【しいたけの人気副菜料理】もう一品ほしい時の簡単おかずレシピ5選

お鍋や炒め物、煮物の名脇役しいたけ。しいたけそのものがおいしいのはもちろん、にじみ出す旨味で料理全体をおいしくしてくれるのが人気の秘密です。そのしいたけの持ち味を活かした副菜をご紹介します。

コトコト煮込んだ深みのある味わい豚バラと大根のこっくり煮

煮物の味付けがいまいち苦手という方でも、簡単においしく作れるレシピをご紹介します。
下ゆでした大根と、豚バラ、いんげん、しいたけを一緒に炒めて煮込むだけで、大根にうまみがしっかりしみ込んだ煮物ができあがります。
ポイントは、クッキングペーパーの落としぶた。少ない煮汁でも具材全体に行きわたり、普通に煮込むより早く味がしみこみます。
使う調味料は麺つゆのみと簡単!豚バラの脂としいたけのうまみが煮込むほどに染みだして、麺つゆだけとは思えない奥深い味に仕上がります。
ご飯がすすむコク旨味は、子供から大人まで人気の副菜となること間違いなしです!

しみじみおいしい煮物 にんじんと鶏肉の筑前煮風

定番人気の煮物メニュー「筑前煮」。たくさんの根菜類と鶏肉のうまみが引き立て合うホッとする副菜です。
でも、鶏肉、れんこん、にんじん、ごぼうなど、まず具材を用意するのが大変!しかもそれぞれに下ごしらえするのが面倒!でしたらいっそ、お好みの具だけで作っちゃいましょう。
このレシピでは、特に手に入れやすい鶏肉、しいたけ、にんじんだけを使います。もちろんこれに好きな具材を足していただいてもOK!
鶏肉に小麦粉をまぶして焼くので、味をしっかりまといます。煮汁は煮詰めて絡めるので、お弁当にもおすすめです。

ほどよい酸味で食欲をそそるいろいろきのこのマリネ

冷蔵庫に作り置きしておくと、とっても便利な常備菜をご紹介します。
えのき、まいたけ、しいたけを、それぞれ切ってボウルに入れて、調味料と一緒にレンジでチン!粗熱をとって冷蔵庫で冷やせばできあがりです。きのこは1種類だけより2種類3種類と使うことで、うまみの相乗効果でよりおいしくなります。
そのままおつまみや、お弁当の副菜、野菜にのせてサラダにしたり、パスタやハンバーグのソースなどアレンジは自由自在!食卓の人気者になりそうですね。
レシピの3倍量だと、それぞれのきのこが1パック程度の量となり、作りやすいのでたっぷり作っていろいろなメニューにご活用ください。

キムチの辛味であとひくおいしさ きのこの韓国風サラダ

焼肉の定番副菜韓国風サラダ。おつまみにもピッタリの人気メニューを、きのこたっぷりに作ってみましょう。
実はこちらのレシピは、先にご紹介したきのこのマリネのアレンジメニュー。作り置きしてあれば、あっという間に仕上がります。
きのこのマリネにサラダ菜、キムチ、白ごまを加え、仕上げに焼き海苔をちぎり入れて混ぜ合わせれば出来上がり!海苔は食感を楽しむため、食べる直前に入れるのがポイントです。
しいたけをはじめとしたきのこのうまみと、キムチの辛みが絶妙にマッチし、ごまと海苔の香りが食欲を掻き立てます。
レシピ通りでなく、エリンギやしめじ、マッシュルームなどでもおいしくできるので、お好みで作ってみてください。

にんにくたっぷりでスタミナアップ!なすと椎茸のにんにく炒め

お肉は入っていないのに、にんにくたっぷりでパンチの効いたスタミナメニュー。簡単にさっと作れるので、副菜があと1品欲しい時にもおすすめです。
にんにくを弱火でじっくり炒めて香りを立たせたら、なすとしいたけを炒めます。味付けはたっぷりの胡椒と醤油。強火で焼きつけるように炒め、醤油の焦げる香ばしい香りを引き出します。器に盛り、大葉をのせれば、人気創作居酒屋の一品のよう。
シンプルな味付けが、にんにくの香りとしいたけのうまみを際立たせ、なすはその旨味をぎゅっと閉じ込めて、箸もビールも止まりません!

しいたけのうまみを生かしたレシピをご紹介しましたが、いかがでしたか?しいたけが加わると味がぐっと深まります。冷凍保存可能なので、使いやすいようにスライスしてラップでくるみ、冷凍庫にストックしておけば、いつでも使えて便利ですよ。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり