夜食に作りたい!愛情おにぎり4選

いよいよ受験シーズンが間近に迫ってきました。追い込み勉強を頑張るわが子に「がんばって」のエールを込めて、愛情たっぷりのおにぎりを作ってはいかがでしょうか。 手を休めずにつまめて、しっかりとエネルギーチャージできるおにぎりは、勉強中にも適した夜食です。愛情のこもったおにぎりで「やる気」もチャージしてもらいましょう。

夜食に最適なスティックタイプのおにぎり

まず最初にご紹介するのは、焦がした醤油の香りがこうばしい焼きおにぎりです。焼きおにぎりといえば、三角形のイメージがありますが、こちらは食べやすさを重視したスティックタイプ。片手でつまめるので、受験生の夜食にもぴったりのレシピです。
ウィンナーをご飯で包み、サラダ油を熱したフライパンでカリっと焼き上げて仕上げます。醤油とみりんに味噌を加えることで、より味わい深い焼きおにぎりになりますよ。ご飯に加えたごまの香りも良いアクセントになり、ウィンナーが入っていて適度な食べ応えもあるのも魅力のレシピです。
お好みで細切りにした青じそをご飯に混ぜても、香りが増して美味しいですよ。

洋風の具材でパンチある美味しさの夜食おにぎり

次にご紹介するのは、ベーコンとチーズを効かせた洋風のおにぎりです。家でおにぎりを作るときは、どうしても同じような具材を入れてしまいがちですが、いつもと違った雰囲気のおにぎりが出てくれば、気分転換になるはずですね。
カリッと炒めたベーコンと1cm角に切ったチーズを加えただけで簡単にできますよ。このレシピの美味しさの秘訣は隠し味に加えた、すりおろしにんにくと醤油。ベーコンのこうばしい香りとチーズのコクがより一層引き立ち、パンチがある味わいに仕上がります。
海苔で巻いても磯の香りが加わって美味しいですよ。

さわやかな香りが魅力の夜食おにぎり

赤じそのふりかけは、すっきりとさわやかな香りが魅力ですが、今回はさらに塩昆布やごまなどを加えて、風味豊かなおにぎりに仕上げます。
塩昆布はそのままおにぎりに入れても美味しい具材ですが、今回はひと工夫して、みじん切りにしてご飯に混ぜ込みます。こうすることで、お米一粒一粒に適度な塩気と磯の香りが行き渡り、噛みしめるほどに美味しいおにぎりになるのです。ごまやかつお節もこうばしさやうま味をプラスしてくれるから、市販のふりかけを使っただけでは出せない奥行きある味わいが楽しめますよ。

煮卵が丸ごと入ったインパクト大な夜食おにぎり

食べた相手を驚かせるなら、こんなおにぎりがおすすめです。「煮卵おむすび」はその名の通り、煮卵を豪快に丸ごと入れたおにぎりです。
煮卵とは言っても、半熟にゆでた卵を砂糖やしょうゆなどの調味液に一晩つけておくだけで簡単に作れるのもこのレシピの魅力です。ご飯にごまやかつお節などを混ぜ込み、煮卵のつけ汁も少し加えて混ぜ合わせ、煮卵をご飯で包むように握ったら、海苔を巻いて完成です。
普通のおにぎりかと思いきや、中から丸ごとの煮卵が出てきたら、きっと驚くはずですね。トロリととろける卵は驚きの美味しさです。眠気も覚めそうな豪快なおにぎりをぜひおためしくださいね。

同じ「おにぎり」という括りでも、和風なものから洋風なもの、インパクトあるものまで、いつものおにぎりとは違うレシピをご紹介してきました。
パパッと簡単に作れて、しっかり美味しいおにぎりで、エネルギーとやる気をチャージしてもらいましょう。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部