ジューシーな手羽先を存分に味わうオーブン料理5選

比較的低価格で楽しめる骨付きのお肉の手羽先。食べる肉の部分は少ないですが、うま味があって美味しいですね。今回は手羽先を使ったオーブンでできるおすすめレシピをご紹介します。

胡椒がピリッときいた「手羽先とじゃがいものオーブン焼き」

まず一品目は、手羽先とじゃがいものシンプルな材料で手軽にできるオーブン焼きのご紹介です。
手羽先は表面に斜めに2本の切り込みを入れ、塩をまぶしてあらびき黒胡椒、白ワイン、レモンの絞り汁をからめ、上からスライスにんにくを散らし20分置きます。オーブンの天板にオーブンシートを敷き、薄切りのじゃがいも、手羽先をのせて180℃で両面5~6分ずつ焼きます。盛り付けてレモンを絞れば完成です。ジャガイモの他にもれんこんやごぼう、きのこなどを一緒に焼いても美味しく頂けます。

4種類のハーブを使った「手羽先と長いもの香草焼き」

2品目は、ハーブの香りが食欲をそそる「手羽先と長いもの香草焼き」のご紹介です。バットににんにく、玉ねぎ、セロリの葉、タイム、オレガノ、ローズマリーを敷き、手羽先をのせて塩、白ワイン、オリーブオイルをふりかけてよくもみこみます。さらに上からも香草と野菜をのせて冷蔵庫で2時間以上おきます。耐熱容器に輪切りにした長いもと手羽先をハーブや野菜と一緒に並べます。長芋に塩胡椒を振りオリーブオイル大さじ1を全体に回しかけます。220℃に熱したオーブンで20分以上焼き、上下を返してさらに10分以上焼きます。最後にワインビネガーをふってざっくりと混ぜれば完成です。
調味料や香草を混ぜて焼くだけの簡単調理ですが、ジューシーな手羽先のうま味を存分に味わえる一品です。

甘辛い味がくせになる「やみつき手羽先のハーブ焼き」

次にご紹介するレシピも2品目と同様ハーブを使ったオーブン焼きですが、甘辛いのでお子さまが喜んで食べてくれそうな味付けです。
白だし、醤油、マヨネーズ、料理酒、オイスターソース、はちみつ、すりおろしにんにく、ハーブソルトを全て混ぜ合わせてビニール袋に入れ、皮目にフォークで穴をあけた手羽先も一緒にいれてよく揉み込み、30分程度漬け込みます。網の上にオーブンシートを敷き、手羽先を置いてローズマリーをのせます。220℃のオーブンで20分間中に火が通るまでじっくり焼きます。漬け込んでいたタレを鍋に移し、艶が出てとろみがつくまで煮詰めてソースをつくります。焼き上がった手羽先を盛り付けてソースをかければ完成です。やみつきになる味付けで何本でも食べられそうです。

今日のおつまみはこれ「手羽先の絶品オイスター照り焼き」

次にご紹介するのは、おつまみにぴったり。お酒を飲み始めながらでも作れる位、手軽にできる「手羽先の絶品オイスター照り焼き」です。
鶏肉の皮目を下にして骨と骨と間に切り目を一本入れ、ボウルに手羽先を入れて塩、胡椒、オイスターソースの順に入れて揉み込む。温めておいたオーブントースターの受け皿にアルミホイルを敷いて皮目を上にして並べます。表面に焼き色がついて中まで火が通るまで約10分間焼けば完成です。器に盛ってキャベツと人参を添えましょう。

パーティー料理にオススメ「野菜と鶏肉のオーブン焼き」

色んな種類の野菜やきのこがゴロゴロ入って見た目にも楽しめる「野菜と鶏肉のオーブン焼き」のご紹介です。
人参、さつまいも、れんこんは皮付きのまま大きめのサイズにカットし、エリンギは縦に裂きます。小さめの玉ねぎは10分間お湯につけて皮をむき、十字に切り込みを入れます。手羽先は塩、オリーブオイル、タイムを揉み込んで20分おいて味をなじませておきます。手羽先と野菜を耐熱皿にバランス良くのせて塩、胡椒、オリーブオイルを回し入れ、200℃に温まったオーブンで45分焼けば完成です。他のハーブでも美味しく作れるので自分好みを見つけるのも楽しいですよ。

いかがでしたか。オーブンに入れてしまえば後は放おっておいても調理が進むので他のお料理を作ったり、家事をしたり、お子さまの面倒をみたりしながらでも料理が完成するのは嬉しいですね。ぜひ作ってみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部