【おもてなしに人気!簡単チーズ料理レシピ5選】パーティにも♪

カットして、生ハムと一緒にお皿に盛るだけで、立派なおもてなしメニューになるチーズですが、もうひとひねりしておもてなしレシピに仕上げたい♪ひと手間かけて、ゲストにより喜んでいただいちゃいましょう!前菜中心に、5品のレシピをご紹介します。

ズッキーニを使ったパーティーメニューズッキーニのピッツァ

ラタトゥイユに欠かせない野菜ズッキーニ。日本でもここ数年よく見かけるようになってきました。旬の夏に食べたい、ズッキーニを使ったあっさりピザをご紹介します。
生地は、イーストやベーキングパウダーで膨らませず、オリーブオイルを練り込んで、薄く伸ばします。
ズッキーニは縦に薄切りし、生地にの上に並べます。きれいにそろえ過ぎず、ちょっとラフなくらいのほうがおしゃれに見えます。
アンチョビとブラックオリーブをのせたら、すりおろしたパルミジャーノチーズをトッピング。薄めの生地は、パリッとクリスピーに焼き上がり、パルミジャーノとよく合います。
ちょっとクセのある大人の味は、ワインにぴったり。夏のおもてなしにぴったりのレシピです。

カラフルな切り口はパーティーにぴったり生ハムとチーズの小さなアンティパスト

ゆったりとおもてなしするなら、メイン料理の前にまず前菜(アンティパスト)。こちらのレシピはワインにぴったり。カラフルな見た目に会話も弾みます。
作り方は、ゆでた豚肉を、バジルとスライスチーズ、パプリカと一緒に巻くだけ。くずれないようきっちりと巻いてくださいね。
ソースは煮詰めたバルサミコ酢とオリーブオイルのみ。このシンプルさが、生ハムのうまみを引き立てます。
冷やすと一層おいしくいただけるので、早めに作って冷蔵庫に入れ、ゲストの到着を待ちましょう。

テーブルの華やかさアップ!ひとくちオードブル

パーティーメニューのポイントは、見た目が良く、取り分けやすく、食べやすいこと。その3つの条件を満たしてくれるのがこちらのレシピです。
ミニトマト、きゅうり、ローストビーフ、クリームチーズを順に楊枝で刺すだけで、華やかな1品ができあがります。
ソースもオリーブオイルと塩胡椒を混ぜるだけ。好みでバルサミコ酢を加えてもおいしいですよ。
手でつまんで食べられるので、カトラリー不要。大人数のおもてなしにもピッタリです。
楊枝の代わりにカラフルなピックを使えば、さらにかわいらしく仕上がります。

緑色のムースが爽やか海老と野菜のアボカドムース

緑色が美しいアボカド。その色を生かしておもてなしにぴったりのムースをつくりましょう。
こちらのレシピはゼラチンや卵白は不要。アボカド、クリームチーズ、ヨーグルトをミキサーで混ぜ合わせるだけで作れます。濃厚なのに、ヨーグルトのおかげで、さっぱりとした味わいです。
トッピングにはアボカドと相性の良い海老と、ミニトマト、きゅうり、パプリカのカラフル野菜。いずれもアボカドのグリーンによく映えます。
透明なカップに人数分作り、冷やしたら、トレイにのせてテーブルの上に。ビュッフェみたいでテンションが上がります。

チョコとチーズがたまらないリコッタチーズとチョコレートのケーキ

チーズのデザートといえば、チーズケーキやティラミスと、濃厚なものが多いですね。でも低脂肪なリコッタチーズを使ったこちらのレシピなら、ふんわり、あっさりと仕上がります。
人数に合わせてカットできるので、おもてなしにもぴったり。
ふんわり食感のポイントは、メレンゲをしっかり泡立てて、泡をつぶさないよう材料をやさしく混ぜ合わせること。
レモンピールとビターなチョコレートが香る大人の味は、デザートはもちろん、ウィスキーなどのお酒のお友にもおすすめです。
リコッタチーズはの注意点は、賞味期限が短いこと。余ったら、小分けにしての冷凍保存がおすすめです。

前菜からデザートまで、チーズを使ったおもてなしレシピをご紹介しましたが、いかがでしたかチーズは種類によって味が全然違うので、好みや合わせるお酒によって別のチーズに変えてアレンジするのもおすすめです。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部