揚げればちゃんとごまも取れず、だんごになりますよ。
お弁当の一品にもぴったりですね。

今回は味付けにすりおろし生姜を使うことで、簡単に食材を引き立て、美味しいおかずになるレシピをご紹介しました。
少しの量だけでも味の印象が大きく変わる、すりおろし生姜。使う食材を変えるだけでいろんなお料理に使えるので、とっても重宝していますよ。
みなさまもぜひ、お試し下さいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部