最短15分の時短レシピ!合い挽き肉の作り置きしたい簡単料理5選

お肉を食べたいけれど、ステーキのようにガツンとくるものはちょっと…という時に活躍してくれるのが「合挽き肉」を使ったお料理です。今回は、時間がない日にも嬉しい「時短レシピ」をご紹介!作り置きもできるので、たくさん作っておいて、お弁当に入れたりメイン料理にプラスしたり、さまざまな方法で活用してみてください。

コロコロ転がし焼いて作る「ノンフライかぼちゃコロッケ」

合挽き肉のおいしさがぎゅっと詰まったレシピといえば、コロッケですよね。豚肉とカボチャの組み合わせで、甘みが口にふわっと広がります。ノンフライでヘルシーなのも嬉しいポイントです。コロンとした見た目が可愛いので、お弁当に1~2個入れれば、子どもが喜んで食べてくれそう。もちろん、旦那さんや恋人のお弁当にも最適。材料はすべてレンジでチンするだけ。揚げずに、パン粉を敷いたフライパンの上をコロコロと転がして焼くだけなので、片付けも簡単です。

ごまの衣でサクサク食感「オリーブと合挽き肉の炒りごま揚げ」

ごまの衣で揚げているので、一口かじるとサクッと気持ちのいい食感を楽しめます。オリーブの香りが鼻にスッと抜けるので、揚げ物ながらも爽やかな味わい。また、ごまの香りも食欲をそそります。作り方は、先ほどのコロッケとさほど変わらず、材料をこねて丸めて、ごまをつけて揚げるだけです。衣がへたることがないので、作り置きしてもごまがサクッとしたままなのが嬉しいですね。メインにもサイドディッシュにも活用できる便利なレシピです。

低糖質&高タンパクな「おからのナゲット」

お弁当に入っていると嬉しいナゲットを、おからと合挽き肉で作りました。「お肉を食べた」という満足感がありながらも、おからのおかげでヘルシーに仕上がります。お肉特有の脂っこさもなく、さっぱり食べられます。作業時間はたったの15分で、一度にたくさん作ることができます。中に入れる材料は、チーズの代わりに大葉やバジルを入れてさっぱり仕上げるのもオススメです。生姜や梅しそを混ぜてもおいしそうですね。混ぜる材料は、お好みで変えてみてください。手でつまんで食べられるので、おもてなし料理にもぜひ活用してみてくださいね。

おもてなしにも使える時短レシピ「合挽き肉と枝豆のレンジ蒸し」

枝豆の鮮やかな緑が食欲をそそる、こちらのレシピ。合挽き肉の味わいと枝豆の食感が絶妙なバランスで、とてもおいしいのでオススメです。カットした材料と調味料を混ぜて、レンジで10分加熱するだけなので、他の料理を作りながらでも仕上がる手軽さが魅力。クッキーなどの型抜きを使って、可愛い形でお皿に並べれば、お弁当にしてもおもてなし料理にしても、喜んでもらえるはずです。お酒のおつまみにもなるので、覚えておきたい万能レシピですね。たくさん作って、疲れた日に備えましょう。

肉味噌感覚で使えるきんぴら「ごぼうの味噌そぼろきんぴら」

作り置き料理の定番である「きんぴらごぼう」に、合挽き肉を混ぜました。10分でできる簡単レシピなので、料理初心者でも安心です。七味唐辛子は、お好みで量を調節してください。ゴボウをある程度炒めてから、フライパンの中央を空けて、そこで合挽き肉を炒めます。お肉の色が変わったらゴボウと混ぜてください。こうすることで、火の通りが早くなります。通常の「きんぴらごぼう」に味噌そぼろを加えているため、味わい深くなります。おつまみやサイドディッシュにもピッタリです。

以上、5つの料理を作っておけば、「料理をしたくないな」という時にサッと食べられるので、とても助かります。野菜を使った作り置き料理に比べて、お肉を使っている分、満足感があるので、しっかり食べたい人にもオススメです。合挽き肉が安い時にたくさん買って、今回ご紹介した時短レシピをぜひ作ってみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部