子どものお弁当作りの時短テク!作り置きできるおかずレシピ10選

学校に持っていく日々のお弁当や、運動会や遠足など、何かと出番の多い子どものお弁当。朝のドタバタを少しでも減らすには「作り置きおかず」を用意するのが賢い選択! そこで、翌日のお弁当に作り置きできる夕飯やおつまみのレシピをたっぷりご紹介します。

毎朝の子どものお弁当作りを「作り置きおかず」で賢く時短♪

朝は朝食作りや出かける準備だけでもバタバタなのに、子どものお弁当作りが加わったらママはもう大忙し! 特に運動会のお弁当は子どもだけでなく家族の人数分を仕込んだりと、作る量も大変なことに……。
そんなときに重宝するのが「作り置きおかず」。 作り置きできるおかずなら、当日はレンジで温めて、冷まして詰めるだけ。
「作り置きおかず」で、子どものお弁当作りの手間を減らしましょう♪

【子どもウケ◎夕飯の主菜を作り置き】子どものお弁当のメインのレシピ

【子ども×お弁当×作り置き☆冷めてもおいしいお肉のレシピ1】はんぺん入りふわふわ鶏つくね

子どものお弁当用に作り置きするためのおかずをいちから作るのも、手間がかかるもの。それなら、夕飯のおかずをたくさん作って子どものお弁当分を取り分ければ一石二鳥!
まずはお弁当のメインのおかずになる、つくねのレシピから。
はんぺん入りのつくねは冷めてもふわふわの食感なので、作り置きしてお弁当に入れても変わらずおいしいですよ。串に刺したり、子どもが食べやすい大きさに成形してくださいね。

【子ども×お弁当×作り置き☆冷めてもおいしいお肉のレシピ2】フライパンシュウマイ

こちらのシュウマイはフライパンひとつで簡単に作れます。肉ダネにしっかり味つけをするからタレいらず。水っぽくならないので子どものお弁当にピッタリのおかずです。
作り置きしてお弁当に詰めるときは、お皿にのせてラップをして電子レンジで再加熱しましょう。

【子ども×お弁当×作り置き☆冷めてもおいしいお肉のレシピ3】塩麹でふっくら唐揚げ

子どものお弁当で、1、2を争う人気のおかずと言えば「唐揚げ」。
作るそばから無くなる人気メニューだから、お弁当に入れたら子どももきっと喜ぶはず! 作り置きした唐揚げは冷蔵保管して、当日はトースターで温めなおしましょう。
余分な脂が落ち、カリッと揚げたてのおいしさが復活しますよ♪

【子ども×お弁当×作り置き☆冷めてもおいしいお肉のレシピ4】柔らか豚のしょうが焼き

豚のしょうが焼きも、子どもに人気のメニューのひとつですね。
お弁当用に作り置きするときは、しゃぶしゃぶ用のような薄切り肉が硬くなりにくくおすすめです。

【子どもウケ◎夕飯の副菜を作り置き】子どものお弁当の副菜レシピ

【子ども×お弁当×作り置き☆彩りを添える副菜レシピ1】ブロック野菜のポテトサラダ

ここからは子どものお弁当を鮮やかに彩る副菜の作り置きレシピをご紹介します。
じゃがいもたっぷりのブロックサラダは、腹持ちがよく、コロコロしていてお弁当にも詰めやすい大きさです。このレシピで使うベーコンは、「加熱食肉製品」と表示されているものを使いましょう。または、油をひかずにフライパンでカリカリに焼いたものを加えましょう。

【子ども×お弁当×作り置き☆彩りを添える副菜レシピ2】にんじんのツナ和え

電子レンジで簡単に作れるツナ和えは、作り置きして時間が経つとさらに味がなじんでおいしくなりますよ。
子どもがお弁当箱を開けるころが1番おいしいなんて、最高の「作り置きおかず」ですよね♡

【子ども×お弁当×作り置き☆彩りを添える副菜レシピ3】ほうれん草とにんじんのごま和え

子どものお弁当に緑とオレンジの彩りを添えるにんじんとほうれん草のごま和えは、砂糖とみりんを加えたちょっと甘めの味つけで、野菜が苦手な子どもでも食べやすいです。
ほうれん草は茹でるとあっという間にかさが減るので、作り置きするときは3~4倍の量を作ってちょうどいいくらいかもしれませんね。

【子ども×お弁当×作り置き☆彩りを添える副菜レシピ4】磯辺焼き風魚肉ソーセージ

買い置き食材の魚肉ソーセージを使って作る磯辺揚げ風は、おやつ感覚で子どももパクパクいくつでも食べられそう! 作り置きしたときは、トースターで再加熱すると衣がサクサクに戻ります。

【子どもウケ◎パパのおつまみを作り置き】子どものお弁当に使えるおつまみレシピ

【子ども×お弁当×作り置き☆お弁当に大変身のおつまみレシピ1】大根とちくわの甘煮

最後は、パパのおつまみにも子どものお弁当のおかずにもなる「作り置きおかず」をご紹介します。
和食の定番の煮物は、1度冷ますと味がよく染みるので作り置き&お弁当に◎。大根は少し薄めに切るとお弁当にも詰めやすく、子どもも食べやすいですよ!

【子ども×お弁当×作り置き☆お弁当に大変身のおつまみレシピ2】枝豆入りチーズスティック

枝豆×チーズは、最強のおつまみタッグ&子どもが喜ぶ組み合わせ!
冷凍枝豆を使うので、作り方もとっても簡単。ビニール袋に全ての材料、調味料を入れて揉みこんで焼き上げるだけ。洗い物も少なく済みますよ。
出来上がったものを作り置きしてももちろんいいですし、ビニール袋に入れた状態で冷蔵保存して、当日焼き上げても◎。
卵焼き器で焼けるサイズなので、卵を焼いたあとに続けて焼くと効率的です。

「作り置きおかず」で子どものお弁当作りが数倍楽になる♪

「作り置きおかず」の保存のポイントは、清潔な容器に取り分け用の箸を使って冷蔵、または冷凍保存すること。季節にかかわらず早めに食べきるのが鉄則です。
お弁当に入れる前に、しっかり再加熱→完全に冷ますこともお忘れなく!
これを守れば、朝は「作り置きおかず」を温めて、冷まして、詰めるだけ。子どものお弁当作りがグンと楽になりますよ♪
上手に活用して、子どもの大好きがいっぱい詰まったお弁当を持たせてあげてくださいね♡

※調理器具の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。
※料理の感想・体験談は個人の主観によるものです。

※豆やナッツを3歳未満のお子様に与える際は十分注意してください。誤嚥事故の恐れがあります。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1鶏肉のおいしさを引き出す!はちみつを使った鶏肉レシピ12選あやママ
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部