深夜の飯テロは受け入れろ!カロリー関係なしの夜食ラーメン5選

突如やってくる、深夜の飯テロ。夜遅くにご飯を食べるなんて良くないと分かってはいても、誘惑に勝てないことがありますよね。そんな時はいっそのこと、カロリーなんて考慮しない夜食ラーメンでお腹をたっぷり満たしてあげませんか。

インスタントラーメンがさらにうまい!野菜の力で濃厚にする夜食ラーメン

インスタントラーメンは調理が簡単で早いので、夜食にはぴったりの食材です。「簡単アレンジ!インスタントトマトラーメン」はストック食材で作れる、濃厚な野菜ラーメンです。
まずはオリーブオイルでにんにくを香りが出るまで炒めましょう。このひと手間をするだけで、風味が格段にアップします。次にトマトと水を煮てスープを作ったら、乾麺と粉末スープを投入。加熱したほうれん草とベーコンをトッピングすれば、具だくさんラーメンのできあがりです。
インスタントラーメンはお好みの商品で大丈夫ですが、塩味のものならトマトの味にマッチしますよ。

ラーメンはやっぱりとんこつ!夜食でも食べやすい豆乳ラーメンレシピ

味噌やしょう油と並んで多くの人から人気を集めている、とんこつラーメン。コクのある味わいで食べごたえがありますが、夜食のとんこつ味はチャレンジが難しいという人もいるかもしれません。
「にらともやしのとんこつ風ラーメン」は身近な食材を駆使した、とんこつテイストのラーメンです。豆乳と調味料を一緒に煮るだけですが、自宅でラーメンスープがイチから作れます。
にらともやしはごま油でさっと炒める程度に留めておくと、シャキっとした食感をキープできます。仕上げに唐辛子と豆板醤をふりかけて、ピリ辛味にしても良いですね。

さっぱり味は太らないかも!気分だけでもダイエットのさわやか夜食ラーメン

いつもと違う時間帯や夜中の食事は少なからず抵抗があるものです。特にダイエット中やカロリー制限中はなおさら。そんな時はあっさり味の「えびとかいわれの中華麺」はいかがでしょうか。
摂取カロリーは増えてしまいますが、あっさりとした夜食ラーメンなら罪悪感なく食べられます。ラーメン出汁はえびをベースにした海鮮スープです。
ゆず胡椒とスライスレモンをプラスすると、柑橘系のさわやかな風味が広がってGOOD。えびとレモンのパステルカラーで見た目も華やかになります。

鍋とラーメンの二刀流!一度食べたらやめられないピリ辛夜食ラーメン

体の芯から凍えそうな寒い夜はあつい料理で体の中から温まるのが一番ですよね。そこにピリ辛味のキムチを加えれば、辛さでより体が温まります。「ピリ辛ラーメン」はラーメンとチゲ鍋が一度に味わえる、一石二鳥のラーメンレシピです。
豆腐や豚肉、もやしなどの具材も豊富なので、夕飯代わりの夜食としても利用できます。またスープを作る際は隠し味のはちみつを入れるのを忘れずに。
はちみつを使用することで、深みのあるピリ辛スープに仕上がります。キムチやコチュジャンなどで辛みを調節して、お好みの味を楽しんでくださいね。

こってりたれで食欲さらにアップ!夜食でなくても食べたい汁なしラーメンレシピ

スープありのラーメンもおいしいですが、濃厚たれを絡めながら食べる汁なしラーメンもおすすめです。「油そば」はお手軽たれが食欲をそそる、こってり味の夜食ラーメンです。
まずは特製たれを作るところから始めましょう。オイスターソースやしょう油などの調味料をよく混ぜたら、ラー油で辛みをプラスします。たれ作りの間に中華麺を茹でておくと調理時間が短縮できます。あとは水気を切った麺にたれを絡めれば、できあがりです。
トッピングとなるメンマとねぎはごま油で和えておくと、麺との味なじみがよくなりますよ。

深夜でも思わず食べたくなる夜食ラーメンをご紹介しました。使用する麺はインスタントラーメンだけでなく、生タイプの中華麺や冷凍中華麺でもOKです。乾麺や冷凍麺なら思い立った時にすぐに食べれるので、ストックしておくと便利ですよ。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5旬を味わう♪春パスタ特集moguna編集部