【豚バラの副菜レシピ】簡単!時間がなくても安心の人気料理5選

手軽に様々な料理に使える「豚バラ」を使った簡単副菜レシピをご紹介します。 和洋中と幅広いジャンルの料理に使えるので、日々の食卓を飽きさせません。 野菜と相性もいいので、バランスの取れた食事にすることができます。 ジューシーな「豚バラ」を思う存分楽しんでください。

シンプルな具材の組み合わせ「豚バラのねぎ搾菜蒸し」


豚バラとねぎ、搾菜だけを使ったシンプルな料理です。
食材を切って味付けして、レンチンするだけでできる簡単お手軽料理なので、時間のないときでも、ササッっと作ってすぐに食べられるのがいいですね。
火を使わず、余計な油も使わないので、とってもヘルシーです。豚バラの脂がねぎのうまみを引き立ててくれるので、ついパクパク食べてしまいます。
搾菜の食感がアクセントに加わって、食べ応えも充分ですよ。
副菜としてだけではなく、これ一品あれば満足できる料理です。

じゃがいものシャキシャキ食感「豚バラとじゃがいもの塩炒め」

ボリュームがあって、食べ応えのあるおかずを作りたいなら、この料理がオススメです。
メインの食材は、じゃがいもと豚バラで、切って炒めるだけというシンプルな料理です。
じゃがいもは千切りにしているので、火を通しやすく、時短料理としても簡単にパパッと作れちゃいます。
シャキシャキとしたじゃがいもの食感がクセになります。
そして、アクセントに入れている花かつおの香りが食欲をそそります。
じゃがいもと豚バラの相性も抜群なので、とっても美味しいですよ。

しっとりとした和風煮「豚バラ巻きの和風煮」

ちょっとおしゃれに食卓を彩りたいなら「豚バラ巻きの和風煮」はいかがでしょうか。
簡単に作れる副菜料理としてもオススメですが、これ一品あるだけで、食卓にいつもと違うワンランク上の上品な雰囲気を醸し出せる料理です。
全くの手間暇いらずで、豚バラを油揚げでくるくる巻いて煮るだけで簡単にできます。
だしの味と豚バラの旨みが油揚げにしっとり染み込んで、深い味わいです。
一口サイズで食べやすく、見た目にも楽しめる様々なシーンで活躍できる一皿です。

おやつにもおつまみにもどうぞ「カリカリ豚バラチヂミ」

おやつやおつまみに最適な豚バラを使った本格チヂミをご紹介します。
日本の家庭でチヂミを作ることはあまりないかもしれませんが、とても簡単に作ることができます。
生地になる食材を混ぜて、豚バラと一緒に焼くだけです。ごま油で炒めた香ばしい匂いが食欲をそそり、カリカリとした豚バラの食感が食べる楽しみをプラスしてくれますよ。
ビールや日本酒などお酒のおつまみとして合うのはもちろん、おやつにも最適です。
メニューに困ったときの一品料理としても出せる料理です。

ごまのプチプチ食感がアクセント「豚バラのプチプチピカタ」

昔ながらのイタリアン料理である「ピカタ」をご存知でしょうか。
「ピカタ」は材料に、塩、こしょうなど下味をつけてから小麦粉をつけ、溶き卵にパルミジャーノチーズなどをよく絡ませてソテーした料理です。
今回は、ここにごまを加えることで、プチプチとした食感を楽しむことができます。
手軽に簡単にできる調理方法でかつ見た目にもオシャレなので、パーティー料理の一品としても振る舞えます。
豚バラの素材の旨みを生かした料理です。
ビールにもワインにも合うおつまみとしても最適です。

いかがでしたか。「豚バラ」は様々な料理を作れる使い勝手のいい食材です。
豚バラのジューシーさは見ているだけで食欲をそそられます。
他の食材との相性もよく、お互いの良さを引き出せる料理が数々あるので、ここにはない組み合わせでもぜひ豚バラ料理を作ってみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1鶏肉のおいしさを引き出す!はちみつを使った鶏肉レシピ12選あやママ
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部