夜遅くでも!気にせず食べたいヨーグルトを使った夜食レシピ5選

「夜食」と言うと我慢したほうが…と思う時もありますが、仕事で遅く帰って来たご主人や、受験生、夜食は強い味方です。今回は色んなシーンで使える、サッパリ食べられるヨーグルトを使った夜食を紹介します。

具だくさんで大満足!「ヨーグルトのトマトスープ」

夜食には温かいスープがおススメです。
さつまいも、たまねぎ、ソーセージを炒めます。胡椒で調味したら水とホールトマト缶を汁ごと入れて沸騰させましょう。
スープの素、キャベツを加えて煮込みます。器に盛り、ヨーグルトをかけて完成です。
トマトとヨーグルトの酸味が爽やかで、サッパリ後味の良い優しいスープです。このスープを飲んで、身体を温めてお休みください。

ヨーグルトで簡単に本場の味!「本格!鶏肉のカレークリーム煮」

受験生や夜仕事で頑張ってる方にオススメです。眠らず頑張る方に食べて欲しいヨーグルトのカレークリーム煮です。
野菜と、鶏もも肉を切り、ヨーグルトを含めた調味料を袋の中で揉み込みます。ヨーグルトに漬け込むことで肉は柔らかく仕上がりますよ。
肉だけを取り出しフライパンで焼き色をつけ、残りの材料も足して煮込みます。最後に生クリームを加えたら完成です。
ヨーグルトでカレーが本格的に、しかも、まろやかに仕上がりますよ。あとひと頑張りしたい時に、こんな本格的なカレークリーム煮を食べると、また頑張れそうですね!
ピリッとした辛味も頭も冴えそうです。カロリーが気になる時には鶏もも肉を胸肉や魚に変えてもいいですよ。

クセになる大人のデザート「絶品3種類のスパイスヨーグルト」

寝る前に小腹が空いた。甘いものが食べたい。そんな時にオススメなデザートです。ヨーグルトとスパイスを使うのがポイントです。
グローブパウダー、シナモン、グラニュー糖を混ぜ、2つに分けます。片方にはバナナを合わせておきます。器にヨーグルトを盛り付け、スパイスに合わせたバナナをのせます。残りのスパイスをふりかけて完成です。
ピンクペッパーがあれば、色が映えるので素敵ですよ。温かい飲み物と一緒にいかがですか。シナモンの香りで心もリラックスしそうですね。

じゃがいもとクリームチーズのマリアージュ「サーモンのヨーグルトサラダ」

ホームパーティーのシメや、深夜のご主人との晩酌で活躍する夜食おつまみです。「もう少し呑みたいな」と言う時に、ヨーグルトで滑らかに仕上げたポテトサラダはいかがでしょうか。
火を通したじゃがいもを温かいうちに潰してます。粗熱が取れたらヨーグルト、マヨネーズ、塩で味付けます。ハーブソルトもあると本格的に香りも出ますよ。角切りのクリームチーズとサーモン、パセリを混ぜて、ベースの完成です。
飾り用のサーモンと半熟卵を盛り付けたら、本格的な夜のおつまみです♪半熟卵の茹で時間は7〜8分ですが、卵の硬さはお好みでもいいですね。冷蔵庫で冷やしておいて、さっと出せば喜ばれること間違いなしですよ。

あつあつチーズがとろけて絶品!「ヨーグルトのもちもちナン」

お腹が空いて眠れない!がっつり食べても気にしない!そんな時は食べなきゃ眠れないですよね。レトルトのカレー、冷凍カレーがあれば手っ取り早く食べられますが、ヨーグルトを使ってモチモチのナンを作りませんか。
ナンは2次発酵無しで出来るお手軽パンです。強力粉とベーキングパウダー、ヨーグルトをボウルに入れ耳たぶの柔らかさまでこねます。ボウルに丸め常温で30分寝かせます。人数分に分けたら丸め直し、10分置いて、チーズを包み、円盤に形を整えたらフライパンで焼きます。
焼きたてのナンは、ふかふか♪もちもち♪ナン単品でも、チーズ抜きでも美味しいです。ヨーグルトのお陰で生地が柔らかく仕上がります。
夜遅く、焼きたてナンを食べると、幸せな気持ちになれますよ。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1ウキウキ♪運動会のお弁当レシピ特集深月あかり
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部