夜ごはんに食べた刺身をリメイク!激うまアレンジレシピ5選

刺身といえば、少し贅沢したい日に食べるごちそうですよね。ついつい買いすぎてしまって余ってしまった、という経験もあるのではないでしょうか。そんな時に役立つ、刺身をリメイクしたレシピを5選紹介します。

簡単に副菜の出来上がり!ホタテのエスニックソテー

まずはじめにご紹介するのは、独特な香りと味にやみつきになってしまうホタテのエスニックソテーです。
ソースの材料は、ラー油、すりおろしたしょうがとにんにく、ナンプラー、麺つゆです。これらの調味料を沸騰させ、オリーブオイルで焼いたホタテにかけるだけで、あっという間に副菜となってしまいます。
ホタテは、焼きすぎると固くなってしまうため、焼き加減に気をつけましょう。ホタテは、刺身としてそのまま食べても美味しいですが、焼いてソースをかけてリメイクしても絶品です。おつまみにもぴったりですので、お酒と一緒に出しても旦那さまに喜ばれますね。
添える野菜は、レシピではかいわれとなっていますが、お好みで。レタスを添えて、巻いて食べてもオススメです。ソースが濃いめの味のため、野菜との相性抜群ですよ。

ごはんにピリ辛ダレが絡む!まぐろの韓国風混ぜごはん

まぐろの刺身を、ごはんに混ぜてリメイクするレシピをご紹介します。
火を使わずに材料を和えるだけで、作れてしまうのでとても簡単です。ごはんはボウルに広げて、しばらく置き、粗熱をとりましょう。あらかじめ冷ましておいたごはんを使うのも良いですね。出来るだけ熱をとっておくと、まぐろのうまみや風味を奪うことなく、調理が出来ます。
別のボウルに砂糖、醤油、ごま油、コチュジャンを混ぜ合わせておきます。コチュジャンの量はお好みで調節して下さい。ごはんを合わせ調味料と混ぜ合わせ、そこにまぐろと小ねぎを加えましょう。ねぎの他にも、大葉やみょうがなどの薬味を入れてもさっぱりとして美味しく仕上がります。
レタスなどの葉野菜を下に敷けば、おもてなし料理にもぴったりです。ごま油の香りが食欲をそそり、やみつきになりますので、ぜひ試してみて下さいね。

漬けダレをしっかり染み込ませた!まぐろの照り焼き

どーんと豪快なまぐろの刺身を、照り焼きステーキにリメイクした一品はいかがでしょうか。味がしっかりとついているのでソースがなくても、ごはんにぴったり合うレシピです。
漬けダレは、煮立たせた料理酒とみりんに、醤油を加えたものを使用します。最初にみりんと料理酒を煮詰めておくと、まぐろを漬けたときに水っぽくなるのを防ぐことができます。ジッパー付きの袋に、漬けダレとまぐろ、輪切りにしたすだちを入れて、冷蔵庫で半日以上置きましょう。調味料がまぐろに染み込みます。すだちも入れているので、食べたときにさわやかな香りも広がりますよ。
フライパンで焼く前に、キッチンペーパーでまぐろの水分を取っておきましょう。あとは5~10分ほど焼けば出来上がり!大根おろしと、残ったすだちを添えれば、さっぱりと食べられます。刺身のリメイク品と言っても、ボリューミーでがっつり食べられます。夜ごはんのメインメニューにも良いので、ぜひ作って食卓に並べてみて下さいね。

イカが入って食べ応え抜群!海鮮チヂミ

次に紹介するのは、イカの刺身をリメイクして作る、海鮮チヂミです。
料理初心者にも嬉しい、簡単な調理法です。まず、チヂミの生地を作るために、小麦粉、冷水、塩、溶き卵を混ぜ合わせます。このとき、粉っぽさがなくなるまでしっかりかき混ぜて下さい。そこに、イカの刺身、水気を切ったあさりの缶詰、にらを加え、混ぜます。フライパンにごま油を引き、カリッとするまで焼きましょう。ひっくり返して、裏面を焼くのも忘れないようにして下さいね。
あとは食べやすい大きさにカットし、特製ダレを添えて出来上がり!タレの作り方は、動画で紹介しております。お好みでポン酢などをつけても美味しいですが、特製ダレもとても美味しいのでオススメですよ。おやつや、おつまみにもぴったりな海鮮チヂミ。お子さまや旦那さまも、イカの刺身がチヂミになって驚くこと間違いなしです。

みょうがが香る!刺身が入って豪華な「具だくさん混ぜ寿司」

最後は、しめ鯖の刺身をリメイクして作る、具だくさんで贅沢な混ぜ寿司をご紹介します。
まずは、一つ一つの食材を準備していきましょう。みょうがときゅうりは薄切りにし、大葉は千切りにします。卵は薄く焼いて、細切りにして下さい。しめ鯖も一口大にカットすれば、下準備は完了です。
あとは温かいごはんの入ったボウルに、寿司酢と下ごしらえをした食材を入れて、混ぜ合わせれば完成です。その時にしゃもじで切るように混ぜるのがポイントです。
さらに酢飯が美味しくなる秘密をお伝えします。それは寿司酢を入れたら冷ますこと。ごはんにツヤが出て、とてもキレイな混ぜ寿司になりますよ。ちらし寿司を作るときにうちわで扇ぐのは、そのためなんです。
ぜひ作るときの注意点として覚えておいて下さいね。

いかがでしたか。刺身のリメイクレシピをご紹介しました。時間が経つと味が落ちてしまう刺身も、火を通したり、他の食材と混ぜ合わせることでひと味違う料理に変身します。どれもとても美味しいので、ぜひ試してみて下さいね。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部